第十二話「異変」

概要

リーダー フォーマルハウト
種族 海種
敵友軍 ツバーン/アルタイル/カペラ
種族 海種
敵軍使い魔 朱雀/グリンブルスティ/タロス/デュランダル/ファロス/クラウソラス/イージス
友軍使い魔
備考 敵使い魔は開幕タワー制圧時から全て召喚

解説

極めて高いアルカナ破壊力を持つ敵主に左右の石が瞬殺されるステージ。
自タワーにはファロスが荒らしにやってくる。その後の敵主力はイージス、クラウソラスらディフェンダーばかり。
主力マジシャンは必須だが、一度立てれば後は敵の主力は虱潰しに落としていけるはず。

基本的に左右の石を守るのは無理がある(せいぜい左石にちょっと意識を裂くぐらい)ので、
真ん中を防衛線にして割り切って勝ちたい。

開幕ファロスは石を割りに行くと防衛しに来る性質があるため、これを逆手に取れば安定してマナを溜められる。

パターン1

デッキ:□主(スピアプ等) ロロ ルールー オキュペテ 竜吉公主 ソエル シェラハ ガレアード USリザレクション

ファロスも相手にする正攻法用。召喚ソエルでファロスをさっさと切り伏せた後にシェラハを迅速で作り、
シェラハ完成後はシューター活用でしらみ潰ししながら戦線を押し戻し、ガレアード召喚割りからリザレクで作ってさらに割る。
□主は終盤は中央ガーディアン。防衛役は基本ガレアではなくシェラハで。
ラス1石のガレアードの戦闘力と削岩力は素晴らしいのでカウントが少なくてもどうにかなる。

パターン2

デッキ:○主(リバースタイムorスピアプorストアタ) トンベリ キマ ラハブ ウィーユ アプチ シュトラ アンダーテイカー USパワーライズ等

トンベリパターン。まずタワーを取ってから主人公を中央ストーンに投げるとファロスが釣れるため、
タワーの外周を大回りで逃げて釣る。この間、左右の石防衛は全くしなくてよい。
ファロスを釣っている間に根本とトンベリが全展開完成するため、中央タワーを取る。
その後中央にトンベリ以外の全軍を2度ほど投げた後、左右も割っていく。
その間のトンベリはATKを上げつつ中央ストーン防衛とディフェンダーどもの処理。
大群相手に数的に厳しい状況ではトンベリにライズをかけて一層処理。トンベリの耐久力は過信しないように動きたい。

パターン3

デッキ:○主(スピアプなど) ミキストリ ガレアード ロロ ルールー オキュペテ 火車 水虎 USリザ

パターン1のソエルを切って、○主でのファロス釣りに代用した形。
ディフェンダー殲滅力を買ってミキストリを使ったが強めの主力△であればそれなりに何を使ってもクリア可能。
ガレアードの枠はニャルラトでも可能だがガレアードの方が楽。


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 人海ガレシェラヴィヴィアンで突破しました。戦力全容は〇主(スピードアップ)、キマ、ハルフゥ、マキリ、ヴィヴィアン、シェラハ、ロロ、ガレアードです。開幕キマハル主でタワー制圧、完了と同時に主は中央敵石に投げてキマハルはタワー下でマナ採取開始。〇主で一定距離を保ちながらファロス二体を左端から大きく回って右端へ誘導、その時点でまだ余裕があれば更にマップ端をぐるりと回って釣り継続。この間、タワーではロロ、マキリ、ヴィヴィアンの順に召喚してヴィヴィアンを超覚醒してタワーに攻めてくるソラスとイージスをマキリと合体して溶かします。ついでに中央石を割ろうとする敵主も溶かしましょう。次にシェラハを迅速に作り、逆サイに出して援護します。ひとしきりソラスとイージスを溶かしたら、中央石に向かおうとする敵主をシューターで溶かしつつ逆サイ敵タワーをシェラハで蓋。味方の援護入れば尚良しです。ヴィヴィアンは相変わらず自タワー周辺で敵主とソラスイージス殲滅、ガレア召喚まで粘って召喚直後にガレアは左右いずれかの石へダッシュ。ここまでに多くの敵を溶かせているとガレアへタゲが向かず、ごりごり石を割れるかと思います。そのうち敵が一斉に中央石を割に来る筈なので、逆サイ敵タワーからシェラハを返して自タワーのヴィヴィアンと一緒にダブルスプレッドで敵を殲滅。そろそろタゲられてるであろうガレアをリザレク3で作って止めの石割アーツで。 -- (名無しさん) 2014-12-10 18:42:55
  • マグノリア ソエル ガレアード
    あとはマナ集めルールー、オキュペテ、マルジー、ホケを4体
    マグノリアで走り回って勝利
    -- (名無しさん) 2017-03-30 15:19:45
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る