第十九話「世界」

概要

リーダー ???
種族 混沌種

解説

LoV3のラストステージにしてラスボスとの戦い。
ボス戦ではあるものの、LoVシリーズ全体を見通しても色んな意味で新しい要素が含まれている。
しかし、こちらも非常に恵まれた状況で戦う事が出来るので冷静に対処すれば勝利は難しくないだろう。
なお、このステージでは敵のアルカナ破壊部隊を凌ぎつつバリア発生装置を破壊してボスの撃破を目指す前半戦と敵の弾幕攻撃からアルカナを守った後に敵の撃破を目指す後半戦の2つに分かれる。

攻略

このステージでは今までのマナの遣り繰りで苦労したステージと異なり 初期マナ90固定な上にタイムマナでマナを90得る事が出来る。
しかも、タイムマナの速度も早いのでコスト90のみのデッキでも約100Cで全員超覚醒させる事が可能。
なのでこのステージでは種族統一やコスト配分を完全に無視してデッキを組むことを推奨する。

但し、前半戦と後半戦の両方を考えるとアルカナ防衛力の高いディフェンダーを最低1体、シュータースタイルを使用可能なマジシャンを2体以上用意するのが無難。

第1段階

ラスボスはマップ上部中央から動かず、戦闘開始直後に4つのバリア発生装置を呼び出した後はアルカナ破壊要員を召喚して送り込んでくる。
そして、ボスはバリア発生装置がある限り完全無敵の状態となるのでまずは4つのバリア発生装置を全て破壊しなければならない。
しかし、バリア発生装置は破壊から一定時間経過で HP全回復で復活する。
幸いにもイクリプスが攻撃していた装置に関しては破壊後もイクリプスが復活を阻止してくれるので最終的にイクリプスが破壊に参加していない発生装置(左から2番目)を最後に破壊すればよい。
但し、ボスもアルカナ破壊要員が全て撃破されるか一定時間経過でハバキリ1体→ティルフィング2体→ラグナロク3体→五影剣フルセットを順次召喚してイクリプスや使い魔の撃破を狙ってくる。
イクリプスが倒れるとイクリプスが復活を阻止していた発生装置が復活してしまうのでイクリプスが倒れる前に全ての装置を破壊するか、マジシャン等で敵を早急に撃破することが要求される。
一方でアルカナ破壊部隊はアルカナ破壊力こそ高いものの特別硬くない上にスパクリを受けるので撃破にはそれほど苦労しない。
かと言って、敵が沸かなくする為にアルカナ破壊要因+五影剣を全て殲滅するには時間がかなり必要なので非現実的。
防衛とバリア発生装置の破壊の役割分担が重要となる。
バリアの破壊に成功すると敵使い魔が消失すると共にボスが一定時間スタン状態となる。
そして、スタンから復帰すると後は再度バリアの展開とアルカナ破壊要員の召喚を行う。
ただ、2度目のバリア展開後はアルカナ破壊要員の数が減る上にイクリプスを狙う敵の召喚も行わなくなるのでバリア破壊にはそれほど苦労しない。
そして、2度目のバリア破壊からのスタンが終った後にはバリア展開をせず、弾き効果を持った全包囲攻撃で反撃をはじめ一定時間経過で爆撃を行うようになる。

第2段階

戦闘開始直後からアルカナ破壊及び接触したユニットにダメージを与える弾幕が色んな場所から展開され、それがアルカナへと殺到してくる。
弾幕は通常攻撃で破壊可能であるものの、まともに触れてしまうと高コストでも2~3発で死滅するダメージを受ける。
さらに弾幕の数は時間がたつにつれて増えてくるのでマジシャンはシューターにして少しでも迎撃能力を高くすることを推奨する。
そして、弾幕攻撃を全て凌ぐとボスは自身の周囲への爆撃を始める。
同時に味方ユニットから 永続するLv3クイドラとLv3パワライ をもらえる。
そして、爆撃開始から一定時間経過で ボスがラストアルカナダウン(アルカナ強制全破壊)の特殊を使ってくる。
ただ、ラストアルカナダウン発動直後に唐突に 画面タッチによる小競り合い が始まる。
この小競り合いで時間以内にゲージを全て青に出来ないと強制的にこちらの負けとなるので頑張って画面をタッチすること。
無事に小競り合いに勝利すればボスがスタンを起こし、スタンから復活すると再び爆撃を行った後にラストアルカナダウンの特殊技を使用する。
2度目のラストアルカナダウンも凌げば再びスタンとなり、その後も爆撃からのラストアルカナダウンを狙ってくる。
但し、3度目のラストアルカナダウンは発動前にボスのHPを一定以下にし、ある特殊技を使わせないと絶対に勝てない仕様となっているので要注意。
3度目のラストアルカナダウンを凌げば残り時間が僅かでない限り実質クリアとなるがどのような展開で勝利する事が出来るのかは自身の目で確めて欲しい。

難易度EASYについて

他のステージでは各種敵のステータス低下のみであるが、このステージ固有の変更がある。
  • (共通)ボスのHP低下無し。ステータスは低下する。
  • (第1段階)アルカナ破壊要員が全て撃破されるか一定時間経過での使い魔召喚なし
  • (第1段階)バリア発生装置の破壊必要数が2つ
  • (第2段階)爆撃開始から一定時間経過でのラストアルカナダウン(1回目、2回目)及び特殊技使用無し
爆撃が止まないため、突っ込んで普通に削ればいい。
  • (第2段階)NORMALにおける3度目のラストアルカナダウンはHP一定以下時のみ発生



コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 自分はマジシャンでアトランティスを使いました。
    持ち合わせてさえいれば、ゲオル=ガラム同様お勧めです。
    イザナギも用いたのですが、後半時に死滅覚悟の戦いで回復が出来るため、強引に戦うことが出来ました。
    また前後半と別れているため、前半にアーツ回復を行っても後半にはATKも戻りますよ -- (名無しさん) 2015-10-24 23:23:29
  • 一戦目の場合、ボス一回目のダウン後、バリア発生装置を破壊する方向に変えたら簡単にクリアできるようになりました。
    今まではダウン後防衛に回っていたのですが、敵の五影剣の処理が間に合わずイクリプスがダウンし結果的に時間切れや死滅したまま後半戦等なりやすかったです。
    敵の石割部隊と召喚された五影剣やラグナロクなどはボス自身がダウンすると消滅するということをうまく利用すると余裕を持った戦闘を行えます
    -- (名無しさん) 2015-10-24 23:31:48
  • 攻略参考例

    杖主、わだつみ、アトランティス、ゲオル=カラム、メガイラ、ガレアート、
    服部半蔵、イザナギ
    US:パワーライズ

    開幕は主人公をゲートに戻しつつ、わだつみ以外の△□を左右のどちらかに集める。
    並行して〇を両端のバリア発生装置(以下、装置)わだつみを右から2番目の装置へ戦闘させる。
    石の防衛はヘイスト持ち(アトランティス、ゲオル)を超覚醒させてスプレッドで殲滅すること。

    ハバキリが出てきたら、わだつみで対処する。〇は装置を破壊次第、ボスを避けつつ右から2番目の装置を破壊する。
    ティルフィングはイクリプスのHPに注意しながら、装置破壊と並行して撃破する。
    順調に進めばラグナロクが出るか出ないかのところでバリアを解除できる。

    1回目のバリア解除後は〇とわだつみで攻撃する。
    スタン解除後は1回目と同じ要領で防衛と装置破壊を進める。
    2回目のスタンを確認次第、全員でボスに特攻する。スタン解除後の特殊攻撃のカットインが入ったら速やかにゲートに帰還・回復する。
    なお、ここまでに死滅してしまった使い魔は、この間に再育成できる。
    HPを全回復させたら再び特攻・ある程度攻撃を避けつつ、撃破する。

    2段階目は残った石1つの上で、△全員をシューターにして対処する。
    ダメージを受けた使い魔は後ろに下げ、できるだけ死滅を避ける。
    弾幕終了後は、攻撃をかわしながらボスを一定のHPまで削ればエンディング。 -- (名無しさん) 2015-10-24 23:52:45

  • すみません、幾つか訂正箇所がありました。
    「(ボスを避けつつ)右から2番目」→「左から2番目」です。
    あと、USは最後の削りで使いました。 -- (名無しさん) 2015-10-24 23:59:50
  • 確かに3度目をしのげば実質クリアではあるけど、バリア破壊に時間をかけすぎるとタイムアップの罠がある
    デッキの火力にもよるのかな -- (名無しさん) 2015-10-25 05:22:07
  • タイムマナが早い、とありますが、アカズキンを覚醒させたら、タイムマナのスピードは上がるのでしょうか? -- (名無しさん) 2015-12-01 00:29:28
  • アカズキンを入れて、最初に出すとものすごいスピードでタイムマナを得られる(w -- (名無しさん) 2015-12-31 20:17:50
  • 載せるべき場所がわからなかったので、ここにコメントします。
    イージーモードでクリアした場合、使い魔ドールのニド・リシアは獲得可能です。
    ただし称号は獲得できませんでした。 -- (名無しさん) 2016-01-22 00:23:32
  • ↑ですが、その知らせを見た後、使い魔ドールを設定しようとしたが、どこにもニドとリシアは無かったと思います。 -- (名無しさん) 2016-01-22 15:37:17
  • EASYモードで五影剣+わだつみを使うと相手の攻撃力が1になりました -- (名無しさん) 2016-05-29 17:50:38
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る