神族 VerRe:3


Ver3.4R 追加排出カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします

  • 「大魔法使いのオイラに勝とうなんて、百年早いぜ!許してほしかったら、オイラの子分になりな!」

    威勢だけは良かったが、その小さな身体でいきがってみても迫力不足。血に飢えた怪物たちは間近に迫っていた。

    「さ、さもないと、オイラのいちの子分がオマエを…」

    ジリジリと距離をつめられ、冷や汗がにじむ。
    さすがのオイラも、これはマズいかな。

    「おい!誰が子分だって!?」

    「さよならも言わずにいなくなるなんて、ひどいじゃないのよ!」

    不意に木々の間から声がひびいた。一度たりとも忘れたことのない、2人の人間。

    「へへん!オイラの足手まといになるなよ、アンちゃん、おネエちゃん!」
    身長
    0.95[meter]
    体重
    32[kg]
    性別
    両性
    出身
    妖精族の村
    一人称
    オイラ
    いちの子分
    ランディ
    HACCAN -- (名無しさん) 2016-06-20 17:31:00
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る