ラース・ジャイアント (C)
基本情報
名前 ラース・ジャイアント
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 40
<タイプ> 魔人
タイプ ミュータント
HP 450
ATK 70
DEF 50
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 西田 雅一

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 マナアップW
攻撃力と防御力が上がる。さらに、所有マナが多いほど効果が上がる。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 70/50
覚醒 500 90/70
超覚醒 550 180/160〔0-25マナ〕
190/170〔30-55マナ〕
210/190〔60-85マナ〕
230/210〔90-115マナ〕
250/230〔120マナ〕
?/?〔120マナ/defe.〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1

考察
この考察は前verの物です。どなたか、加筆、修正をお願いします。コスト40コストで召喚時ATK80が光る人獣の主力ディフェンダー。
この素ATKは全種族見渡しても同コスト単独TOP。特にアタッカーへの対応力はとても高い。
そのかわりにDEFが30しかなく20コストにもDEFで負ける紙装甲。

超覚醒するまでは自タワーにいても油断できない。覚醒していても少しでも目を離そうものならあっという間に瀕死になってしまう。
ただ超覚醒すればひとまずは即死の確率の低いDEFにはなり、マナさえあれば少しならタワーから離れても大丈夫な150。
60溜まった210は妨害できるほどの安心感も出てくるが、中盤に60マナを遊ばせるのは難しいので、やはり前に出て攻めるという傾向は薄い。
アルフォスのマナマックスアップを併用しマナ120まで貯めるとDEF+160となり、最終的にはハードなディフェンダーとして動く事になる。

極めてピーキーな能力値となっているが、それが故の強力さを内包するカード。
ただし低DEFの間は死滅しないようきちんとHP管理すること。
忙しい荒らし対応や敵のロードサポートAなどといった要素が重なると、マジシャン主の攻撃や非クリティカルのダメージで死滅する可能性もある。

キャラクター説明
ラース(wrath)とは「怒り・憤怒」と言う意味で、訳すと「憤怒の巨人」
「憤怒」は元々はサタンが司る七つの大罪の一つであり、ラース・ジャイアント=サタンなんて推測も。

旧作ではストーリーボスとして登場したことがあり、弾幕攻撃や即死技の「ジャイアント・トルネード」でプレイヤーを苦しめた。
しっぽの先からは鎖が伸びていて頭に繋がっている。攻撃の際は頭をハンマーのように飛ばして攻撃している。
この使い魔のボイスも声優が担当している。ただ唸っているようにも聞こえるが、一部のボイスでは唸りながら台詞を喋っている。


関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル