源義経(SR)
基本情報
名前 源義経
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 狂戦士
タイプ モノノフ
HP 400
ATK 40
DEF 20
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 北沢 力

アビリティ
召喚 タイムマナスロウ
自身が戦場に出ている間、時間経過で得られるマナの入手速度が下がる。
覚醒 タイムマナスロウ
自身が戦場に出ている間、時間経過で得られるマナの入手速度が下がる。
超覚醒 Wアップ
攻撃力と防御力が上がる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/20
覚醒 450 60/40
超覚醒 500 180/160〔アビリティ込〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.3

考察
召喚からタイムマナを遅らせるデメリットアビリティを持ち、召喚時には5秒遅れ、覚醒すると重複し15秒も遅れてしまう。
これは味方タワーが2本あるとき通常のタイムマナ1周にかかる時間は15秒であるため、2倍も延びてしまう。

その代わり、超覚醒では同コスト帯最強クラスになる使い魔であり、単独完結した戦況に関係しない180/160はコスト30としては破格。
ただしタイプ系や場所限定強化の使い魔でこれに近い数字を出すのはそこそこいる。
例として同種のモルドレッドやトリスタンは最速時点においてもDEF170前後を望める。

通常通り運用すると義経が完成した後に軍団を整える場面でタイムマナスロウが効いてくる。
タイムマナスロウ分は義経が自分でマナを掘って初めてペイできるぐらいなので展開が多少滞る。
義経を初手として使わず、いわゆる並べムーブで最速パーティ完成を目指すときも、召喚にタイムマナスロウが付いているので阻害してしまいやすい。

しかし実はこのタイムマナスロウ、タイムマナゲージの増加量を減らす効果ではなく「タイムマナゲージ1周に必要なゲージ量が増える」効果
そして自身が戦場にいる間のみなので、駐留/帰還してしまえばゲージ1周に必要な量が元に戻り、デメリットは帳消しにできる。
この特性を大いに活用するとなると、軍団が完成するまで駐留し続け、基本的にタワー防衛する役割となる。

扱いづらさは目立つものの、敵がほぼ関与できない90マナ時点でこのスペックを出せるという強みは明確。
終盤にマナモン回収で作れるにしても180/160は十分。
基本的に速攻デッキの軸もしくは完成系重視デッキのタワー防衛役として強いのだが、
人獣には同じことをやらせるとトランスで成長率が高いトリスタンがいるので、どうも入るデッキが見つけづらい。
差別化するなら、召喚での打点が高い事と、終盤にラス1枠として作る時に90マナでどこでもATK180を望めるという点(部隊戦の戦力になる)。

キャラクター説明
平安時代末期、平家との戦いで活躍した日本の武将であり源頼朝の弟に当たる。
幼名は牛若丸(うしわかまる)。天狗の元で剣術の修行をし、五条大橋で暴れていた弁慶を倒して味方につけた。
主に奇襲を得意とし、一ノ谷の戦いでの「逆落し(馬で坂を駆け下り奇襲をかける戦法)」などが有名。

平家滅亡後は頼朝と対立。追われる身となり現在の岩手県にある衣川舘で果てたとされる。
…のだがそこよりも北に逃げ延びたという説がある。
現に衣川舘より北の地点に義経ゆかりの史跡が見つかっている。
さすがにとんでも説の類ではあるが、「モンゴルまで逃げてチンギス・ハンになった」という説まで存在していたりする。
LoV世界ではこのチンギス・ハンになった説が採用されている。

過去作ではLoV2に登場していた。
当時最高レアリティのURでありながら、稼動終盤まで高い使用率を誇った人気カードの1枚。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル