ニルス(C)
基本情報
名前 ニルス
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 10
<タイプ> 妖精
タイプ ノーム
HP 300
ATK 5
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 水野 マリコ

アビリティ
召喚 HPマックスアップ
最大HPが上がる。
TRANCE 召喚時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 5/10

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.2
Ver3.2
身長 0.3[meter] それは、人里離れた深い深いお山の中、月のまあるい夜のこと
お山で暮らすニルスは、その日も、いつものように
キノコの世話に明け暮れていました。しかし、どうにも元気がありません。
ニルスは、ため息をつき、お空の月を見あげました。
お空にぽっかり浮かんだ赤い月…それを見たニルスは、
突然、お山のてっぺんを目指して、あわあわと駈け出しました。
赤い月には願いをかなえる力があると、
死んだ“じっちゃ”が教えてくれたのを思い出したのです。
ニルスはお山のてっぺんまで来ると、力いっぱい叫びました。
「そこの真っ赤なお月さんよー!
毎日毎日ちっこいキノコばっかり相手にすんのはもうウンザリだぁ!
オラは“とかい”で“びっぐ”になりてぇんだ!お願ぇだ!
“とかい”につれてってけろー!!」
その時です。ニルスの声が届いたのか、赤い月はじわりと揺らめくと、
東のほうにスゥッと走り出すではありませんか。
「ま、待ってけろ~! そっちが“とかい”なのけ!?」
ニルスはあわてて月を追いかけました。
――『妖精たちの赤い夜』 その1
体重 0.5[kg]
生息域 田舎の山奥
憧れ 都会の生活
ビッグになる
ビッグとは? なんかこう…びっぐなやつだ
イラストレーター lack
+Ver3.4(VerRe:3.0)
Ver3.4(VerRe:3.0)
身長 0.3[meter]
体重 0.5[kg]
最高速度 鳥に乗ればひとっ飛び
尊敬 じっちゃ
目標 じっちゃの様なびっぐな男
なぜ都会に? びっぐといえば“とかい”だ
イラストレーター 小玉
フレーバーテキスト
ニルスは赤い月を追いかけましたが、月はあっという間にお空の彼方へ…。早く追いかけなければ“とかい”の方向が分からなくなってしまいます。困ってしまったニルスでしたが、そんな時、ふと死んだ“じっちゃ”の昔話を思い出しました。
ニルスのじっちゃは若い頃、鳥に乗って世界を旅していました。その時、ハーモニカの音色で鳥を操っていたそうなのです。そうか、これだ!と思ったニルスは、じっちゃの形見のハーモニカを手にすると、今度は近所の池に走りました。
「鳥っつたらよー こーこだぁー!」
池のほとりには水鳥の群れが眠っていました。ニルスは水鳥の背に飛び乗り、じっちゃ直伝の鳥を操る不思議な調べを、一か八かで吹いてみました。
するとどうでしょう。水鳥達はいっせいに飛び立ち、大空高く舞い上がるではないですか。
「やーったよぉ! オラにもできるでねーの!」
ニルスは嬉しくて、夢中でハーモニカを吹きました。
「行けー! 赤い月さ、追いかけてけろー!」
ところが、水鳥はたいして飛ばないうちに、グングンと地表に近づいていきます。
「どした!? 落ちてるでねーの? ほれほれ、もっと元気に羽ばたかねーと!」
ニルスは必死にハーモニカを吹いて応援しますが、落ちゆく水鳥は、力無くこう言いました。
「…いや…あの…私ガチョウですから…飛ぶのは…苦手っていうか…」
「なにーーー!?」
「ハァハァ…ああ…もうムリ…!」
必死の応援も空しく、ガチョウに振り払われてしまったニルスは、真っ逆さまに落ちていきました。

                                        ~『妖精たちの赤い夜』 その6~
+Ver3.5(VerRe:3.1)
Ver3.5(VerRe:3.1)
身長 0.3[meter]
体重 0.5[kg]
特技 鳥の操縦
好きな言葉 してぃぼーい
嫌いな言葉 いなかっぺ
ビッグになったら とかいでキノコ栽培
イラストレーター 猫将軍
フレーバーテキスト

つんつんと、何かにつつかれたような気がしてニルスが目をあけると、真っ白な砂浜が広がっていました。
驚いて飛び起きたニルスは周囲をよく見回しました。するとそばには、豆腐小僧と羽の生えた白いねずみ、そして見知らぬフキの葉を頭にのっけた少年が寝ころがっていました。
「こっこはどこだぁ? え~とぉ… 大鷲に乗って飛んでたら鷲がねず公になっちまってぇ…… そのまま海に… んあ? …そんときぃ、海に浮かんでたこんの葉っぱ頭を巻き込んじまった気が…」
ニルスがう~んと頭を抱えて、事の成り行きを思い出そうとしていると、またもや何者かが、後ろからニルスのまっ赤な帽子をつんつんとつつきます。
「だっから… さっきからだ~れだぁ! つんつんつんつんよぉ!」
「ハハ! きぬこ(きのこ)がしゃべったさー!」
振り向くと、そこには魚の頭の帽子をかぶった青い毛の少年が立っていました。少年はニカリと笑うと、次々と他のみんなを起こして回りました。
* * * *
夜、目覚めた四人と少年は、たき火を囲み、少年が取ってきてくれた魚を食べていました。
少年は、キジムナーのオーサンと名乗りました。オーサンが言うには、彼が「赤い月」を追いかけていたところ、海に浮かぶ四人を見つけて助けたとのことでした。
それぞれが同じように「赤い月」を追いかけていたことを知ったみんなは、とっても驚きました。
「たまげだぁ!! おめぇらもかよぉ! でもよぉ、妖精ならあの月見でほっどぐ手はねぇよなぁ!」
「あったぼーよぅ! 梅干しがきらいなヤツなんかいるわけあるかってんでぃ!」
「梅干し…あの月のことでございますか? …でも、あの月はどちらに行ってしまわれたのか… すっかり分からなくなったでございますね…」
「ぷきゅ~…」
そうなのです。ニルスたちは、気を失っている間に、赤い月を見失ってしまっていたのです。
ニルスたちがガックリと肩を落としていると、オーサンはもぐもぐと魚をほおばりながら、スッと夜空を指さしました。
「うり(それ)なら、あまんかい(あっちに)飛んでったさー」
それは、ひと際輝く北の星の方向でした。
* * * *
こうして、ニルス、豆腐小僧、マキリ、ヤニワニ、オーサンの5人は、みんなで一緒に北へ北へと赤い月を追いかけることにしました。

深い谷があれば、ヤニワニが大鷲に変身してみんなを運んで飛び越えました。
湖が行く手を阻めば、オーサンがみんなの乗ったイカダを引いて渡りました。
食べるものがなく、お腹がすいた時には、豆腐小僧がお豆腐を分けてくれました。
するどい針をもつ大きな蜂におそわれたときは、マキリが剣で追い払ってくれました。
広い広い草原では、ニルスのハーモニカでダチョウを操り、みんなで駆け抜けました。

そんな大冒険の果てにニルスたちがたどり着いた場所、そこは深い深い森のさらに奥、“忘れられた茨の森”と呼ばれる、たくさんの茨に覆われた森でした。
森の奥からは、うっすらと赤い光がもれてきます。きっとあれは“赤い月”に違いない!、そう思ったニルスたちが勢いよく森に入ろうとしたその時です。
「ちょっと待ったワン!」
振り返ると、そこには一匹の犬がいました。犬は慌てた様子でニルスたちの方に駆け寄ってくると、ニルスたちの周りをグルグルと回り、必死の形相で森へは行かせまいとしました。
「な、なんだオメ? オラたちはやっとこさココまでたどり着いたんだぁ! そこを通してけろ!」
「ダメだワン! ここは、この『黒い森』の中でも、とってもとっても危険な場所なんだワン! 近づいちゃダメワン!」
「なんでぃ、藪から棒な犬っころだな。 …棒? あ、そうでぃ!」
何かをひらめいた豆腐小僧は、落ちていた棒を拾うと、
「うるさい犬っころにはこれだぜぃ! そ~れ、とってきねぇーーーい!!」
と言って、棒を放り投げました。
「ああ!? そ、それは…卑怯だワワーーーン!!」
犬はどうにも我慢ができなかったのか、棒につられて走り去ってしまいました。
「へへん、ど~でぃ! ケチな畜生にお豆腐はもったいねぇ! 棒っきれで十分よぉ!」
「…何だったのでございましょうか、今のお犬殿は…」
「なぁんだっだも何も、たぁだのワン公だろぉ?」
「しかしでございますね、この先は危険だとかなんとか…」
「ハハ! なんくるないさ~(なんとかなるさ)」
「ぷきゅきゅ~~」
突然現れた犬の言っていたことがほんのちょっとだけ気になったものの、ニルスたちは森の奥へと急ぐことにしました。
ニルスたちは、小さな体を生かして器用に茨の間を潜り抜けていきました。そうしてたどり着いた茨の茂みの奥の奥――そこでニルスたちが見たものは、茨の中に埋まる、大きな大きな赤い光でした。
光はじっと逃げることなく、まるでニルスたちを待っていたかのようにゆっくりと明滅していました。
「う~わわぁ、あんときの赤い月だぁ…」
「おぅ! たしかにあんときの光だねぃ!」
「とってもきれいでございますぅ…」
「じゅんに、ちゅらさんやっさー(本当にきれいだなぁ)…」
「ぷきゅきゅきゅぅ…」
赤い光を、ただただ見つめるニルスたち。
「けど…よく見っと、こいつぁあんまし梅干しっぽくねぇなぁ…って、な…なんでぃ!?」
豆腐小僧が振り向くと、ニルスたちがぼーっと夢に浮かされたように赤い光に近づいていきます。豆腐小僧は、様子のおかしいみんなに必死に語りかけますが、誰一人返事をする者はありません。
「お、おい! みんなどうしちまったんでぃ!?」
その時、赤い光がじわりとひとつ揺らめくと、激しく瞬きました。
* * * *
「…う~ん…」
ニルスが目をあけると、目にきらびやかな光が飛び込んできました。
「……なんだぁ…?」
見ると周りには、たくさんの、見たこともない程に大きくて、豪奢な建物が立ち並んでいるではありませんか。ニルスは、昔じっちゃから聞いた話を思い出しました。
「もしかして… ここは“とかい”…なのけ?」

~『妖精たちの赤い夜』 その11~

考察
トランスを持つ10コスト。アビリティはHPマックスアップ。
最大HPが上がる効果だが、トランスすると上昇した最大HP分、HP回復もするため使いやすい。
堅い主力級トランスに付けても楽しいが、基本的にはヤニワニ同様に荒らしトランス使い魔の援護として優秀か。
アビリティは地味な部類だがver3.2稼働時の人獣の根元トランスはこれのみであった。

エレン・イェーガーのようにアビリティを無効にされた後アビリティが戻ると、HPが戻った分回復する模様。
要するにトランスした対象は多少インデックスに耐性を持つという裏テク。

キャラクター説明
クラス名のノームは錬金術における四大元素、地水火風のうち地を司る精霊。
他の三精霊、ウンディーネ、サラマンダー、シルフはVer3より前に登場しており、ノームの起用は順当というところ。
地中に棲む小人とされ、北欧神話のドワーフと混同されることも多い。

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル