服部半蔵(C)
基本情報
名前 服部半蔵
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 70
<タイプ> 暗技
タイプ シノビ
HP 600
ATK 100
DEF 90
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 北沢 力

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ATK SPDアップ
攻撃力と移動速度が上がる。
アーツ 伊賀忍法 朧紅刃
効果終了まで自身の最大HPを100上げ、HPを100回復する。
さらに自身の攻撃・アルカナストーン破壊・マナタワー制圧・マナ吸収の効果が一定時間上がる。
このアーツは、自身が超覚醒していないと使用することができない。
消費マナ 30
効果時間 60秒
wait時間 60秒
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 600 100/90
覚醒 650 130/120
超覚醒 800 230/190

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.3
Ver3.3
身長 1.75[meter] 徳川御庭番衆が頭領、服部半蔵――
歴史が動く時、その陰に半蔵ありと謳われる彼の身は、今、異界の地“れむぎあ”にあった。
その目的は、幕府が密命――かつて時の狭間に流されし「二振りの妖刀」の回収。
島原に開かれし“げぇと”の向こうに、その妖刀の気を感知した半蔵は、この地へと降り立ったのである。

そして、さらに「妖刀」の気を辿り至ったが、この<魔界城>の天守。
半蔵は、其の城が長、天草四朗時貞の背後に立っていた。
「…来ましたか 徳川の犬が」
半蔵はその言葉に返すことなく、無言で首を刈り切った。
しかし、切り落とされた天草の首は、ゆらりと宙に浮くと、不敵な笑みをこぼした。

「残念ながら ここにあの『妖刀』はありませんよ
クク… 文字通り足が生えて逃げていきました
しかし どうあろうと あれは私のもの
犬になどもったいない あなたも柳生の小倅同様
この世界で朽ち果てるがいい」

刹那、天守を包む魔性の炎。嘲笑を上げながら陽炎のように掻き消える天草の首。
「…面妖な術を使う しかし まさか十兵衛ほどの男が…
『村正』に『村雨』 妖刀の呪いとでもいうのか…」
そう呟くと、一陣の風が吹き、半蔵もまた、燃え盛る天守から消え去った。
───『赤月剣風帖』 巻の六
体重 70[kg]
最高速度 夜風の如く
主家 徳川家
流派 伊賀流忍術
愛刀 朧と斬月
イラストレーター 風間 雷太

考察
人獣の主力級コモン枠としてやってきた忍者第2弾。召喚スペックの100/90は、70コストとしてはそこそこの値。
超覚醒するとATKが30上昇し、230/190にスピードアップが乗るが、このままではただの高速アタッカーに過ぎない。
このカードの最大の特徴はひとえにアーツの強力さである。
30マナを支払うことで発動し、効果時間中には【HP回復・最大値上昇(100)、実質2回攻撃(追加攻撃減衰無し、クリティカル・スパクリ判定アリ)、軽めのストーンアタックとタワーアタック、マナ収集中は実質コスト70使い魔1体追加】と盛りだくさんの追加効果を得ることができる。
アーツ効果が切れるのとwait時間が無くなるのが同時なので、マナ供給路を残しておき常にこの強化状態を維持したい。
それができれば常時HPは800に達し、対マジシャン・低DEFに対する高い攻撃力・70コスト+αの有力な施設制圧能力と高速移動というハイスペック忍者が完成する。
マナ収集力の方は、アーツが超覚醒限定となってしまったため、完全に出番が無くなってしまった。

アーツを使わなくても足が速いので、機動力を生かしてあちらこちらに飛び回りタワーやストーンをつつくだけで相手からすれば厄介な存在。
もし防衛に来られても、アーツ使用中はHPが800あり再使用で100回復もできるので、微弱な攻撃なら強引に制圧行動を続けていけるのも特徴である。
戦闘面でも余程大型のディフェンダーに絡まれない限りは多少数の差があっても大抵逃げおおせるので、追加攻撃で高いダメージを与えられるマジシャン等をピンポイントに狙う事で貢献したい。

Ver3.302のアップデートでは耐久力や施設制圧関係の効果が流石に強力すぎると判断され弱体化されている。
直接の戦闘力に関わる攻撃回数や効果時間は変更されていないので、効果を盛り過ぎたせいで70コストアタッカーの役目を果たせない、といった事にはなっていなかった。
しかしver3.504のエラッタにより、要のアーツが効果が据置きのまま超覚醒限定となってしまったこと、召喚時のATKが10下げられたことにより、かなり扱いづらくなってしまった。
Ver3.511のアップデートでは超覚醒時の攻撃力情報値が+20から+30に上方修正された。

キャラクター説明
誰もがご存知・忍者服部半蔵。過去作では2に登場していた。
過去作同様異常な性能の特殊技を持って登場。どうやら忍ぶということを知らない模様。
アーツの時に叫ぶ「オン・マカシリ・エイ・ソワカ」とは吉祥天を奉ずるという意の真言。
ちなみに吉祥天とはラクシュミーが仏教に取り入れられた姿。
LoV3のラクシュミーにとって連環マテリアルがあるとは言え半蔵は天敵なのだが(2では弱点属性の複数攻撃を持ち合っていた)。

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル