ラー(UR)
基本情報
名前 ラー
種族 神族
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 70
<タイプ> 大神
タイプ ヘリオポリス
HP 600
ATK 60
DEF 135
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 慶長 佑香

アビリティ
召喚 なし
覚醒 ガードブースト
ガーディアンスタイル時に、防御力と施設防御力が上がる。
超覚醒 マイストーンアップD
周囲に味方アルカナストーンがある場合、防御力が上がる。
アーツ メル・メレウト
自身のHPが全回復。さらにDEFが50増加し、施設防御力がコスト90増加する。
消費マナ 30
効果時間 60秒
wait時間 60秒

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 600 60/135〔通常時/offe.〕
30/225〔アーツ発動時/defe.〕
覚醒 650 90/165〔通常時/offe.〕
???/???〔通常時/defe.〕
???/???〔アーツ発動時/defe.〕
超覚醒 700 160/235〔通常時/offe.〕
80/355〔通常時/defe.〕
160/305〔アビリティ発動時/offe.〕
80/405〔アビリティ発動時/defe.〕
80/455〔アビリティ・アーツ発動時/defe.〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1

考察
防衛に特化したコスト70のディフェンダー。
素で235まで到達するDEFは、ガードブーストとストーンアップDというDEF特化のアビリティも合わさり驚異的なDEFを叩きだす。
更にアーツにもDEFアップが付いており、アルカナの上に陣取ったら殆どの敵に対して受けるダメージが最低保証値となる。
アーツが絡むとわだつみにさえ保障値なので、アルカナ上ではこのカードに構う事自体が戦力を削いでいると言い換えていい。
アーツの回復効果も強力で、キュアオールなどと組み合わせるとまさに狙うだけ無駄といった状況を作り出せる。
施設防衛力を確保するためにHPが減っていなくてもアーツを打つ必要がある場合がある事と、waitは長い事、入力から発動まで少し間がある事には注意しよう。

施設防衛力に関しては全カード最高で、通常時はコスト120まで、ガードブースト発動でコスト160まで、アーツ発動で施設防衛力最大値のコスト250まで防ぐ。
言い変えれば、合計160コストまたは250コストを超えるユニット達が全員で制圧・破壊を行うと防げない。
これが最大の弱点であり、 ラーがいても施設は壊せる という基本を理解している相手には最後まで徹底的に無視されるだろう。
そして相手がアルカナで構うまではただ堅いだけの存在なので戦力として計算しづらく、味方の戦力が薄くなる。
この辺りの味方への迷惑度が強い性質をきちんと理解していないと、味方が数差の暴力で倒された後に最後に無視して全軍で石を割られるだけ。
防衛ポイントが下方修正された現在では、味方を見殺しにしても長時間石地蔵さえしていれば上位確保といった甘い事は出来ない。

では防衛しかできないのにも関わらずラストで無視して割られるだけのカードなのかと言えば、さすがにそこまで貧弱ではない。
70コストディフェンダーで死にづらいという存在なら防衛以外にこなせる仕事は多い。
たとえば敵タワーへの妨害要員としては、ファイターでエリゴスと同じATK160を出せるので中盤までは十分機能する。
また70スマッシュの速度低下は大きい。味方と一緒に連携すればある程度の役割は持つ事ができる。
70コストの石割力も重要で、自分で石差をつけて自分で守るという基本が可能。これは絶対に忘れてはならない。

無論、素の低ATKは序盤にタワーに置きづらいという性質も持つ。
スマッシュの存在でアタッカーの圧迫を浅くする効果程度は見込めるが、召喚・覚醒では軽々フリックされる事もあって、抵抗力は残念ながら下の部類。
タワー戦でまともなディフェンダーとしての役割は期待しづらいので、最速でのラーは悪手の代表。
性能がかなりピーキーなので扱い方を考えないと戦犯級だが、全カード見渡しても石防衛においてここまで特化されたカードは存在しないため、
扱いさえ上手ければ優位状況の保険としては心強い存在になれる。石や部隊差で優位でないと、大した役に立たないという基本は忘れないように。

キャラクター説明
エジプト神話の太陽神。
一般的には隼の頭を持った姿が多いとされている。彼女の被る帽子がそれか。

SPカードになった事でURでありながら3.1再録含め実に3種類の絵柄、フレーバーが存在する。
その中では、他のエジプトの神々を統べる立場にあることが窺える。
しかしオシリスには遠回しに馬鹿にされ、イシスには直球の侮辱を受けるなど、配下からの扱いは凄まじく悪い。
3.2で復活したアヌビスなど、自身のフレーバーで彼女を クソガキ 呼ばわりする始末である。

これから復活するであろう同神話出身のイシス・ゲブ・セベクなどのフレーバーでの扱いが期待……もとい危惧される。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル