ラグナロク(UR)
基本情報
種族 神族
名前 ラグナロク
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 90
<タイプ> 超魔
タイプ ホーリードラゴン
HP 700
ATK 80
DEF 120
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 DEFアップリジェネ
自身のHPが徐々に回復する。
覚醒 DEFアップリジェネ
自身のHPが徐々に回復する。
超覚醒 蒼翠の聖龍
自身とアルカナストーンとの距離が近いほど、攻撃力が上がる。さらに、自身とアルカナストーンとの距離が一定以下のとき、攻撃間隔が短くなる。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 700 80/140〔アビリティ発動時〕
覚醒 750 130/210〔アビリティ発動時〕
超覚醒 800 240/260〔通常時/タワー上〕
250/260〔アビリティ発動時/ストーン付近〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.2

考察
神族のコスト90。
ver3.500でエラッタ、召喚と覚醒でのDEFアップリジェネでとにかく堅い。
どのぐらい堅いかと言うとATK230超え以外のマジシャン単独ではまともに殺しきるのは不可能と言ってもいいほど。
無論アタッカー+ディフェンダーパーティ相手ならラーとほぼ変わらないぐらいの耐久力を見せる。
ただし自慢の堅さも固定値が集中するとあっさり死滅してしまう危険性もあるため注意が必要。
ATKは180と貧相だがアルカナストーン付近であれば一転してATK、更にストーンに近づけばヘイストも得る性能を持つ。
自アルカナを守る場合はアビリティのお陰でガーディアンスタイルでもATK140を超えるので低コスト相手なら、防衛と処理とを同時に行える。
さらに超覚醒のヘイストとまでは行かないが、割と早めのヘイストをストーン付近では得られるため根元の処理能力は高め。

弱点はやはり素ATKの低さ。タワー戦で最速などしてしまうと、止まる敵荒らしはほとんど存在しない厳しい状況になる。
リザレクションのため敵タワーに投げても打点が低いせいでハラスの効力が薄いので、開き直って破壊を狙わせる方が多いのが現状。
一方で最高コスト故にスマッシュの性能が高く、リザレク前に味方と共闘する場合はこれを活かすのが唯一の道と言えるか。
ちなみに覚醒時点でDEFアップリジェネ二つ持ちなので堅さだけなら180マナに見合うという事は覚えておこう。
いくら堅いとはいえこの重さのワントップ戦力としてはパワーに欠けるので、リザレクとの併用で削岩力や終盤の防衛力を生かすデッキに組み込むのがメジャー。
90コストをリザレクなしで作るのは余程の有利な状況か最終盤付近になるので悩む種である。

ちなみに一時期ラグナロクが暴れたためにストーンアップAが下方修正を受けたが自身がストーンアップAからユニークアビリティになった為、オーベロンや死を喰らう者はただのとばっちりを受けただけになってしまった。


キャラクター説明
ラグナロクは本来は事象であり、北欧神話における終末の日。
一般的に定着しているのは北欧神話の神々VS巨人の最終戦争。「神々の運命」や「神々の黄昏」とも。
この戦争で、神々は巨人に負けたともお互いに相打ちして全滅したともされる。
どちらにせよこの戦争で神々は滅びたようだが…。

LoVにおけるラグナロクも本来は事象だったのだが、ある目的からオーディンは白き巨竜として彼を創造する。
並行世界の様々な終末に関わる存在らしく、事象としてのラグナロクを経験したフェンリルらがこの竜を追っているようだ。
性格は純粋かつ無垢、オーディンの為にある使命を抱えて魔獣や巨人をなぎ倒しながら戦場を飛び回っていた。
しかし無垢故に様々な感情や可能性に染まりやすいという弱点も抱えており、そこをロキと『教会』の使者に突かれてしまう。その結果……

ちなみにLoV.netで購入できるBGMの中にラグナロクという項目があるが、これはLoV2ストーリーモードのフェンリルステージ中に流れる曲である。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい