セルディッド(C)
基本情報
名前 セルディッド
種族 神族
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 10
<タイプ> 妖精
タイプ エルフ
HP 300
ATK 5
DEF 5
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 中村 知子

アビリティ
召喚 エヴォルカット
自身の周囲にいる神族の使い魔の覚醒/超覚醒に必要なコストを減少させる。
ただし、一定以下にはならない。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 5/5

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.2
+ Ver3.3
+ Ver3.4(VerRe:3.0)
+ Ver3.5(VerRe:3.1)

考察
神族の特徴エヴォルカットを持つコスト10ディフェンダー。
覚醒に使うコストが5減るというのは極めて有用で、神族の屋台骨を務める最重要カード。
主力2枚の覚醒4回で20コストカットと考えると他の種族が羨む性能。

ただ覚醒させたいユニットが遠出すると効果を受けられなくなるので、
最大限活用するには、近くで超覚醒まで育ててやってから主戦場に送り出すような遅い形になってしまう。
もちろん素早く必要な場所に使い魔を送り出すのも大切なので、その辺りは上手く判断しよう。

そのアビリティの有効性とステータスの低さのために荒らしに狙われる可能性が非常に高い。
使い魔1体を超覚醒させて浮くマナは10なので、セルディッドが1回死滅するだけで浮いた分が吹っ飛んでしまう。
3.1で追加されたトライブサポート要員で耐久力を上げるのも効果的だが、そのトライブサポートも5/5なので良く考えて10コストを選びたい。

キャラクター説明
過去作ではLoV1とLoV2に「エルフ」として登場していた。
前作までの恋物語は完全に終わりを告げたようで、テキストはフィンテールと対になっている。

3.2のフレーバーから、紅の兆しとして追っていたのは"復讐"がキーワードのギデオンだろう。
ギデオンはプレイヤー視点のポジションである都合上、ストーリーモードには登場しないが
模擬戦や画集などからギデオンのパートナー使い魔であることが分かった。

エルフの長老に命じられ紅蓮の子の一人であるギデオンへ資質を見定めるべく近づいたが、使命以上に彼に心惹かれ自らその後も付き従うことを決めた。
かつて恋をした相手と似ており、種族の壁を感じ心の奥に隠しながらも手助けをしていく。
しかし《復讐》という暗い肩書の通り戦いに明け暮れるギデオンの心身は疲れており、少しでも和ませようとする気遣いがお馴染みのセリフ「さぁて なにして遊ぶ?」として表れている。
フィンテールと再会し無力な自分に打ちひしがれているが、神族必須根本的な意味では絶対的に必要にされてる、間違いなく

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい