スクナヒコナ(C)
基本情報
名前 スクナヒコナ
種族 神族
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 20
<タイプ> 精霊獣
タイプ ヤオヨロズ
HP 350
ATK 15
DEF 10
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 杉本 ゆう

アビリティ
召喚 なし
覚醒 エヴォルマナ
超覚醒時にマナを生み出す。
超覚醒 エネタワーアップD
周囲に敵軍マナタワーがあると、防御力が上がる。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 15/10
覚醒 400 25/20
超覚醒 450 75/70〔通常時/offe.〕
75/150〔アビリティ発動時/offe.〕
38/171〔アビリティ発動時/defe.〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.3

考察
神族のコスト20ディフェンダー。
エヴォルマナでコストパフォーマンスは高い。
エネタワーアップのお陰で最速で出して敵タワーに乗り込めればコスト10にたいしてほぼ最低保証値しか入らず、タフである。
しかし、素のHPが低い為にシューター戦法を受けると予想以上に脆い。
加えて、敵施設から離れると途端にコスト相応のDEFとなってしまうので余程のことがない限り敵の追撃から逃げ切れないだろう。
ただ、タイプが精霊獣なので、海種ウィーユのタイプコストカットによる開幕マナでの召喚可能でそこから実質25マナ消費で超覚醒まで到達できる。
さらにエヴォルカットを諦めればコスト20ディフェンダーの中でも随一の速度で超覚醒状態での敵タワー荒らしを実行できるだろう。
少ないマナで超覚醒できる点や早い段階でのタワー荒らしを実行可能なことを考えると投げ捨て前提で運用したほうが良いかもしれない。

キャラクター説明
古事記に登場する日本創世神話の神格。少名毘古那、少彦名と当てることもある。
オオクニヌシの手にのるほどの小さな神であった。
オオクニヌシと義兄弟となり、共に国づくりをして全国を回ったが、その事業が終わりを向かえる直前に
淡路の粟の茎に弾かれて常世の国へ渡っていってしまったという。
様々なものの神だが、特に酒の神として有名。

超覚醒ボイスのフレーズが某ネギ少女の歌の歌詞と似ている。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル