アンドロメダ(C)
基本情報
名前 アンドロメダ
種族 神族
ジョブ マジシャン
召喚コスト 30
<タイプ> 英雄
タイプ プリンセス
HP 400
ATK 50
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 高橋 未奈美

アビリティ
召喚 トライブサポートD
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自ユニットのDEFが上がる。
ただし、自身は効果を受けない。
覚醒 トライブサポートD
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自ユニットのDEFが上がる。
ただし、自身は効果を受けない。
超覚醒 聖王女の鎖
自身が攻撃した敵ユニットがディフェンダーのとき、敵ユニットに与えるダメージが上がり、
さらに移動速度を一定時間下げる。
+ エラッタ前のステータス


ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 50/30
覚醒 450 80/60
超覚醒 500 130/110

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.5

考察
神族には貴重なマジシャンであり、超覚醒持ちのコスト30。
英雄でもあるのだが、英雄にはより多くのサポートアビリティを持つマジシャンが多い。
Ver3.402の各種族苦手ジョブ使い魔の大型エラッタにより、召喚・覚醒にトライブサポートD、超覚醒時に「聖王女の鎖」という固有アビリティが発動するようになった。
「聖王女の鎖」は、自身が攻撃した敵ユニットがディフェンダーのとき、敵ユニットに与えるダメージが固定40上がり、さらに移動速度を一定時間(5~10秒?)20%下げるというもの。

ステータスはかなり低めなので、正攻法なデッキでわざわざ採用する意義はない。
しかし、「聖王女の鎖」によりディフェンダーに対して圧倒的アンチ性能を誇る。
固定40ダメージというのが大きく相手のDEFがどれだけ高くてもアビリティによるダメージカットやスプレッドショット等の要因を除けば確実に55ダメージ与えられる。
さらに移動速度低下効果によって移動速度増加のかかっていないディフェンダーはシュータースタイルで攻撃してくるアンドロメダに追いつけない。
コスト30ながら、理論上ほぼすべてのディフェンダーに勝てるという性能は中々貴重。
ディフェンダーが主力の相手には間違いなく刺さる。

欠点は130/110という低ステータス。アタッカーはもちろん、マジシャンにも全く通用しない。ディフェンダーに強いといえど集中攻撃を受けると瞬く間に落ちる。
幸いにもトライブサポートDがあるので基本はサポート枠として入れておき、対面がディフェンダーによる荒らしが主軸の場合に出すのが有効。
なお、コスト30なので毘沙門天デッキの候補にはなる。プロメテウスで超覚醒もしやすいのでアビリティも発動させやすい。

ディフェンダーからすれば絶対に近寄りたくない使い魔であると同時に、総合的な戦力としては微妙な性能なので、採用しやすくなったとはいえ扱いが難しいことは理解しておこう。


キャラクター説明
アンドロメダはギリシア神話に登場する女性である。
母が自身の美貌を神々に自慢したが為に怒った神々によって送り込まれたケートスの生贄にされかけるものの、
その時に通りがかったペルセウスに助けられてそのまま妻になるという波乱に満ちた人生を送っている。

なお、LoVでも大まかな経緯は同じであるようだが、LoV1に登場したケートスの裏テキストを見る限り
ポセイドン自身は他の神々があまりにも煩いので渋々ケートスを送り込んだことが推測できる。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル