~嘆きの竜皇~(R)
基本情報
名前 ~嘆きの竜皇~
真名 グレンデル
種族 降魔
ジョブ アタッカー
初期カルマ 1
カルマ上昇速度 SLOW
<タイプ> 妾讐者
タイプ ギガンテス
HP 600
ATK 180
DEF 230
ハイアーツ
CV 松本 大

カルマアビリティ
カルマ1個 ハイキルアップA
攻撃力が上がる。
さらに、自身が敵ユニットを撃破するたびに、自身の攻撃力が上がる。
カルマ2個 スピードアップ
移動速度が上がる。
カルマ3個 ダブルヒット
自身が敵ユニットを攻撃したとき、通常の攻撃に加えてさらに1回追加でダメージを与える。
ハイアーツ 峻烈なる叫哭
範囲内にいるターゲット中の敵ユニット1体の、攻撃力・防御力・移動速度を一定時間下げる。(-40ずつ)
効果時間 ?秒
最近修正されたバージョン Ver3.512 [2017.03.30]

ステータス
  • 魔神状態中
カルマ所持数 融合体数 HP ATK/DEF
カルマ1個 0体 650 210/230〔0体撃破〕
240/230〔3体撃破〕
270/230〔6体撃破〕
7体 900 260/290〔0体撃破〕
290/290〔3体撃破〕
320/290〔6体撃破〕
  • 魔神状態解除後
カルマ所持数 HP ATK/DEF
カルマ1個 600 210/230〔0体撃破〕
240/230〔3体撃破〕
270/230〔6体撃破〕
330/230〔12体撃破〕
カルマ2個 600
カルマ3個 600

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.4(VerRe:3.0)
+ Ver3.5

考察
自己完結する成長型のアタッカー降魔。
感覚としては降魔になったバハムート。
カルマスピードSLOWかつキルアップによる成長系なので、速攻デッキのアンカーとして分かりやすくデザインされている。
さっさとポイントを稼いでカルマを溜めて呼び出し、後半戦の重石としよう。

カルマ1がキルアップなので、転生時に複数融合して攻撃対象を増やすのも噛み合っている。
魔神の段階でさっさと成長させるのはありだろう。
ハイアーツはどちらかというと部隊戦用なので味方と一緒にいる時に使った方が効果を発揮しやすいかもしれない。

降魔の中でも入るデッキが限られておりほぼ速攻デッキ用なので使うなら当然デッキを考える必要がある。

Ver3.512 [2017.03.30~]より、「ハイキルアップA」の攻撃力上昇値が+20から+30へ上方修正された。

キャラクター説明
真名はグレンデル。北欧、イギリスの叙事詩『ベオウルフ』に登場する巨人の怪物であり、アダムとイヴの子供であるカインの末裔であるとされる。
LoV1ではラスボスを務めており、その正体は混沌種が自らの戦いの形として用意した過去に混沌種が滅ぼした世界のグレンデルである。
嘆きの竜皇は戦いの形として利用されていたグレンデルが、『夢の管理人』の力を借りて降魔となったもののようだ。

ちなみに、元ネタでの宿敵であるベオウルフのフレーバーにて彼と思わしき竜の血を引く巨人が登場していた。
冷静で落ち着いた性格である(このゲームでの)グレンデル本人に対し、フレーバーに登場していた竜の巨人はなんとも高慢かつ粗暴な性格だった為に最初は別人であると思われていた。
が、今作でのフレーバーにてその怪物が慢心を捨て誇り高き戦士として覚醒した後の姿がLoVでもお馴染みのグレンデルである事が判明。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • つっよ -- (名無しさん) 2016-06-14 16:52:23
  • たしかに -- (名無しさん) 2016-06-14 18:57:23
  • 召喚時根元虐殺でおばけ -- (名無しさん) 2016-06-15 16:45:39
  • いまさらですが、Ver3.4のフレーバーです。

    怪物はその敗北に歓喜した。なんと、なんと熱く滾る命のやり取りであっただろうか。

    怪物は願った。もっと、もっとあいつと戦いたい! 戦い続けたい! あいつと戦っても壊れない体が欲しい…! それは、怪物が生まれて初めての願い…心からの、純然たる願いであった。

    その願いは、怪物に流れる“血”を目覚めさせた。そして、その最強生物の血――竜の血は彼を『竜戦士』へと変貌させた。

    ――やった…やったぞ…これで、もっと戦える! あいつと戦い続けることができる! 待っていろ……『竜殺し』!!!


    しかし、竜戦士の願いが叶う事は無かった。

    今、彼は、次元の牢獄に繋がれていた。彼の目に映るものは崩壊した宇宙、それを端から喰らっていく異形――『混沌』の群れ。彼のいた世界は混沌種の侵攻を受け、彼が戦いを熱望した戦士ごと滅ぼされたのだ。

    世界が滅び、彼の目の前で戦士が喰われた時、怒りとも、絶望ともつかない感情に支配された竜戦士は、ただ世界が滅びてゆく様を呆然と眺め、立ちすくむしかなかった。その彼を、混沌の無貌の瞳がとらえた。

    「おぉ…アルカナ…のない…世界で… これほどの…力を…有する個体… ただ喰らって…しま…うには…惜し…い…」

    こうして戦士は、混沌に捕らわれ、その力を模倣する鋳型として幽閉された。それからのことは覚えていない。ただ、竜戦士は意識を闇に沈め、永劫とも思える眠りの中で、嘆き続けた。

    ――何故だ… 何故オマエは死んだ… 何故オレ以外の者に敗れた… 何故だ… 何故だ… 何故だ… もう一度… もう一度… もう一度戦いたいのだ… オマエと… それなのに… 何故だ… 何故だ… 何故だ…

    「あ~もう! そんなに言われちゃほっとけないじゃない! その願い、『夢の管理人』が聞き届けてあげる。そうね…異界に『降魔』するには混沌の支配する虚無の領域を、千年かけて歩むことになるわ。あなたにそれができて? その覚悟があるのなら、わたしの手を取りなさい!」

    竜戦士は口元に静かな笑みを浮かべ、目を開けた。

    身長:5.7[meter]
    体重:6.8[t]
    最高速度:450[m/sec]
    かつての望み:『竜殺し』との決着
    現在の望み:『混沌』の滅殺
    真名:グレンデル
    -- (名無しさん) 2016-06-26 18:08:51
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る