摩利支天(C)
基本情報
名前 摩利支天
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 10
<タイプ> 守護者
タイプ 仏神
HP 300
ATK 10
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 菅谷 弥生

アビリティ
召喚 タワーヒールブースト
自身がマナタワーに駐留している間、そのマナタワーでの自ユニットのHP回復速度が上がる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 10/10

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.1
Ver3.1
身長 光の届く範囲 しかし、眩い光を放つ神将は、ずいっと立ちはだかりました。
「貴様が、先ほどの『紅き闇』を祓った者じゃな?
むぅ?貴様の連れておるその鬼神、天一貴人か。
そやつもまた闇の眷属、闇を以て闇を制すか…面白いの。
じゃが、ワレは天部が一柱、日輪の眷属よ。
如何な術で人が鬼を従えているのかは知れぬが、
闇は闇…捨て置くわけにはいかぬな。」
そう言うと光神の姿は空気に溶けるように、すぅっと消えていきました。
「我が身は陽炎の化身よ。貴様の鬼でワレをとらえる
ことはかなわぬ。諦めよ…闇は、滅すのみ!」
――これが、光と影、陰と陽、相容れぬふたつの摂理を用いた、
大陸より伝わりし道術が、本当の意味で完成の日を迎える
きっかけとなった出会いでございました。
――『紅陰陽奇譚』巻ノ弐
体重 重くないわ!光だし!
最高速度 光の速さ
存在 陽炎の化身
理想 光に満ちた世界
嫌いな場所 暗いところ
イラストレーター カスカベ アキラ
+Ver3.2
Ver3.2
身長 光の届く範囲 貴様…いや、そなたの名はなんと言ったか。
闇に在りて光よりなお輝く…まこと不思議な奴よの。
自在に百鬼眷属を抱え従えるその才覚。
脆弱な人の身に宿すにはいささか過分な代物よ。
どのような修練、どのような修羅場に遭うて斯様なまでの
ちからを得たものか…。
だが、そなたの存在はあまりに歪んでおる。
そなたの“陰”の気は、もはや尋常な人のそれではない。
そのままではやがて己が身の内なる闇に取り込まれ、
そなた自身が百鬼となりて夜の眷属と化すであろう。
それは十年先かもしれぬし、明日かもしれぬ。
日輪の神将であるワレには看過できぬものよ。
これよりワレの光は、そなたの闇と共にあろう。
そなたが闇に落ちたなら、その時こそワレが祓ってくれよう。
“陰”と“陽”。
ワレらは本来相容れぬもの…だが、なぜじゃろうな。
そなたとは良き友になれる。そんな気がしてならぬ。
――『紅陰陽奇譚』巻ノ弐の②
体重 重くないわ!光だし!
最高速度 光の速さ
乗り物 イノシシ
司るもの 勝利・開運
名の意味 威光
イラストレーター シルバー

考察
根元に欲しいアタッカーというジョブに、ステータス合計20、そしてマナ吸収の回転率を間接的に高めるアビリティが特徴。
終盤メインユニットのローテーションを早める効果までもが期待できるが、「タワー」な点には注意。
タイプが守護者であったりと、地味に色々と恵まれている10コスト。
タワーヒールブーストの回復量については以下の通り
回復対象ユニット 通常時(1.0秒) 効果発動時(1.0秒)
通常ユニット 35回復 120回復
ソエル(覚醒) 20回復 115回復
ソエル(超覚醒) 5回復 110回復
スロウヒールを持っているほど回復速度が早まる効果になっている。
摩利支天なし通常ユニットの2倍の回復速度が魅力的だが、ソエル入り神族デッキはあまり目にしない例か

キャラクター説明
護法光神にして、陽炎の化身。
天部が一柱、日輪の眷族たる彼女は、人の住まう下界にて、類まれな「闇」と出会った。その「闇」とは――。
原初光闇、相容れぬ二人が出合った時、果たして何が起こったのか。

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル