モルボル (ST)
基本情報
名前 モルボル
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 40
<タイプ> 怪異
タイプ FFモンスターズ
HP 450
ATK 50
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 サクリスタイルD
防御力が上がる。ただし、ファイタースタイル時にバトルスタイルを変更できなくなる。
超覚醒 ポイゾアタック
自身が攻撃した敵ユニットのHPを一定時間徐々に減らす。
アーツ くさいいき
【フィールド】範囲内にいる敵ユニット全てのATKとDEFを15下げ、移動速度を?%低下させる。
消費マナ 30
効果時間 自身の死滅まで
wait時間 なし
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 50/80
覚醒 500 70/130〔アビリティ込み〕
超覚醒 550 140/200〔アビリティ込み〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.0

考察
DEF偏重の中型ディフェンダー。覚醒時点でサクリスタイルDが発動し、ガーディアンスタイルになれなくなる代わりに更に固くなる。
超覚醒するとポイゾアタックで毎秒10ダメージを5回とDEFの高い敵に対して有効なアビリティが発動する。
しかし、それ以上にアーツである「くさいいき」が非常に強力。
敵ユニットが多く集まる集団戦ではアーツを発動して軍勢に混ざるだけで相手の戦力をかなり削ることが出来るだろう。
それ以外にも速度低下のおかげで一度捕まえることが出来れば延々と粘着することが出来る。

アーツを考えると実質的にはコスト50ユニットのようなものだが、そう考えると単独での性能はやや貧弱。
火力面ではATK140とコスト30並なのでダメージはポイゾアタック頼りとなっている。
防御面でもスタイル変更封印が後半に響くため、タワー防衛は兎も角攻め込む際やストーン防衛では味方部隊との連携を考える必要がある。
合わせるカードとしては単純にステータス重視のカード、またはシヴァなどのATK低下+固定持ちのカードとの相性がとても良い。

ちなみにハデスや安倍晴明のアーツと効果が重複する。
なのでそれらと併せればステータス低下、毒付加、移動の極端な制限等の効果を持ったエリアを作ることが出来る。
問題はジョブが被る上にコストも近い事だろう。
Ver3.3にて海種にマテリアルによってタワー近辺に速度低下のフィールドを展開できるイピリアが追加された。
イピリアの速度低下にモルボルのアーツとスマッシュによる速度低下が合わされば高コストでもほぼ移動不能になるほど速度を下げる事が可能。
2種族までならデメリットなしで組める上にジョブやコスト的な問題もないのでタワーのマジシャン以外に対する防衛力を大きく上げたい場合にはお試しあれ。

キャラクター説明
コラボレーション〔FFモンスターズ〕より参戦。
FFを代表するモンスターの一体。今作でアーツにもなっている「くさいいき」という技が特徴的。
ゲーム中に存在するありとあらゆる状態を引き起こすその技に苦しめられた人も多いのでは。
アンデッドではないのに何故か不死となった事に疑問がなくもない。
元々FF2で水棲生物扱いで登場したので海種でもいいはずなのだが…。トンベリと逆な感もある。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • カァッハッ!! -- (名無しさん) 2016-04-30 02:37:52
  • 今もうアーツよりポイゾアタックの方が強いよね -- (名無しさん) 2016-08-24 12:43:28
  • イピリアとの組み合わせのところで高コストでもほぼ移動不能になるとありますが別にコストで移動速度は変わりません。
    超覚醒の使い魔でも~と書きたかったのかもしれませんが -- (名無しさん) 2016-08-25 21:38:28
  • スマッシュの速度低下・・・・・・ -- (名無しさん) 2016-10-23 07:28:50
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る