チクタク(C)
基本情報
名前 チクタク
種族 海種
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 20
<タイプ> 純真者
タイプ テイルズ
HP 350
ATK 20
DEF 30
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 北沢 力(チクタクの声)
杉本 ゆう(ビリーナの声)

アビリティ
召喚 アタックリミット
攻撃間隔が短くなる。ただし、一定回数攻撃すると攻撃できなくなる。このペナルティはゲートへ帰還またはマナタワーへ駐留するまで持続する。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 20/30

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.4(VerRe:3.0)
Ver3.4(VerRe:3.0)
全長 中々―立派な―一品です
重量 太く―ご満足―頂けるかと
最高速度 ゼンマイが―持つ―限りは
製作 スミス&ティンカー社
動力 ゼンマイ仕掛け
ツッコミ 兼 相棒 対ノーム最終兵器
イラストレーター 猫将軍
フレーバーテキスト
オズの“一人軍隊”チクタクは、先ほど訪れた少女について、黄色い雌鶏のビリーナと意見を交わしていました。
『ドロシー嬢と-言いましたか-あの歳にして-なかなかの-傑物-このまま-成長すれば-かなりの-戦闘力を-持つと-思われます-将来が-楽しみです』
「コケーー! あのちっちゃな女の子が!? 作り物の目でも腐るのかい? あの子は魔法も使えないし、大きなブリキ男だのみじゃないか!」
『いえ-ブリキさんなど-関係-ありません-彼女が秘めている戦闘力は-大したものです-この-軍人の中の-軍人-チクタクが-保証します』
「ホントケーー!? じゃあ、あの子だけで誰に勝てるっていうんだい?」
『成長-すれば-西の魔女にも-負けない-でしょう』
「ウソコケーー!! あの性悪魔法使いにも勝てるってのかい??」
『成長-すれば』
「ホントケー? じゃあ、オズ陛下はどうさ」
『……ちょっと-意味が-わかりませんね』
「ンケー…確かに陛下は知恵で戦うタイプだからね。ならさ、オズマ姫はどうだい?」
『そこは-好みの-別れる-ところですね』
「マジケーー! ……好み?」
『でも-やはり-グリンダ様には-及びません-グリンダ様の-破壊力は-超ド級-並大抵の-戦闘力では-敵いません-この-ゼンマイ仕掛けの-股間も-バーーーン』
「……おムネ?」
『オズで-一番の-破壊力-グリンダ様は-サイコ―です』
「そっちの話ケーー! オゲヒーーーン!!」
~『オズの紅蓮の都』 第4話~

考察
ついに海種に登場した20コストディフェンダー。
ATKは20と少々非力だが、アタックリミットというデメリット付きのヘイスト持ちである。
一定回数ということで下目に見られがちだが、現時点では20回まで攻撃可能であり、タワーに駐留するだけでリセットされる。
単独でもアタッカー主を早々に撃破することができ、アタッカー荒らし使い魔に対しては最低保証値を連続で与えることができる。
デメリットさえ気にかけていれば非常に優秀な根元使い魔である。

問題はデッキの組み方である。
一番考えられるのはキマ+チクタク+10コス□+10コスであろうか。
主ディフェンダー+キマ+ヒルコから出すとジョブのバランスもよく、アナンタやノーチラスを組み込むことで中々優秀な根元を作ることができるが、
当然相手の荒らしを受けることになりがちであり、初手の使い魔の完成が遅くなるのでプレイヤースキルがかなり必要になるだろう。

キャラクター説明
「オズの魔法使い」の登場人物の一人。ぜんまい仕掛けで動く銅製の軍人ロボット。SPカード版のグリンダのフレーバーテキストでも台詞のみで登場している。
攻撃回数に制限があるというデメリットは、ぜんまいを巻かないと活動が出来ないという設定からか。

ちなみに、フレーバーテキストもボイスも中々前衛的なキャラクターである。
…何故なら、その発言のほとんどはさっきゅんに匹敵するレベルのド直球の 下ネタ だから。グリンダの風呂を覗いたりとやりたい放題のドスケベロボである。
女体化に美少女化にクリーチャー化はLoVの常だが、まさか 変態化 はするとは誰も思わなかっただろう。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 初めてですが編集してみました。 -- (名無しさん) 2015-12-05 17:48:44
  • gj -- (名無しさん) 2016-01-16 19:49:13
  • 召喚時10回、再出撃で20回になってました。 -- (名無しさん) 2016-06-24 07:23:08
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る