クリシュナ(C)
基本情報
名前 クリシュナ
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 10
<タイプ> 聖戦士
タイプ ディーヴァ
HP 300
ATK 10
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 竹内 良太

アビリティ
召喚 なし
アーツ 迸る夢幻聖輪
【マテリアル】自ユニットが自軍マナタワーに駐留後に再出撃したとき、移動速度が一定時間(10C?)上がるマテリアルを、その場に設置する。
このアーツは自軍マナタワーの周囲でしか使用できない。
消費マナ 20
耐久値 ?
wait時間 ?秒

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 10/10

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.4(VerRe:3.0)
Ver3.4(VerRe:3.0)
身長 2.25[meter]
体重 98[kg]
最高速度 108[km/h]
根源 ヴィシュヌ
異名 ゴーパーラ
弱点 足の裏
イラストレーター RARE ENGINE
フレーバーテキスト
『第八の化身』は与えられた使命に従い、戦輪を手に世界中を駆けた。
ある時には英雄としてはびこる魔から民を守り、またある時には教示者として人間達を導いた。
しかし、そんな数多の偉業を成した彼の心に、未だ重石のように残る戦いがあった。

それは、あの紅蓮の瞳を持つ王との戦い。
化身はかの友と戦場を駆け、魔を討ち、世を夢境へと導くために戦った。
そして、戦輪から世界を覗き、友が導く世界が正しきものであるのかを見定めようと『約束』をした。
だが紅い瞳の友は、さらなる世の幸せの為、化身の導く手を振り払い――扉の向こうへと姿を消した。

確かに世界は救われ、正しく、幸福へと導かれた。
しかし、誰にも知られぬ紅い涙を流しながら戦った友だけは、幸せへと導くことができなかった…。
果たして、彼を欠いたこの世界は、『正しき世界』といえるのか――
わだかまりは渦を巻き、化身を苦しめ、彼を、友を追い求める旅へと走らせた。

走りながら、化身はいつしか夢を見ていた。
紅い光の糸が綻び、化身を誘うように揺らめく。
その光は友の瞳の輝きによく似ていた。
期待と不安を抱えながら、化身は紅い光に手繰り寄せられるように走る――。

霞がゆっくりと晴れるように夢から覚めると、そこは火の消え落ちた戦場だった。
強い雨が、戦場にたまった不浄の一切を洗い流すように降りしきっている。

その中で、一人の若者が天を仰ぎ立ちすくんでいた。若者は拳を固く握り締め――哭いていた。
その慟哭は、在りし日の友を思い起させた。
この者は…そうか、ならば今度こそ――化身は若者に歩み寄り、手を差し出した。

「泣くな、私が汝を勝利へ導こう。だが、汝が世界を正しく導かぬならば。
    私は絶対死を迎えても構わぬ。汝の首を戦輪が撥ねようぞ」

その言葉こそ厳しくも、化身の目には喜びと優しさが満ちていた。

考察
自マナタワーに「そこで駐留してから出撃した時に速度を上げる」効果を持たせるマテリアルを置くことができる根本。
速度アップの効果時間は短いが、速度上昇率自体はかなり高い(1.3倍?)。

用途としてはびっくりスマッシュの安定がまず思いつくが、中央タワーを取ってから置くとSTセイバーなどで楽しいムーヴも可能。
スプレッドならば同じことをマジシャンでやってもよい。2発ほど敵タワーに撃ってすぐ帰ると中々いやらしい。
原因はわからないが単種族で降魔をタワーから出しても移動速度が上がる時と上がらない時がある。

キャラクター説明
クリシュナとはヒンドゥー教の神、ヴィシュヌ第8の化身。
絶倫の神であり、16000人妃を分身を駆使して全てを満足させたという逸話も存在する。
ヴィシュヌの化身の中で最も人気があり、他の全ての化身の起源とみなされている。
テキストの「戦輪」とは古代インドの投擲武器「チャクラム」のこと。
アーツ発動の演出で振り回している。ヴィシュヌも同じ武器を持っている。

LoV2では、封印されるとミニマップから自軍の位置が見えなくなる施設、サーチアイの封印を行うLoV1愛染明王のような能力を持っていた。
今回、ハリハラと共に復活したのは、その能力がハリハラと対照的だったためか。
初登場時は低コストだったが、エラッタで高コストになったことがあり、まさしくスーパーエラッタを受けたと言える経験を持つ。

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル