アゾット(C)
基本情報
名前 アゾット
種族 魔種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 20
<タイプ> 魔械人
タイプ ホムンクルス
HP 350
ATK 20
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ディフェンダープロテス
自身がディフェンダーの敵ユニットから受けるダメージと、スロウアタックの速度低下効果を減らす。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 20/30
覚醒 400 30/40
超覚醒 450 90/100

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.4(VerRe:3.0)
Ver3.4(VerRe:3.0)
身長 実体が無いので計測不能
体重 実体が無いので計測不能
出身 ガラスのフラスコ内
現在の生息地 謎の短剣と同化
名の意義 始まりと終わり
製作者であり主人 パラケルスス
イラストレーター 出水ぽすか
フレーバーテキスト
『それ』はガラスの檻の中で目覚めた。
何の記憶も、感覚もなく、その存在は突然に始まった。
檻の外には、一人の男がいた。
男いわく、彼は『それ』を生み出した創造主であり、父であるという。
男はいつも沢山の不思議な装置に囲まれて何かの作業をし、
時折、檻の中の『それ』に話しかけた。
ある朝、『それ』が目を覚ますと、男は不思議な板を持っていた。
それは何かと聞くと、男は剣だと言い、
どこで手に入れたのかと聞くと、外の世界だと言った。
『それ』が自分もそこに行ってみたいと言うと、男は首を振ってこう言った。
「お前のアルカナは不安定で、外に出したらどうなるかわからない。」
『それ』がよくわからずにいると、男は、
要するにお前はその中でしか生きることができないのだ、と続けた。
『それ』は少しがっかりして、ならばその剣をよく見せてほしいと頼んだ。
しかし男はふたたび首を振ると、いつものように作業を始めてしまった。

次の朝、『それ』が目を覚ますと、男の姿がなくなっていた。
次の朝も、その次の朝も男は帰ってこなかった。
誰と話すこともなく、檻の中でぽつんと男を待っていた『それ』は、
ふと、立てかけられた「あの剣」を見つけた。
柄も刃も漆黒の、不思議な剣――
よく見ると、柄頭のあたりに何か文字が刻まれているのが見えた。
しかし、書いてある文字はよく読めない。
もっと近くで見たいという一心で、『それ』は無意識のうちに透明な檻の内壁に体を押し付けた。
すると、檻はぐらりと揺れ、そのまま落ち――
バリンという音と衝撃と共に『それ』は無様に転がった。
床の感触、熱いのか冷たいのかわからない空気、叩きつけられた痛み。
初めての感覚が一気に襲ってきて、『それ』は混乱し、声にならない悲鳴を上げた。
そうして、荒い呼吸を何度か繰り返し…
『それ』はようやく、自分が檻の外に出たことに気づいた。

考察
"ディフェンダープロテス"によって苦手ジョブ耐性がある20荒らし。
軽減値は5、スロウの軽減コストはおそらく20コスト?だと思われる。
クリティカルダメージは5残るため神族のアフロディーテと比べるとスロウ耐性のみ実質勝っているような形。

追いかけてくる防衛アタッカーへの耐性が無い事もあり、やや安定しづらい。


キャラクター説明
本文

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル