混沌幼生体(C)
基本情報
名前 混沌幼生体
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 70
<タイプ> 大闇酷
タイプ 混沌
HP 600
ATK 80
DEF 110
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 次元障壁
防御力が上がる。さらに、自身が受けるダメージを一定量減らす。
超覚醒 生態転写
自身が攻撃した敵ユニットの攻撃力を、一定時間コピーする。ただし、現在の値より下がることはない。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 600 80/110
覚醒 650 120/180
超覚醒 700 180/250

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
今Verにて参戦しているストーリーボス使い魔の一体にしてストーリーの転機となるボスモンスター。
素の性能は防御特化なので初手として出すにはかなり厳しい。
しかし、超覚醒するとある意味で非常に反則的な性能を発揮する。
というのも超覚醒アビリティが発動すればアビリティを封じられない限り ATKが絶対に下がらなくなる。
分かりやすい例だと一度敵のATKをコピーすればフリッカースタイルにしてもATKは下がらない。
それ以外にもATKウィークを受けようとATKを1にするアーツを受けようとATKは全く下がらない。
自身はフリッカーで弾きながら後ろからマジシャンが狙撃するという方法もあり、このユニットを死滅させる為にはフリッカーを回避しなければならず、ガーディアンにしてしまうと次元障壁の効果によりダメージを与えられないというジレンマを与える事も可能となる。
一方で一度ATKをコピーするとより高いATKをコピーする以外の方法ではATKが上がらなくなる。
故にこの使い魔をワントップにデッキを組む場合は後述の理由も含めてDEFを増加させるサポートを揃えるのが無難だろう。
次に覚醒アビリティも自身のDEF強化にダメージカットという強力なもので超覚醒時にはDEFが250に到達するのでディフェンダー以外が相手なら物凄く耐える。
キュアオール等を利用すればディフェンダー以外からはほぼノーダメージとなるので嵌ればストーリーボス級の活躍を見せてくれるだろう。
降魔を活用する場合には大型を強化してくれる嚮導の魔術師や、ハイアーツで部隊に耐久性をあげてくれる上に戦力としても申し分ない蒼天の守護龍との相性も悪くない。
紅爛の女王もカルマスピードが問題となるがカルマ3アビリティ及びハイアーツを使用すると相手のATKが270を超えない限りダメージも固定ダメージも一切受け付けない鉄壁となる。
なお~宙天の月姫~のハイアーツのデメリットでATKが1になるがこのユニットはアビリティによってデメリットを消しているのでATKが下がらない。その為高ATKで7c無敵のアタッカーという意味不明な存在になれる。

難点は最初にあげたように素のATKが低すぎて完成するまではタワー防衛も辛いこと。そこは他の使い魔で補うのが無難か。

キャラクター説明
初代LoVは勿論、LoAやLoVAなどの派生作品も含めたシリーズを通しての黒幕であり、倒すべき敵である「混沌種」……の、一部。
無差別に次元を侵食崩壊させ、侵攻した文明の種族を次々と取り込みながら増殖を続ける最悪の存在。
基本的な外観としては球状の身体と眼の無い頭部を持ち、様々な種族の特性をコピーする能力と次元の理を自在に操る力を持つ。
何より厄介なのは姿も形も能力も変幻自在ということ。人間の姿から超巨大なモンスターまで何にでも化ける事ができ、全く同じ能力を使うことも出来る。
嘆きの竜皇ことグレンデルやティアマトゼウスリヴァイアサン等も尖兵として操られていたり、能力と姿をコピーするための雛形として利用されていた。
アビリティの「次元障壁」と「生態転写」はストーリーモードにて使用してきた技の再現。
それぞれが 「ダメージを無効化しこちらのユニットを一定距離以上近づけなくするバリアを張る」「こちらのユニットの中でも最もマナを使用した使い魔に変身し、ステータスやアビリティをコピーする」 というボスらしいチート能力であった。

使い魔として使える彼はストーリーモードに登場した個体とは別個体であり、ある事情から紅蓮の子らを別次元から監視していたとの事。
しかし、彼らの波乱に満ちた人生を見ている内に混沌としての演算とは違う「何か」に目覚めはじめ…

フレイバーテキストでの会話相手は口調からして黒曜だと思われる。そして 「コンちゃん」 なるニックネームをつけている。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • テキスト:“混沌”には時間も空間も超えてあらゆる次元に侵攻できる力がある。そして“混沌”が得た情報は、同一存在である全ての“混沌”に送られる。

    しかし、この個体だけは自身の収集したある情報を他の“混沌”に送ることをしていなかった。遮断された情報――それは“アルカナの欠片”を宿す“紅蓮の子ら”の情報…。

    「“紅…蓮の子ら”…“アルカ…ナの欠片”…を…宿す運…命の人間…たち………紅蓮皇帝の…起こ…す戦乱に…よって不幸の道…を辿り…そ…して我らと…対峙…する………我…は“アル…カナの欠片”…を見失わ…ぬため その誕生か…らずっと…見続け…て…いた………次…元を隔て…た…すぐ…隣…で………だが…貴様ら…を見続け…るうちに我…の中に…何か…が生…まれた………そ…の所為で…我…は…貴様…らを〈見続けて…いたい〉…と思ってしま…った………それに…気…付いた時…我は…〈我ら〉…から切り…離さ…れた………それ以…来…ただ我…は観…測しつ…づけ…ねばなら…ぬと感…じ…てい…る………我は…我の中…に生まれたこ…れの…正体を知り…たい………“紅蓮の…子”よ………我に…答…えを…」

    ありえざる“混沌”からの来訪者に、誰もが黙してその真意を推し量る中、朱い隻眼の少女が口を開いた。

    「あらあらまぁまぁ、仲間外れはお辛いでしょう? わたくし達を見ていたいとおっしゃるなら、よろしければ一緒に参りませんか? 一緒にいれば、そのうち答えも見つかるでしょう。お名前は…そうですわね…混沌さんですから、コンちゃんなんていかがでしょうか?」

    少女の言葉を聞いた個体はその無貌を軽く捻ると、今自身に走った“信号”に思考を巡らせた。集合意識は「考える」ことはできても「感じる」ことはない。だが、“今”のは確かに――彼は自身の存在を認知して以来初めて体験したそれを、もう誰にも送ることのない思考意識にそっと記録した。 -- (名無しさん) 2015-12-07 07:47:31
  • 全長
    目的に応じて可変
    重量
    目的に応じて可変
    移動力
    あらゆる次元に存在可能
    姿形
    目的に応じて可変
    元所属
    “混沌”
    “混沌”との繋がり
    切断済 -- (名無しさん) 2015-12-07 07:47:59
  • こいつらの石割が早いと思ったら80コスなら納得だわ -- (名無しさん) 2015-12-11 19:49:47
  • 防御性能マシマシのアーチャーって感じか。
    火力は相手依存になるけど、今の環境無駄にATK高い使い魔なんてどこでもいるからなあ。 -- (名無しさん) 2015-12-31 23:16:34
  • 共工絶対殺すマンだよなあ… -- (名無しさん) 2016-01-25 02:11:22
  • 生態転写のコピー対象って「最も使用したマナが多い使い魔」じゃなかったか。
    仕様変わったの? -- (名無しさん) 2016-05-11 12:31:46
  • ↑何かと勘違いしてません?元からこのアビリティだったような。 -- (名無しさん) 2016-05-11 17:29:16
  • ⬆×2のはキャラ説明のストーリーモードの話じゃない? -- (名無しさん) 2016-05-12 01:32:25
  • ↑失礼しました、ご指摘ありがとうございます。ストーリーモードのステージ15の混沌でしたら確かに↑×3の仰る通りの効果ですね。 -- (名無しさん) 2016-05-12 08:31:23
  • ストーリーモードの仕様よく分かってないんじゃなかった?基本的には使用したマナ量だけど、2016年3月頃に自分でやったときは覚醒シェラハ(100)いるのに超覚醒毘沙門天(90)に化けたぞ -- (名無しさん) 2016-05-20 03:18:13
  • こいつはサポート受け付けるの? -- (名無しさん) 2016-09-20 01:06:22
  • サポート自体は攻守共に乗る。
    但しATKコピー後の数値にトラサポAが乗ったりはしないので注意な。 -- (名無しさん) 2016-09-20 04:43:36
  • やっぱりそうなるか
    ありがとな〜 -- (名無しさん) 2016-09-20 06:29:37
  • これ、月姫のハイアーツかけたらどうなるん?
    -- (名無しさん) 2016-09-21 03:41:13
  • 覚醒ATK間違ってない? -- (名無しさん) 2016-09-30 19:31:33
  • ↑×2月姫のハイアーツでも下がらんよ。確認済 -- (とあるLoVプレイヤー) 2016-10-17 22:05:05
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル