マッドハッター (C)
基本情報
名前 マッドハッター
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 狂言者
タイプ テイルズ
HP 400
ATK 40
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 古島 清孝

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 しがない時間殺し
自身が死滅したときマナを生み出し、再召喚時に自身の攻撃力と防御力が上がる。
ただし、この効果は最初の死滅の時にしか適用されない。
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/40
120/120〔アビリティ発動〕
覚醒 450 60/60
140/140〔アビリティ発動〕
超覚醒 500 120/120〔0回死滅〕
200/200〔アビリティ発動〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.2
+ Ver3.3
+ Ver3.5

考察
超覚醒時に死滅するとマナを得て再召喚でスペックの上がるユニット。
基本的な運用上の注意点は死滅時のマナ溢れに注意が必要。
場合によっては主の覚醒も視野に入れること。

エラッタにより変更となったのが上記の点と召喚スペックである。
アタッカーのマナバトによる対処が難しくなるのでアタッカー主体の敵を荒らす際にはかなりの効果が期待できる。
そして、死滅により一度だけスペックが+80増加し50コスト近いステータスを得る。
荒らして主力に繋げ、余裕があれば超覚醒を狙い戦力の要員として部隊に入れるか。HPは30コストなので注意が必要。
似たようなユニットにコスト違いでペルセポネがいるが、単純な能力値ではこちらが勝るのでタワーを崩しやすい。

Ver3.511 [2017.03.07~]にて、「しがない時間殺し」の攻撃力上昇値、防御力上昇値が、それぞれ+70から+80に上方修正された。

キャラクター説明
過去作ではLoV2とLoVRe:2に登場していた。もちろんアリス称号の一員。
そして相変わらずイカレた発言を連発してアリスダリスを煙に巻いている。
一応有力なデッドマナ要員で、メイン二人ともジョブが被っていないので、アリスデッキに採用しても無理はない。
召喚時のセリフ「カラスと書き物机が似ているのは何故だい?」は作中でハッターがアリスに問いかけるなぞなぞ。
作者ルイス・キャロルは特に解答を定めずにこの問いを作ったようだが、後世の研究家らにより様々な考察がなされている。
気になる人は検索してみよう。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • しがない時間殺しのマナバックは50でした。二度目の超覚醒時190/190だったと思います -- (名無しさん) 2016-06-26 22:10:37
  • マナバック40です -- (名無しさん) 2016-08-04 06:18:48
  • 08/09のアップデートでマナバック50でした -- (名無しさん) 2016-08-09 23:18:52
  • 再超覚醒ではなく再召喚の時点でスペックが上がります
    ちなみにスペックは
    召喚 ATK110 DEF110
    覚醒 ATK130 DEF130 -- (名無しさん) 2016-08-14 01:21:19
  • 考察欄にHPは40コストとありますが30コストです。
    修正出来る方、どなたか修正お願いします。 -- (名無しさん) 2016-08-27 07:22:45
  • 本当に一回だけなんだな。念のため試してみたが、上昇が適用された時点で死滅してさらに再召喚すると素ステに戻ってしまって二度と上がらない。 -- (名無しさん) 2016-09-04 00:08:31
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る