• 素ステ ATK200 DEF220
    アビリティ
    召喚パワードレイン
    覚醒パワードレイン
    超覚醒レンジアップ
    ハイアーツ 聖帝陵
    範囲内にいる自ユニット全ての移動速度を、一定時間上げる。 -- (名無しさん) 2015-11-23 19:55:48
  • アーツは60カウント -- (名無しさん) 2015-12-27 17:36:48
  • なんかアタマジデッキって分かりにくいからやめようぜ -- (名無しさん) 2016-03-22 07:55:06
  • 聖帝十字陵じゃないんですか・・・ -- (名無しさん) 2016-04-02 16:51:33
  • 3.5 フレーバー
    かつて少女は、民を、世界を守る為に戦い、敗れた。そして、その世界から切り離されることになったその時、星に想いを託した。

    ――もし…もしも許されるのなら… やり直せるのならば、私と共に歩み、憂い、笑い、そして共に戦ってくれる者たちが、再び世に現れんことを…。

    消えゆく少女のその想いは星々へと広がってゆき、やがて百八つの輝きとなり遍く地上へと降り注いだ。


    * * * *


    「…と、そういうわけでな。そのわた…朕は、今日もぬしらの働きに非常に満足しておるわけだ。朕一人であったなら、こうまで上手く敵を退けることはできなかったであろうよ。」

    レムギアの地に幾度目かの顕現を果たした帝は、傍らの若者に語りながら、その朱に染まった瞳を、ちらりちらりと窺い見る。

    「む…無論、一人で戦う自信が無いわけではないぞ? …だが、朕はもう知っておるのだ。民に甘んじる帝は愚帝。ただ無闇に民の前に立つ帝でも足りぬ。本当に上出来なのは、守るべき民と共に歩む帝だということをな」

    そう言って、帝は自らの過去と、自らの世界で起きたことについてとつとつと若者に語った。かつて自分が、世界のすべてを一人で背負い、一人で戦い、そしてそれ故に、すべて失ったことを。

    「――ここは、朕の生きた世界とは違うが、この世界もまた、朕にとって守らねばならぬ世界… 守りたいと思える世界となった。その…改めてな、ぬしらと共にある今、強く感じるのだ。他者を頼ることは、決して悪でも恥でもないのだということ――それに、信頼できる者と共に肩を並べて戦うことが、これほどまでに心強いということもな」

    そう笑う帝の笑顔は、世界を背負い戦う聖なる帝などではなく、ごく普通の、どこにでもいる年頃の少女のように見えた。

    そうしている内に、帝の体から、黄金色に輝く光が漏れ始める。

    「んむ… そろそろ時間か」

    帝は立ち上がると、若者に告げた。

    「朕はな、そのように思わせてくれたぬしらに感謝しておる…本当に――今からすることは、今まで恐ろしゅうてできなんだ… だが、ぬしらが朕に勇気をくれた。かつて、朕が滅ぼしてしまた世界、その民と向き合う勇気を。ここは混沌との決戦の地、ならば今こそ、かつて星に託した我が願いを集おう。我が願いを宿せし、我が民の血脈を継ぎし者たちと共に戦おう…!」

    帝は手を広げ、夜空に祈った。

    すると、藍色の天空に瞬く星々が、一つ、また一つ、強く輝き、地表へと降り立っていく。

    「おぉ… 天雄――地急――天微――地魁――天暗――皆… そうか… やはり芽生えていてくれたか…」

    流れ落ちる星たちを眺め、帝はその目にもひとつ星を浮かべた。

    「さあ、これにてこの地に、朕の願いを宿した宿星の者たちが降り立った。その者らであれば、きっと朕とおぬしらの助けになってくれるであろうぞ。どうか、また、共に――」

    そう言って、帝は舞い上がる光と共に消え去った。

    しかし、帝は気づいていなかった――かつての自身の願いの中に、悔恨の悲しみに彩られた願いがあったことを――降り注ぐ星々の輝き中に、暗く陰る光があったことを――。 -- (名無しさん) 2016-07-04 01:03:03
  • (続き)

    (~悔恨)の悲しみに彩られた願いがあったことを――降り注ぐ星々の輝き中に、暗く陰る光があったことを――。
    身長
    1.60[meter]
    体重
    教えぬよ
    生まれ
    姫水のほとり
    その徳
    とても高く
    その人望
    とても厚い
    好きなもの

    碧 風羽 -- (名無しさん) 2016-07-04 01:05:18