クジャ(ST)
基本情報
名前 クジャ
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 40
<タイプ> 暗黒魔導
タイプ FF Ⅸ
HP 450
ATK 60
DEF 60
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 石田 彰

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 フレアスター
攻撃力が上がる。
さらに、自身が攻撃を当てた敵ユニットと、その周囲の敵ユニットにクリティカルダメージを与える。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 60/60
覚醒 500 80/80
超覚醒 550 160/150〔アビリティ発動時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.3

考察
神族の40コスト荒らし使い魔。素のスペックはかなり平凡だが、超覚醒でATKが10上がり、攻撃したユニットとその周囲のユニットに追加のクリティカルダメージを与えるアビリティが発動する。
ジョブとカードデザイン的に、魔種のミリアレイジの神族版といった感じ。ただ、あちらと異なるのはダッシュアタックの必要がない点と、ダッシュアタック後の硬直短縮が無く、追加ダメージが固定値では無くATK50相当のクリティカルダメージである点。
この追加ダメージは攻撃後ほぼノータイムで発動し、スパクリ判定も存在する(スマッシュダメージは乗らない※要検証)。そのため、一度スパクリダッシュアタックを入れてしまえばクジャのATK160と合わせてDEF15までの10コストなら確殺できる。また、その他の根本も2発殴ればジョブ関係なしにほぼ確定で死ぬ。
総じて敵タワーへの圧力は高く、オールヒールを強要できる可能性は高い。

また、荒らし力もさることながら、追加ダメージがクリティカルになるので相手の荒らし使い魔や主力使い魔へのダメージの通りが中々に良いため、タワー防衛の能力も高く終盤も主力に随伴させることでダメージソースとなれる。

難点は良くも悪くも平凡なスペック。同コスト以上のディフェンダーにタイマン張って回れるほどのスペックでは無いし、終盤は大型使い魔に狙われると簡単に落とされてしまう可能性がある。それを避けるためにもなるべく何体かでチームを組ませて動かしたい。

キャラクター説明
コラボレーション〔ファイナルファンタジー Ⅸ〕より参戦。大国アレキサンドリアにて暗躍する暗黒魔術師の青年。主人公ジタンを激しく敵視しており、一行の前に何度も立ちはだかる。
中性的な風貌とセクシーな服装が特徴的であり、かなりのナルシスト。音楽や劇に例えた物言いを好む。また、尻尾が生えている。
黒魔道士と呼ばれる自律型ロボット兵の製造や大国の女王の煽動によって世界に戦乱をばら撒いており、作中の様々な禍根の原因となっている。
その正体は星の管理者によって作られた「ジェノム」と呼ばれる人造人間であり、同じく「ジェノム」である主人公ジタンより先に生み出された「兄」。
本来は自我を持たない筈の存在だが、彼の場合はバグによって感情を得ており、故に自身が道具ではなく心を持つ人間であると証明しようと足掻いている。
世界に害をなした加害者でありながら、自身の背負った悲しい宿命に翻弄されたある意味の被害者でもあり、派生作品であるディシディアファイナルファンタジー等ではその側面が強調されている。

担当声優は主人公の一人でもあるイスカル、スターオーシャンからのゲストであるアシュトンも担当する石田 彰氏。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル