紅蓮の魔導師(ST)
基本情報
名前 紅蓮の魔導師
種族 魔種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 50
<タイプ> 魔人
タイプ 聖剣伝説3
HP 500
ATK 60
DEF 90
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 北沢 力

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 魂の代償
攻撃力が上がる。
ただし、自身の最大HPが下がる。
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]
ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 60/90
覚醒 550 80/110
超覚醒 500 260/190〔アビリティ発動時〕
180/190〔シュータースタイル時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0

考察
50コストの高火力マジシャン。アビリティで最大HPが下がる(-100)が、最終的にATK260まで到達する。
海種のシェラハに比べると、超覚醒時の耐久力と移動速度で劣るが、召喚~覚醒時点のスペックと混色の容易さで勝る。
魔種としては荒らしのアンカー、終盤まで活躍する主力マジシャンとして手頃であり優秀。
マジシャンの常だがこのカードは特に大型アタッカーが脅威となるので、敵のジョブ構成はよく見て扱おう。
耐久力のなさから削られて気づいてからでは遅い。同コスト以上のアタッカーには護衛と行動していない限り寄らない方針が良い。

尤も弱っているのはHPだけなので、できれば相手のステータスを確認することで渡り合えるかどうか判断したいところ。
「自分が狙われない」状況ならアタッカーにも近づいて良い状況は多く、味方のディフェンダーがスマッシュしている時などは、
アタッカー相手にも近づいて援護射撃で有効な打点を入れる事ができる。味方との連携が肝要。
シュータースタイルでもアビリティによる上乗せからATK180を出せる。これは素ATK360でなければ出せない高打点なので活用していこう。

Ver3.511 [2017.03.07~]にて、「魂の代償」の攻撃力上昇値が、+90から+100へと上方修正された。

キャラクター説明
コラボレーション〔聖剣伝説3〕より参戦。
聖剣伝説3に登場する重要な敵キャラクター。ドラゴンズホールの竜帝勢力で黒耀の騎士とコンビ。
主人公がデュラン・アンジェラの時に戦う勢力となるが、それ以外の場合、敗北勢力となり
マナの聖域内で他勢力によりあっさり殺されてしまう。
魔導師の名の通り、魔法攻撃を連発しパーティを苦しめる。カウンタマジックはやめてさしあげろ。
ストーリーでは、魔法王国アルテナを裏から操り、領内に土のマナストーンを持つ草原の国フォルセナを攻撃する。
その際、デュランは初めての敗北を喫し、国を襲った紅い魔導師を倒す事を誓う。
アンジェラと幼馴染であり、もともとは落ちこぼれの魔法使いであった。
魔法がどうしても扱えない事に絶望し、逃げるように出国したその旅の途中、竜帝の死体と契約し
命の半分を捧げた代償に闇の魔力を手に入れ、強大な魔導師となった。魂の代償の元ネタはおそらくここ。
パーティに負けると、闇の魔力をもってしても完全になれない自分に絶望し、自身に魔法を放ち自殺する。
アンジェラがいると生きるよう説得した彼女に礼をいうが、その際彼本来の性格が少し垣間見れる。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル