アシュトン(ST)
基本情報
名前 アシュトン
種族 魔種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 40
<タイプ> 紋章剣
タイプ スターオーシャン2
HP 450
ATK 50
DEF 50
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 石田 彰

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 トライブアップW
自身と同じ種族の自使い魔が多いほど、自身の攻撃力と防御力が上がる。
アーツ ドラゴンブレス
範囲内にいるターゲット中敵ユニット1体に100ダメージを与える。
さらに、一定時間HPを徐々に減らす。(持続ダメージは計100)
消費マナ 30
効果時間 なし
wait時間 ?秒
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 50/50
覚醒 500 70/70
超覚醒 550 0体:140/140(基礎値)
1体:160/160 (+20/+20)
2体:180/180 (+20/+20)
3体:190/190 (+10/+10)
4体:200/200 (+10/+10)
5体 210/210 (+10/+10)
6体 220/220 (+10/+10)
7体 230/230 (+10/+10)

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2

考察
魔種単デッキ向けの40コストアタッカー。
召還スペックは50/50と他の40コスト魔種アタッカーと比較しても非常に頼りないが、超覚醒することで種族版タイプアップとも言えるアビリティ「トライブアップW」が発動する。魔種得意の4枚展開からの直出しでも200/200まで上がり、降魔込みで最大230/230とコスト40としてはハイスペックになる。
さらに「単体への波動砲」とも言えるダメージアーツを持つ。

根元を場に出してないと弱小スペックであり、タイプデッキと似たような弱点を持つ代わりにコストパフォーマンスは良いと言う趣を持つ。
エラッタにより周囲に使い魔が居なくても能力が上がる様になったので、単独で荒らしに行けるようになった。
勿論、根元が落とされていくと弱くなるのは変わっていない。特に2体を切り出したらかなり貧弱なるので注意が必要。
エラッタによって制約が緩くなったものの、他の魔種40コストと比較するとやや狙いが分かり辛いカードであることは否めない。

割り切って荒らしに行く40コストらしくないかもしれないが、あえて完成系に組み込む手もある。
パーティ補強要員としては120マナ投資でフル強化で230/230と十分戦える部類であり、アーツもこちらの使い方の方が打っていく機会は多いだろう。

キャラクター説明
コラボレーション〔STAR OCEAN Second Evolution〕より参戦。
フルネームはアシュトン・アンカースで背中の二匹の竜は原作において彼が仲間になるイベントの際に背中にとり憑いてしまったもので、これを祓う方法を探すために彼は主人公達に同行することとなる。
lov3においてはなんとも微妙な能力になってしまったが、原作においても装備が微妙なうえに彼と二者択一となる仲間が優秀なせいでプレイヤーによっては何周しても彼が仲間に入らないといったこともある。
こんなところで微妙に原作再現(?)されてしまうこととなった。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル