エキドナ(C)
基本情報
名前 エキドナ
種族 海種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 40
<タイプ> 魔人
タイプ オリンポス
HP 450
ATK 65
DEF 65
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 大島 由莉子

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ATKウィークⅢ
自身が攻撃した敵ユニットの攻撃力を、一定時間大幅に下げる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 65/65
覚醒 500 85/85
超覚醒 550 155/155

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
スターターパックに同梱されているカード。
スターターに入っている中では、タイプを集めなければならないペルセウスよりも、自己完結しているこちらのほうが初めは使いやすい。
ATKウィークの性能はATK-40と大きめで有用だが、超覚醒マジシャンの出発点としてそれ以外の特徴を持たない。

主力までの繋ぎに使うと相手ユニットからのダメージは抑えられるが、追い返すパワーが不足するので、防衛の役目をエキドナだけに頼るのは難しい。
完成後の戦闘をサポートするウィーク役の選択肢の内の一つになり、準備のタイミングに融通が効く事と滅多に一撃死しないのが利点になる。
自ユニットの性能を直接上げるサポートと比べシューター・スプレッドの活用と先手を取る注意が必要だが、妨害性は高い。

コスト40のマジシャンというポジションは、アタッカー荒らしが流行りやすいゲームの性質上、デッキ採用はされにくい。
同コストにはマニカやアイギスEXOのような、デメリット付きだが高火力という癖のある使い魔がおり、
ジョブの不利な点を火力とプレイングで補う彼女らに出番を食われがち。
同じATKウィークでも精霊獣とシナジーのあるマカラや、攻撃を受ける前提だが-50も下げるカウンターウィークAを持つテティスなどの
相手が荒らし・主力を育成するより早く、ATKウィークによる荒らしを仕掛けるといった使い魔の存在もある。

シヴァなどのATKウィーク持ちと組んだATKウィーク盛り盛りデッキなるものも存在するが
防衛力の低いアタッカー・マジシャン軍団なので、完成に苦労しやすい。

キャラクター説明
ギリシャ神話に登場する、上半身は美女で下半身は蛇の怪物。
また”怪物の母”と有名で、夫テュポーンやオルトロス、ヘラクレスとのあいだにたくさんの怪物の子をもうけている。

LoV2ではストーリーの敵キャラとして登場していた。
今作ではアルスのパートナー使い魔という位置付けだが、実際ストーリーモードではアルスのパートナー使い魔はマニカになっている。
アルスかヴォルフが主人公になったとき、アルスのポジションに入るアンジェラが
元々アルスとヴォルフの仲間であったマニカを使役するということに設定上の違和感が生じるため、マニカの代役としてエキドナが入ったという扱い。
ちなみにストーリーモードに登場するマニカのカード性能はエキドナと全く同じ。

アルスの使い魔に関するチャットボイスはもちろんマニカだらけだが、
MPチャットのパートナー使い魔へ向けたチャットボイスではちゃんとエキドナ宛になっている。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル