クジンシー(ST)
基本情報
名前 クジンシー
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 30
<タイプ> 七英雄
タイプ ロマンシング サ・ガ2
HP 400
ATK 30
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 杉田 智和

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ソウルスティール
自身が敵ユニットを攻撃するたびに、自身のHPが回復する。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 30/40
覚醒 450 50/60
超覚醒 500 110/120

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.1

考察
30コストマジシャン。枠を争うのはサマエル、ガルファスといった面々。
召喚スペックは並みだが超覚醒してもまったく能力が上がらないため同コスト以上への戦闘力はかなり低い。
しかしアビリティ"ソウルスティール"で攻撃した敵からHPを吸収するため、荒らしに使うとなると話は変わってくる。

回復量は割合高く、4,5体以上へスプレッドし続ければ最速段階ではほぼHPを維持できる。
このため相手はアタッカーもしくはそれなりの大きさのユニットでの対処を余儀なくされ、オールヒールを強要しやすい。
アタッカーでも最低保証値ならばスプレッドでの回復が上回るので、主力以外では対処できないと言ってもいいだろう。
無論、ソエルやムー相手にはまったく歯が立たず帰還もきわどすぎる。相手を見て出さなければならないユニット。

そもそもマジシャン荒らし自体が対面の手札の切り方を読み切れないと効果を発揮しづらいが、
このカードは特にその傾向が強く、□△構成へのピンポイントカードといったところ。
ハマれば強いが、ハマらないときに突っ張ると戦犯になるので良く考えて使おう。
後半サマエルやガルファス以上に仕事の無くなり具合がひどいのはご愛嬌か。

キャラクター説明
コラボレーション〔ロマンシング サ・ガ2〕より参戦。
七英雄のうちの一人であるが、ボクオーンの「ずるがしこい」、ダンターグの「暴れ者」といった本人の特徴による呼称では無く、
「嫌われ者」という第三者からの評価があだ名として定着していた。追放した古代人どころか、仲間の七英雄からも嫌われている。
クジンシーはボクオーンやダンターグ同様に古代人への復讐には興味が無いが、「世界征服」などと言う小学生レベルの野望を抱いている。

原作ゲーム中でのソウルスティールは、0になるとキャラが消滅するパラメータ「LP(ライフポイント)」を問答無用で全部奪い去るトンデモ技。要は当たったら死ぬ。
ただ、イベントで技の回避をする見切りのチュートリアルが発生するので問題は無い。
このソウルスティールこそ、原作主人公であるジェラールから要らぬ恨みを買い、帝国歴代皇帝達と七英雄との対立を生む、物語の発端となる技なのだ。
そして七英雄は目的を果たす事なく帝国に敗れ、全滅した。結果論ではあるが、クジンシーは他の6人の足を引っ張った事になる。
これでは嫌われ者と言われても仕方が無い。

LoV2ではソウルスティールの効果とはかけ離れた移動速度低下の効果で、とても微妙なカードだった。
しかしLoV2末期に上方修正を受けてから、なんと七英雄の中で最高の使用率に返り咲いた。
イラストでは初めてバレンヌ帝国と戦った際の第一形態の姿をしている。

声質からルビカンテの中の人と勘違いしやすいが、杉田氏が彼を意識して演技したものとのこと、要はモノマネ。
名前の由来は、山手線の駅「新宿」の文字をひっくり返したもの。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る