• 40コスト以下の自ユニットの召喚コストを5コスト下げる
    -- (都市) 2015-12-19 00:41:53

  • ◆◆◆の月●■日

    今日も『13の鍵』探しだ。今日は、面白いうわさを聞いた。なんでも、あの“国産みの神”と“黄泉の主宰神”の子供とかゆーのが、ここらの海にいるって話だ。てか、バンくんの話だ。だからだいぶしんよーできない感じなんだけど、もしかして、ってこともあるし、かわいそーだし、しょーがないから、ちょっとだけ調べてみよーと思う。
    まぁ、もし本当だったら、とーちゃんかーちゃんどっちもすげーし、きっとでっかくて、とんでもねーパワーを秘めているんだろーな。ちょっと、期待してみたりして…。


    * * * *


    空にぽわんと紋様が現れ、その中からポーとヴィンクスがピョコリと顔を覗かせました。

    ポーの目の前に広がるのは、何もない穏やかな海。

    「あり? 座標はここらへんであってるはずなんだけどなー。それっぽいヤツいないじゃーん」

    ポーは、キョロキョロと辺りを見回しますが、やはり何もありません。間違えたかな? と、ポーがぶつくさ言いながら帰ろうとしたその時です。

    「あの…」

    不意に下の方から声がして、ポーは驚いて真下を見下ろしました。そこには、縄のようなものに巻かれた、小さな小さな少女が、水面にぷかぷかと浮いているではありませんか。

    「うおー、ビックリだ! なんつーところにいるんだ、このチビっ子は!」

    少女はじぃっとポーのことを見つめていたかと思うと、おずおずとポーに尋ねました。

    「あなたは… わたしの…ととさまですか…?」
    「……は? いや… あたいは… ととさまじゃないよ。てゆーか、どー見たって、あたいは女子だろ…」

    少女は目をぱちくりさせると、また尋ねました。

    「じゃあ、あなたは…かかさまですか…?」
    「じゃあ、ってなんでだよ。この若さあふれるあたいが子持ちに見えるのか? なんか、びみょーに傷つくな… とにかく、ととさまでもかかさまでもないよ」

    すると少女は、悲しそうな目で言いました。

    「そうですか… それはとても…残念です…」

    そう言うと、少女はこつ然と姿を消し―――そうになったので、ポーは慌てて少女の縄をつかんで尋ねました。

    「あーまてまて。この辺にさ、ちょー大物の神さまの子供がいるはずなんだけど、チビっ子、あんたそんなやつ知らない?」

    少女は姿を消すのを止めて、何かを考えるようなそぶりを見せましたが、目をぱちくりとさせたまま、ポーの問いかけには答えませんでした。

    ポーは頭をポリポリとかくと、「うーんチビッ子にわかるよーに説明してやるかー」とヴィンクスの型に飛び乗りました。

    「えーとなー、そいつは国とか産んじゃうすんごい神と、あの世を支配してるすんごい女神の子供なんだ。あたいの見立てじゃ、きっとすーんごい大きくて、すーんごく強そうなやつなんだ。なんかごわ~~って火を吐いたり、ぼへ~~って水出したりする、そんな感じなー。なんでそんな子を探してるかっつーと、そいつは『13の鍵』の候補なんだよ。『かぎ』、わかるか? ドアとか開けるやつな。あたいたち的には、そいつは光…う~ん、こう、正義っぽいやつでな、それがいろいろあって悪~い感じ…でもないか、んー言ってみると結構むずかしいな… ま、まー、お子ちゃまにはそんなこと言ってもわかんないか――って、いないし!!!」

    ポーがふと足元を見やった時には、すでにその姿はなく、はるか遠くの波間に、ぷかりぷかり、ふわりゆらり、少女は流されておりました。


    * * * *


    ――ほらな、やっぱバンくんの話はしんよーならねー、って話だ。まったく、ほんとに、ちょーぜつ期待してなかったが、そんした気持ちでいっぱいだ。はぁ~、いたらきっと、どえらいはいぱーで、ヴィンクスの次の次くらいにかっこいー奴だったんだろーなー……お? ヒルコはいづこ? なんちって。


    ――ある日の『ポーのスカウト日誌』より
    身長
    神縄入れると少し大きいですよ
    体重
    浮いているので…
    最高速度
    流れの速さ次第
    まとっているもの
    気付いたら巻かれていた神縄
    神縄の機能
    物を持ったり、歩いたり
    神縄の中
    秘密がいっぱい
    -- (名無しさん) 2016-07-17 00:47:17