緊那羅王(C)
基本情報
名前 緊那羅王
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 30
<タイプ> 舞神
タイプ 仏神
HP 400
ATK 40
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 北沢 力
トランス

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ダメージカット
自身が受けるダメージを一定量減らす。
-
トランス 超覚醒時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/30
覚醒 450 60/50
超覚醒 500 120/110〔トランス前〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.3
Ver3.3
画像
身長 三[丈] 幼き頃の私は不幸だった。戦で親を失い、家を失い、寄る辺を失い、飢えを凌ぐのもままならぬ日々を送っていた。
あの日、十日も飯にありつけなかった私はとうとう倒れた。
そして、目を閉じ、野垂れ死ぬのを静かに待っていた。
不幸な人生だった…と嘆いていると、優しき声が聞こえた。
「…生の歓び知らぬまま、死して成仏したりても、愉しむ術を知らぬなら、極楽浄土も地獄も同じ…」
力なく目を開いた私が見たものは、黄金に輝く仏様だった。
「小童よ、今が如何に苦しかろうと、精一杯の生を全うできねば、汝が魂は救われん。…イヨォッ!」
ポポン。仏様が一つ鼓を叩くと、私の腹は満たされた。
「人が生きるは飯食うためのみに非ず。汝が魂は、生を楽しむほどに仏へと近づかん。…イヨォッ!」
ポポン。仏様が二つ鼓を叩くと、体に気力が満ちてきた。
「さあ仕上げだ、小童よ… イヨォ~ イヨォ~ッ!!!」
ポポンポポポンポンポポポン。ポポポのポンでポポンポン!
仏様が奏でる軽やかな鼓の調べにつられ、私の体は自然に動き出し、夢中で踊り続ける間に暗い夜は明けていた。
朝日照らす中、疲れ果てて眠りに落ちる間際に見えたのは、満足そうな笑みを浮かべて去っていく、仏様の姿であった。
――歴史に埋もれし猿楽の開祖の自叙伝より
体重 二百五十[貫]
最高速度 一秒に四十叩き
好き 笑顔
探索 毘沙門天
目的 仏頂面を笑わせる
イラストレーター 高村 英彰

考察
トランス持ちの30コストアタッカー。ATK寄りだがトランスできる分素ステは低め。
超覚醒アビリティはジズと同じでダメージ一律5減少。敵根元からの最低保障が減るのは良いが前線に立つユニットに対してはほぼ無意味。
同じ耐久型アビリティのトランス30コストとして、ジョブ状況を見つつブリュンヒルデと選択する形になるか。
また、付与する側に回るなら天草等が有力。メルトの自壊ダメージも帳消し出来る為特に相性が良い。

キャラクター説明
インド神話に登場する音楽の神。ヒンドゥー教はもちろんの事、仏教にも取り入れられている。
歌舞伎を思わせるセリフ回しは中々に格好いいが、いちいちバックで鳴る鼓の音が入るためかかなりシュール。\ポンポンポンポンポン/
トランス時の演出と鼓の音のタイミングは狙ってるとしか言い様がない。\ポン!!/

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: