ブラックライダー(C)
基本情報
名前 ブラックライダー
種族 魔種
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 凶禍
タイプ フォーホースメン
HP 400
ATK 30
DEF 50
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 古島 清孝

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ワンタイプアップA
戦場に自身と同じ〈タイプ〉の自ユニットが1体でもいると、自身の攻撃力が上がる。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 30/50
覚醒 450 50/70
超覚醒 500 110/130〔通常時〕
180/130〔凶禍が1体以上いるとき〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.5 DS

考察
魔種では貴重なディフェンダー。
かつてはトラA持ちのサポート専門の20□であったが、30コストへの変更とタイプデッキ向け大幅なエラッタが加えられほぼ別物と言える性能になった。
「自分以外のタイプ<凶禍>ユニットが1体でも存在するとATKが大幅に上昇する」というアビリティを持ち、条件さえ満たせばATK180という十分すぎる値を出すことが出来る。
DEFは130と低めなものの、高打点を活かした敵荒らしに対する防衛能力はピカイチ。ガーディアンの出来るタイプデッキ版ブラフマーと考えれば良い。
加えてタイプサポートである程度盛ることも可能なので、やろうと思えば荒らし要員として使うことも出来なくはない。その際にはフルフルのアーツで速度とステータスを強化しながら使うのも悪くはないだろう。
重いカードの多い<凶禍>デッキの展開を助ける壁役を担ってくれる。
また、1体でもタイプ<凶禍>のユニットがいればアビリティが発動するので、<凶禍>ユニットを混ぜて魔種単に防衛用の□を組み込むといった使い方も可能。
10コストのアジ・ダハーカが魔種かつ<凶禍>ユニットであり、さらにはタイプサポートAを持つため揃って出張させるのに相性が良い。

ただしステータスは高いとはいえ30コスト。スロウの弱さと体力の低さは無視できない。
序盤から中盤のタワー要員としての運用が基本となるだろう。

キャラクター説明
新約聖書「ヨハネの黙示録」において、巻物の所持者として選ばれた小羊が解放した四騎士の三人目。
黒い馬に乗り秤を持つ。
この後「小麦は1コイニクスで1デナリオン。
大麦は3コイニクスで1デナリオン。オリーブ油とぶどう酒を損なうな。」という声が聞こえてくる。


関連カード
フォーホースメン
魔種 第一騎士・ホワイトライダー
魔種 第二騎士・レッドライダー
不死 第四騎士・ペイルライダー


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい