ハートの女王(SR)
基本情報
名前 ハートの女王
種族 魔種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 40
<タイプ> 霊王
タイプ テイルズ
HP 450
ATK 60
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 大原 さやか

アビリティ
召喚 なし
覚醒 タワーアップW
周囲にマナタワーがあると、攻撃力と防御力が上がる。
超覚醒 リターンウィーク
自身が攻撃した敵ユニットの、ゲートへの帰還速度とマナタワーへの駐留速度を、一定時間延長する。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 60/40
覚醒 500 80/60〔通常時〕
140/120〔アビリティ発動時〕
超覚醒 550 150/130〔通常時〕
210/190〔アビリティ発動時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.1
+ Ver3.2

考察
魔種に薄かった40コストのマジシャン。
超覚醒で攻撃を当てた敵のタワー/ゲートへの帰還時間を延ばすアビリティ、リターンウィークを得る。
この効果がかかると帰還に約1.5倍以上の時間がかかるようになり、攻撃を当ててから相手が帰還しようとするとさらに2発は入る程度に。

強力なアビリティに対して抑え気味なステータスがネックであったが、12月24日の旧カード一斉エラッタの際にステータスの調整と覚醒アビリティにタワーアップWが追加。
タワー上では210/190と中々の高ステータスになり、よりタワー戦に強い使い魔となった。
ただし、アビリティ追加に合わせてか基礎ステータスは前より下げられているので、タワー以外での戦いにはかなり厳しい物がある。
使う価値があるかはリターンウィークを生かせるかどうかにかかっていると言える。

タワー戦で有力アタッカーが出てこない場合、ラース・ジャイアントや完成したての巴御前などの低DEFディフェンダーを逃さず倒せるのは大きい。
マナクリの確殺性や追い込んだ敵への強さは眼を見張るものがある。

少し待てば汎用的で高ATKな紅蓮道満、ほぼ同等のコストで高火力を出せるが呼べることを見ても、採用前に少し考えなければならない一枚。
同コストにバフォメット茨木童子という強力なライバルも存在する。
特に中盤以降の力不足と、タワー戦以外の貧弱さをどう解消するかは問題となる。
敵を逃さない性質はパワーライズや軍団戦で明らかな有利に立てた場合に機能するが、この辺りが構築や動きのキーとなるか。

キャラクター説明
「不思議の国のアリス」に登場する悪役。原作やディズニー映画では肥満体の中年女性の風貌で描かれている。
トランプの国を支配する非常にヒステリックかつ凶暴な王女。気に食わない存在を次々に斬首刑に処し、さらには意味不明かつ不可解な法律を次々と考案し自身の国で圧政を敷いていた。
アリス(とダクアリとレッドクイーン)がハリネズミを連れ片手にクリケットのラケットを持っているのも、彼女が主催する意味不明なルールのクリケット大会から来ている。

LoVにおいてもヒステリックで斬首好きである事に差異はないが、体型は肥満でも頭でっかちでもなくロリ普通の体型である。
元ネタ的に見ればアリダリと敵対していてもおかしくないのだが、フレーバーテキストを見る限り(利害が一致したからと言う理由があるものの)二人に協力してくれている模様。
前作のフレーバーストーリーでアリス達をレッドクイーンの魔手から退ける事ができたのも彼女のおかげらしい。
浅野ディレクターのツイッターによると大原さやか氏。他にはフィーナアルビダも演じている。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい