ミクトランテクートリ(C)
基本情報
名前 ミクトランテクートリ
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 60
<タイプ> 黒冥神
タイプ アストラン
HP 550
ATK 100
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 サクリレンジW
攻撃力と防御力が上がる。ただし、射程距離が短くなる。
超覚醒 デッドリカバリー
自身が死滅したとき、自身の召喚・覚醒・超覚醒コストが下がる。ただし、復活時間が延びる。この効果は最初の死滅の時にしか適用されない。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 550 90/80
覚醒 600 160/150
超覚醒 650 230/220

最近修正されたバージョン Ver.3.200

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.1
Ver3.1
画像
全長 35[meter] よくきた、死者の国ミクトランへ。
オマエの死と、オマエの来訪に歓迎しよう。
この国の民となったオマエには、良き魂を手に入れ、死の国の
戦士として生まれ変わるための、二つの道がある。
ひとつは、ワシの元で、強靭な魂を手に入れる道、もう
ひとつは、ワシの妻の元で、白く純粋な魂を手に入れる道だ。
ワシの元では、強き魂を望む者同士で切磋琢磨し、
お互いを磨き合い、鍛え上げ、他者との触れあいの中で、
強靭た魂を作り上げてゆく。
妻の元では……狂おしい程に他者を愛する心や、喜びを欲する心
を植え付けられる。それを他者に奪われ、裏切られ、妬まれ、
決して手に入らず、永遠に満たされない他者との関係を4年
千人分繰り返し味わわされるのだ。これにより、誰にも期待
せず、何も求めることのない、只々まっ白な魂が作られてゆく。
強制ではない。心のまま、好きな道を選べーーさぁ、選択を。
重量 69[t]
生息域 ミクトラン
シワトル
居住 窓のない家
仕事 冥府の力による統治
イラストレーター 村山 竜大
+Ver3.2
Ver3.2
画像
全長 35[meter] あらゆる攻撃に耐え、あらゆるものを破壊する。
どのような敵を 前にしても、決して後れをとらず挑む
強靭な魂と肉体の持ち主。それこそがワシの育てる最強の戦士だ。
オマエの下で育つ戦士は確かに便利な駒となろうが、
少しばかりひ弱過ぎるのではないか?
いくら情動を消そうと、死の恐怖には逆らえぬ。
敵前逃亡でもされてはかなわんからな。
それにその境地に至る過程、4年千回の精神的苦痛など…
下手な拷問よりもよほど残酷ではあるまいか。
…そうか。
どこまでいっても平行線。やはりオマエとは話が合わぬな。
まったくもって理解できぬよ。
まぁよい。今日はここらで切り上げて帰るとしよう。
なにやらオマエの体調も優れぬように見える。わかるとも。
長年連れ添った妻のことであるからな。どぅれ、我が背に乗るがよい。
大丈夫だしっかり鍛えてあるからの。
――第31546回ミクトラン定例会議より
重量 69[t]
生息域 ミクトラン
シワトル
育成方針 強靭な戦士 強靭な肉体を持つ戦士
理解できぬもの
イラストレーター タナカケルビン

考察
マジシャンの高コストコモン。
ステータスそのものについてはATK寄せなこと以外に特筆すべき点が無い。
それを代償に得ている超覚醒アビリティが、自身が死滅した後、召喚・覚醒・超覚醒コストを10にするという特異なもの。
一人で使い魔転生をやっているようなもので、強力と言えばすこぶる強力ではある。
ただそれをどう活かすかが難しく、例えば鉄砲玉のように死滅させまくる運用をしてしまうと、
ひたすら敵にポイントを与えて自分の順位を落とすだけになってしまうので、扱いのバランスが難しい。

注意したいのは超覚醒アビリティなので召喚・覚醒時に死滅させても無意味なことと、復活時間は短くならないので主武器やベドラムを使う必要があること。
復活時間をコントロールできていれば、ある意味死滅がリターンになっているようなものなので、フットワークの軽さに繋がる。

どこまでHPが減ろうが一切の躊躇なくATK200スプレッドを出来ると言えば聞こえは良いが、それには事前の計算が必要不可欠。
少なくともすぐに死滅させられてしまうアタッカーは避けないと、一発か二発の魔法弾を撃っただけで死滅してしまうので復活させるだけ無駄。
有力なアタッカーを持たない敵軍勢に積極的に絡みに行き、複数回攻撃し合って相手に無駄な時間と体力を消耗させれば、それなりに嫌らしい動きにはなる。
それと同時に妨害や防衛を狙えばスーパークリティカルでの撃破や各種ポイントが入ってくるので、大赤字にはならずに済むはず。

軍勢に混じって動く場合はいわゆる先駆け殿になれるが、ステータスも足止め力も無いので、ほとんどは蒸発するだけで終わってしまう。
ただ小型ユニットも引き連れた状態で決戦が行われる事も少なくないので、そういう場合は駆けつけて頭数を減らしてあげると良い。
インデックスや朱雀なら高い確率で落とせる上に、もしタイプやアリダリの下部がいれば、それを減らすという非常に重要な役割を果たせる。
パワーライズで少しでも暴れるという発想も悪くないが、テクートリの為に無理にUSを変えてしまうのは幾らなんでも本末転倒。

タワー等からの奇襲によって事故死しても、普通に中コスト使い魔を失うのとは段違いの損失で済むのは、消極的だが利点。
ただ相手にとってテクートリはそこまで必死に倒すような使い魔ではないし、仕事を残してあっさり死滅してしまうと損なことに変わりは無い。

キャラクター説明
アステカ神話に登場する冥府ミクトランを支配する神。シワトルは妻にあたる。
歯をむき出しにし血を流した恐ろしい姿をしており、非常にずる賢いと言い伝えられている。歯をむき出しにしているのはLoVでも再現されている。
人類を再生させようとするケツァルコトル兄弟に冥界の骨を盗まれた際、テクートリとシワトル夫妻は二人を追い回して骨を取り返そうとした。
その際に骨は折れてしまい、結果として生まれてくる人々は背格好と肌の色がバラバラになった(人種が生まれた)とされている。

フレーバーテキストは妻と対になっており、妻と同様に自身の領域は良い所だけ説明をする一方で、妻の領域は細かいところまでしっかり説明としている。
領域に到達した死者が両者からの説明を聞けているのかは不明だが、どちらにせよ彼らの領域に入ってしまった時点で碌な眼にあわないことは確定しているといえる。

フレーバーやプロフィールを見る限り妻とは考え方で対立しているが、疲れた妻をおぶさったりなど夫婦間の仲は悪くない。というか仕事以外ならかなり仲良し。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 実装当時は「動作確認以外のテストプレイを一切せずに実装されたのでは?」とまで言われたカード。
    デッドアップ付けるなり「撃破されたとき相手に与えるポイントを召喚時相当にする」なり工夫はいくらでも出来るだろうにヒキュウ見る限り存在自体を開発から忘れられてそう。 -- (名無しさん) 2016-06-22 23:15:34
  • エラッタ来たぞ!サクリレンジで射程は犠牲になるがデッドリカバリーのお陰で大体に攻めれる!

    …と思わせといて頼みの綱のデッドリカバリーも一緒に糞エラッタされた所為で産廃コースまっしぐらだが← -- (名無しさん) 2016-08-25 21:00:13
  • 一度のみの復活←撃破献上されまくられても困るしステも上がるしまぁ百歩譲る
    復活時間延長←は? -- (名無しさん) 2016-08-25 23:37:20
  • き、きっと270/270ぐらいになるから… -- (名無しさん) 2016-08-26 03:47:46
  • 開発…レンジを下げられたカードで今まで使われた奴がいたかよ。
    海坊主…ヤマトタケル…太山… -- (名無しさん) 2016-08-26 09:55:52
  • 90/80
    160/150(40ずつ上昇)
    230/220
    覚醒時点でそこそこ+復活長いのでセポネ辺りからそのまま荒らせばいいのかね
    サクリレンジ自体がタワー戦きついけど、捨て投げだからね -- (名無しさん) 2016-09-14 16:24:49
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る