イシュタム(C)
基本情報
名前 イシュタム
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 40
<タイプ> 黒冥神
タイプ マヤナワール
HP 450
ATK 60
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 佐倉綾音

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 デッドレゾナンスW
戦場に自身と同じ種族、かつ、召喚コストが一定以上の自使い魔がいると、自身の攻撃力と防御力が上がる。
ただし、条件を満たす自使い魔が死滅すると、自身も死滅する。
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 60/40
覚醒 500 80/60
超覚醒 550 150/130〔通常時〕
240/220〔アビリティ発動時〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.3
+ Ver3.5

考察
40コストディフェンダー。枠としてはゼロ、モルボルなどとの競合。
コスト比スペックは低いが、"デッドレゾナンスW"の上昇値が非常に高く完成スペックは全40コストディフェンダー最高レベル。
相方は同種の20以上なので最低140マナで240/220というアビリティ込みの50コスト並みのスペックとなる。
ただしアビリティの条件を満たす自使い魔が死滅した場合、一緒に死滅するという大きなデメリットもある。
勘違いされやすいが、 イシュタムが落ちても連結している使い魔は死滅しない

戦場にいる同条件の使い魔すべてと連結するため、誰か一体でも死滅すると道連れにされてしまう。
このため20コストと繋げられる事はメリットでもあるが、すぐやられるという点ではデメリットでもある(デスがいてもペルセポネ死滅で死滅)。
場合によっては無駄にペルセポネ等を再召喚しないという立ち回りも重要。
部隊戦では相方が死ぬと両消滅だがイシュタムが落ちてもイシュタムだけなので、なるべく自分が矢面に立つような形で戦うべき。

デメリットはあるが使いようでカバーできる程度であり、高いコストパフォーマンスが魅力になるカード。
ゼロと違って召喚スペックが多少低めで、超覚醒しても連結していないと弱いままなので、初手択にはすこぶる向いていない事は考慮すべき。

Ver3.511 [2017.03.07]で、「デッドレゾナンスW」の攻撃力上昇値、防御力上昇値が+80から+90へ上方修正された。

キャラクター説明
イシュタムとはマヤ神話に登場する首吊りの女神。
首を吊って死んだ者をヤシュチェという宇宙樹の木陰にある楽園に連れて行き、永遠の安息を与える。
フレーバーテキストもそれに準じた内容となっている。
ちなみに首を吊りさえすればどんな身分であろうが年齢であろうが境遇であろうが楽園に連れて行ってくれる非常に平等な神でもある。

CVは佐倉綾音。LoVとコラボしている作品ではWixossや劇場版とある科学の超電磁砲に出演している。
Twin LanceのPV内で、"玲瓏たる女神の声"としてブリュンヒルデやフレイヤらが担当声優とともに紹介されている

関連カード
カードデータリンク
--- --- ---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • アビリティの名前が間違ってます
    -- (名無しさん) 2016-01-25 19:35:09
  • 修正しました -- (名無しさん) 2016-01-25 19:43:45
  • もし、20コスト以上のユニットが陣の生贄になった時はどうなるんですか? -- (名無しさん) 2016-11-22 20:54:04
  • 普通に生き残る、だからエレシュから繋いだとかでアビリティ発動の為に出した後はスティグメイトで保護できる(流石にスティグメイトしたらイシュタムの対象にはならないが -- (名無しさん) 2016-11-22 22:18:37
  • なるほど、対象にはならなくとも20コストの事故死での道連れは防げるわけですか。
    アドバイスありがとうございました。
    -- (名無しさん) 2016-11-25 21:30:16
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る