ノーライフキング(C)
基本情報
名前 ノーライフキング
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 50
<タイプ> 邪神
タイプ レクスエクスマキナ
HP 500
ATK 90
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 吉田 真澄

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ハイガードD
防御力が上がる。さらに、自身がガーディアンスタイルのとき、自身が受けるクリティカルが通常ダメージになる。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 90/80
覚醒 550 110/100
超覚醒 600 190/250

以前修正されたバージョン Ver.3.403
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.3

考察
不死の新たな主力級ディフェンダーパーツ。
召喚素スペックは最良級でイージスよりも良い。ATK90は死を喰らう男らに比べて歴然と勝る。
防衛専で動かしても強いがベドラムとの相性も良く疑似ペルセポネに近い荒らしとして使える。

超覚醒アビリティはDEFを70上昇させた上でガーディアン時にクリティカルを通常ダメージにするというもの。
素DEFの高さとアビリティでの上昇値も相まってガーディアンでのDEF修正値は高く、紅蓮単体程度ではそう簡単に落とせない。
序盤の荒らしが成功していて、相手が対応用にまだ覚醒段階のマジシャンを立てている時などに、超覚醒するまでなら余裕で殴り込んでいけるのは強い。
またディフェンダーマジシャンパーティの天敵となる大型マジシャン相手に、耐久性だけなら五分を取れるのも嬉しい。
地味に見えるがこのアビリティ、クイックドライブとの相性がすこぶる良く、マジシャンから逃げる時にガーディアンで攻撃を受けるテクを使うと、
マジシャンの攻撃ウェイトのおかげで距離が離れていくためにかなり安定して生還する事ができる。

弱点は期待できる数値スペックの低さ。
所詮は190/250なのでアタッカーアンチ力はさして高くなく、部隊戦では相手を選ばないと厳しい。
特に超魔などジョブ的に優位な相手でも普通に数値の暴力で殴り殺されるケースは多々あるので注意。
序盤~中盤にかけては優秀で、終盤はやや陰りがあるがマジシャン相手の生存力は高い、といったカード。

Ver3.511 [2017.03.07]にて、「ハイガードD」の防御力上昇値が+30から+70に上方修正された。

キャラクター説明
直訳すると不死の王。前作ラスボス(の前座)である。大本の元ネタは1998年に出版された「ノーライフキング」という小説のある存在。
転じて、不死の王の名の通りファンタジー作品におけるアンデッドを従える上位存在を指すようになる。ヴァルキリープロファイルのブラムスもそう呼ばれる場面がある。
その正体は前作主人公ニドとリシアの父「アルド・アヴァリシア二世」である。
2の公式ストーリー上ではニドリシアが生まれる前の日の夜、アルド二世はノーライフキングなった自身が主人公を打ち倒した結果、ティアマトが混沌の兵士を率いてアケローンに現れ、アケローン側と混沌側との大戦争が起きる夢を見る。
これはダークアリスが世界を守るために彼に見せた夢で、彼は夢の記憶を持ち帰ると約束して目覚め夢の内容を忘れてしまった。
ただし、悲劇が起きることは理解しており、「教会」にかけあって彼の思考を取り入れた機甲「ドゥクス」が開発された。

その後、各世界のアルカナをひとつに集めて大崩壊の原因を作る。(途中で危険なことに気づきやめようとしたが混沌によって完成させられてしまった。)
大崩壊後彼は死亡するのだが、教会によって死体を繋ぎあわせたサイボーグ兵器「人造の神」として再生させられてしまった。
そしてかつて見た夢とは少し違う、自身の子によって討たれるという最期を経てその生涯を終えた。
…筈だったが、教会に所属するとある男の主導により人造アルカナを搭載した状態で修復され、三度目の望まぬ生を受けることとなる。

2のゲーム中では弱点と属性を変化させながら取り巻きを連れて正攻法の殴り合いをしてくる。
激しい試合になるが弱点順を覚えることで突破が可能だった。
関連カード
カードデータリンク
--- --- ---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル