モルモー (SR)
基本情報
名前 モルモー
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 50
<タイプ> 吸血鬼
タイプ ヴァンパイア
HP 500
ATK 50
DEF 90
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 藤田 咲

アビリティ
召喚 フレンドサポートD
自身が戦場に出ていると間、自ユニットのエンプーサの防御力が上がる。
覚醒 フレンドサポートD
自身が戦場に出ていると間、自ユニットのエンプーサの防御力が上がる。
超覚醒 タイプキルブースト
自ユニットの<吸血姫>が敵ユニットを撃破すると、自ユニットの<吸血姫>全ての攻撃力・防御力・移動速度が一定時間上がる。
以前修正されたバージョン Ver3.304 [2015.06.25] Ver3.511 [2017.03.07]
最近修正されたバージョン Ver3.515 [2017.06.08]

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 50/90
70/90 [エンプーサ(召喚)が戦場にいる時]
100/90[エンプーサ(覚醒以上)が戦場にいる時]
覚醒 550 70/110
90/110 [エンプーサ(召喚)が戦場にいる時]
120/110[エンプーサ(覚醒以上)が戦場にいる時]
超覚醒 600 150/190[通常時]
170/190[エンプーサ(召喚)が戦場にいる時]
200/190[エンプーサ(覚醒以上)が戦場にいる時]
250/240[超覚醒アビリティ発動時]

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.3
+ Ver3.5


考察
不死に新しいタイプのタイプデッキが登場。趣向としては△□版の風雷に似たデッキ。相方は同じく不死のエンプーサ。
召喚ステータスは低ATKなので、相方となるエンプーサか別の荒らし使い魔を初手にする方が戦いやすい。
超覚醒で150/190、エンプーサのサポートがなければコスト50としては最低クラス。

モルモーは、そのアビリティにより召喚時に+20の、覚醒時に+30の防御力上昇をエンプーサに与える。
逆に、エンプーサからは、召喚時+20覚醒時+30の攻撃力上昇サポートを受ける。

吸血姫デッキの本懐は、両方完成させたあとにある。
単純に完成させただけでは200/190△と190/200□だが、敵を撃破することでATKとDEFが+50されたうえに移動速度が上がり、240/240超えの高速□△という非常に強力なツートップができあがる。
単体でもモルモーかエンプーサを超覚醒させて敵を撃破するとステータスが上がるので、その辺りを上手く利用して吸血姫の完成までこぎ着けよう。
もちろんパワーライズとの相性は抜群。終盤の主力合戦でも高コスト相手に引けを取らないだろう。
降魔~背徳の騎士~と組み合わせれば、□△パーティに足りなかった○要素と足回りの悪さを補いつつ、擬似パワーライズによる強化も可能となる。

Ver3.304 [2015.06.25]により、「タイプキルブースト」の効果時間が20秒から30秒に上方修正された。
Ver3.511 [2017.03.07]により「フレンドサポートD(覚醒)」の防御力上昇値が+30に上方修正された。
Ver3.515 [2017.06.08]にて、「タイプキルブースト」の効果時間が30秒から60秒に延長され、移動速度上昇値も上方修正された。

キャラクター説明
モルモーとは、ギリシャ神話に登場する女性の吸血鬼。モルモリュケ、モルモーンとも。
冥界に住む魔術の女神ヘカテーに仕えており、エンプーサと共にヘカテーを守っている。
獰猛で残虐なエンプーサに比べるとこちらは気弱で大人しく、親しみやすい性格らしい。

LoVでの彼女は「キモい」が口癖の内向的な性格。とにかく目につくもの全てにキモいキモいと言う。我々の業界ではご褒美です。
ただ、暴言はあくまで彼女なりのコミュニケーションの取り方らしく、自分の言葉で他者が傷ついていないか心配していると相棒のエンプーサは語っている。
元々はとある村に暮らしていた村娘であり、エンプーサとは人間時代からの友人同士。紆余曲折を経て吸血鬼となりエンプーサ共々ヘカテーに引き取られる。
ちなみにモーションはグリンダのコンパチ。
有名な女性声優(初音ミクの人)、かつ著名な絵師によるデザイン、そしておぱんつ丸見えのゴスロリファッションはLov3の深刻なキャバクラ化を象徴する1枚…かもしれない…。

関連カード
カードデータリンク
---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル