ゲオル・ガラム(C)
基本情報
名前 ゲオル・ガラム
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 60
<タイプ> 黒戦機
タイプ 機甲
HP 550
ATK 100
DEF 100
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 【白】ヘイスト
攻撃間隔を短くする。
【黒】魔魂砲
攻撃力が上がり、射程距離が伸びる。ただし、攻撃間隔が長くなり、ファイタースタイル時にバトルスタイルの変更と、スマシュアタックができなくなる。
CHANGE 超覚醒アビリティの【白】と【黒】を切り替える。
自身が超覚醒していないと使用することができない。
消費マナ 10

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 550 70/90
覚醒 600 90/110
超覚醒【白】 650 200/200
超覚醒【黒】 260/200〔アビリティ込〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.3
Ver3.3
画像
全長 35[meter] 1つ…2つ…一段ずつ階段を上りながら、私は待つ。
…ゲオル・ガラム。生涯をかけて探し求めた存在の来訪を。

ある者曰く、火を吐き雷を纏う墓石の巨獣。
或いは、神を呪いし者どもが巣食う悪魔の教会。
その正体は誰も知らない。わかっているのはただ一つだけ。
それが現れ、残し去るものは死のしじまだけということ。

私は長き探求の果てに、4人の、それと出会い、生き延びた人間を探し出した。彼らは一様に、ゆがんだな笑みを浮かべながら、口を揃えてこう語った。
「大事なのは『数字』 神に魂を奪われる時 神への呪いと共にはっきりとした意志で その数字を集めていれば、それは私達を救いに現れる」
今日は、6月6日。そして、目の前には6人の執行官。
11…12…13、そこで私は足を止め、絞首台を取り囲む偽善者どもを見下ろしながら、確かに聞いた。遠くから近づいてくる、
邪悪な響きの鐘の音を。
そして、暗黒が天を包んだ時、私はゆがんだ笑みを浮かべた…
――或る悪魔崇拝者の回顧録
重量 130万[t]
出没 神出鬼没
正体 誰も知らず
中に巣食うモノ 誰も知らず
大事なもの 4、13、666
イラストレーター のば

考察
Ver3.3で追加された不死のCHANGE持ちのコスト60マジシャンである。
素のステータスは比較的高めだが、超覚醒しても200/200のヘイストなので単純な戦闘力は低め。
しかし黒モードにチェンジすることで、攻撃力が260にまで跳ね上がり射程も伸びる。
攻撃間隔こそ長くなっているが、長射程高火力により驚異的なディフェンダー撃破力を誇る
アタッカーに対してもディフェンダーで守っていれば、安全圏からほぼ一方的に攻撃が可能。
基本的には、超覚醒したらCHANGEして黒モードで運用するのが妥当。
逆に白モードは高速スプレッドにより、石やタワーに群がってくる小型を掃除する際に有用。
しかしDEFは200止まりなので、アタッカーに懐へ入り込まれるとあっけなく落城する可能性が高いので注意。
ちなみにサクリスタイルと異なり駐留中にスタイル変更しても、戦場に出た瞬間強制的にファイタースタイルになる。

Ver.3.305で攻撃間隔延長が若干緩和された。

キャラクター説明
白モードでは下位駆動部がル○バよろしく回転している怪しげな浮遊教会だが、黒モードでは石獣形に変形し、攻撃エフェクトはエネルギー弾のようなものを発射し、大砲のような発射音も鳴る。
コモンのわりに豪勢な仕様である。

関連カード
カードデータリンク
--- --- ---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • ステータス欄の
    召喚と覚醒の数値
    100/100と
    120/120です -- (名無しさん) 2016-11-29 12:19:51
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る