メガイラ(C)
基本情報
名前 メガイラ
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 60
<タイプ> 断罪者
タイプ オリンポス
HP 550
ATK 80
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 村中 知

アビリティ
召喚 マナスロウ
マナ吸収速度が下がる。
覚醒 マナスロウ
マナ吸収速度が下がる。
超覚醒 サクリブレイクW
攻撃力と防御力が上がる。ただし、自身がアルカナストーンを破壊できなくなる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 550 80/80
覚醒 600 110/110
超覚醒 650 240/240〔アビリティ含〕

最近修正されたバージョン Ver.3.304

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.3

考察
マナ溜め速度が遅い上に超覚醒するとアルカナを破壊できなくなる代わりに高いステータスを得られるというある意味とても分かり易い武闘派ユニット。
人獣の源義経と違い自身のマナ吸収速度が下がるだけなのでメガイラを先に立ててもマナ回りにはさほど影響しない。
アルカナ破壊を出来ないので他の事をさせたくなる所だが大型がうろうろしている終盤で一人で敵を壊滅出来るほどのスペックではないので自棄になって敵の集団に突っ込まないようにしたい。
ただ、勘違いされがちだが超覚醒後に出来なくなるのはアルカナ破壊だけでありタワー制圧は普通に出来るので気をつけよう。

超覚醒時には状況を選ばず240/240というハイスペックを得られる。
タイプ系を筆頭に状況を選べばコスト60以下でこの性能を得られるユニットはそこそこ居るが自己完結で状況に関係なくこのステータスを維持できるのは希少。
ただ、なんの因果か同期に不死単であればコスト50で完成し、トランスによってデメリットも無く240/240が可能となるゴグモンドというライバルが存在する。
一応、召還時の打点で勝っており根元をトランスに引っ張られないという利点は有るため採用する価値はあるがメガイラのデメリットアビリティを考えると悩み所。
混色では単品で完結しているメガイラはデッキに入れ易く強力なディフェンダーが欲しい際には有力な候補に挙げられる。

キャラクター説明
メガイラとは、ギリシャ神話に登場する女神。
復讐の三女神エリーニュースのうち一柱であり、3.0で登場したアレクトーも同様である。
LOVにおいては彼女が三姉妹の長女である模様。
イラスト担当はアレクトーのデザインを手がけたRAREENGINE氏。

関連カード
カードデータリンク
--- ---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • ゴグモンドは50コスじゃないんだろ、むしろ60コスだろ -- (名無しさん) 2016-04-16 03:52:52
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る