• 3.4フレーバー
    「ねぇ、ソロモ~ン」
    ――ソ…ソロモ~ンではありません。わたしは王様ですよ。
    「はいはい、それでソロモンさ~。ちょ~っと頼みがあるんだけど~♡」
    ――ですから…まぁいいです。なんでしょーか、第56公爵さん。
    「ちょ~っと“アレ”切らしちゃってさ、お使いに行ってきてくれな~い?」
    ――ふぇ!? お…王様なのにお使いに行くのですか…? ですから、そういうのはご自分で…。
    「はぁ…ねぇソロモン。あなたにとって理想の王様ってな~に?」
    ――それはもちろん、えらくて賢くて、威厳あふれる王様です!
    「そ~よね~。でもその王様って、ちょ~っと時代遅れなのよね~」
    ――じ…時代遅れ…! そうなのですか!?
    「そ~よ~、最近のトレンドは、自ら先頭に立って行動し、みんなを導いて、み~んなに愛される王様。えらそうにふんぞり返ってるだけの王様なんて、きょーびぜんっぜん流行んないんだから♡」
    ――な…なるほど…知恵者の私もそれは知りませんでした…。 第56公爵さんは、いつも物知りですごいです!
    「ウフフ、私もだてに現在・過去・未来の全てを見通す悪魔と呼ばれてないわよ♡」
    ――わたしはまだまだ王様として未熟だったのですね…精進が足りませんでした…。
    「ソロモン…私はね、あなたを妹みたいに大事に思っているの。 だからあなたには強く正しい、イケてる王様になってほしいのよ」
    ――第56公爵さん…そこまで私のことを想って…。うう…王様はなんと果報者なのでしょう…。
    「いいのよ、他ならぬソロモンのことだもの。さぁ、もうここまで言えば、賢いあなたならば次にとるべき行動はわかるでしょう?」
    ――はい! お使いに行ってきます!
    「さすがソロモン、賢いわね♡ あ、ふたコブのやつだからね~♡ フフ、人間の食べ物でもあれは好きなのよね~。それにしてもあの子だ~いぶ仕上がって来たわね♡ じゃ、お皿二つ用意してっと。帰ってきたらた~っぷり褒めてあげよかな♡」

    ~王様 13回目のお使いに向かうにあたっての一幕~
    身長
    あら?踏まれたいの?
    体重
    エハヴ~ 踏んじゃって♡
    序列
    56番目の公爵
    権能
    女性の愛をもたらす
    好きなもの
    ラクダコブプリン
    趣味
    ソロモンいじり
    -- (名無しさん) 2016-03-27 18:58:12