役小角(SR)
基本情報
名前 役小角(えんのおづぬ)
ジョブ アタッカー
召喚コスト 90
<タイプ> 万天術
タイプ 陰陽師
HP 700
ATK 100
DEF 120
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 代永 翼

アビリティ
召喚 鬼神 前鬼
攻撃力が上がる。
さらに、自身が敵ユニットを攻撃したとき、アタッカー属性の追加ダメージを与える。(ATK100相当)
覚醒 鬼神 後鬼
防御力が上がる。
さらに、自身が敵ユニットを攻撃したとき、ディフェンダー属性の追加ダメージを与える。(ATK100相当)
超覚醒 九字護神法
攻撃間隔が短くなる。
さらに、自身が敵ユニットを攻撃したとき、マジシャン属性の追加ダメージを与える。(ATK100相当 攻撃速度+15%)

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 700 140/120〔召喚アビリティ発動時〕
覚醒 750 190/210〔召喚+覚醒アビリティ発動時〕
超覚醒 800 240/260〔召喚+覚醒アビリティ発動時〕

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.5
身長 5.3[尺]
体重 12[貫]
生息域 金剛山
式神① 前鬼 義覚
式神② 後鬼 義玄
イラストレーター 塚本 陽子
フレーバーテキスト
――ほうほう、そなたが晴明か。道満のやつからよくお前の話はきいておったが…

なんとも、かようなおなごであったとはのう。して、この優婆塞めに何用かな?


稀代の天才といわれた陰陽師は、目の前の少年に恭しく頭を下げました。


――理由あって稽古をつけていただきたく、参りました。


「ほう、わしの技を学び、東獄大帝より授かりし“死者蘇生の法”を完全に我がものとしたい――そういうわけかのう?」


飄々と話すその男、見た目は少年ですが、その正体は数百年を生きる呪術の開祖・役小角――全てを見通されていたとしてもなんら不思議ではありませんでした。


問われた陰陽師は重々しく首肯します。


陰陽師がこれまでに試みた死者蘇生の法は全て失敗に終わり、さまよう死霊に不完全な体を与えられる程度――これを自らの力不足と考えた陰陽師は、役小角の元で力を高めようと考えたのでした。


しかし死者蘇生の法は、陰陽術の中でも禁忌中の禁忌。陰陽師は厳しい言葉を覚悟し、なおも頭を下げ続けました。


「よかろうよかろう。一人の山籠り、話し相手が欲しい時もあるでな」


陰陽師の懸念をよそに、小角はそう言って笑いました。



それより始まった修行の日々――小角の笑顔とは裏腹に、その修業は苛烈を極めました。


自身を肉体的、精神的に死の寸前まで追い込み、翌日には更にその一歩先まで進む――修験者・役小角の日常とは、生きながらにして地獄を味わうようなものでした。


そんな日々が一週間、一月、半年と続きましたが、陰陽師はその全てに応えてみせました。


そんなある日のこと、小角は陰陽師に告げました。


「よくぞこれまでわしの修練に耐えてみせた。では、次に言うことが出来れば、わしの技の極意を教えてやろう」


いよいよか――陰陽師は、昂る気持ちを抑え、師の言葉を待ちました。しかし、継いで出たその言葉に、陰陽師は耳を疑いました。


「過去のことは全て忘れ、死者蘇生の実現はあきらめよ」


それは陰陽師が小角と出会ってから初めて聞いた、心が凍りつくほどに低く、冷たい声でした。


今まで自らの内に秘め、何者にも聞かせたことのない願いへと触れられ、陰陽師は動揺すると共に、瞬火の如く頭に血を昇らせました。


――あなたも、死者蘇生は忌むべき力だと言うのか。


唇を震わせて搾り出す陰陽師の言葉に、小角は目を閉じ、穏やかに答えました。


「わしはな、そなたが禁忌を犯そうが、その結果修羅へと落ちようが、その是非を問いただすつもりはない。じゃが、短い間とはいえ弟子となったそなたに、少しばかり忠言をくれてやろうと思ったまでよ」


顔を強張らせつつ、黙して師の真意を読み取ろうとする陰陽師に、小角は再び告げました。


「もう一度言う。死者蘇生は諦めよ。なぜならば、そなたにとってそれは“無駄なこと”であるのじゃから」


無駄――自らの半生をかけてきた想いをその一言にて断じた師に、陰陽師はなんとか抑えていた怒りが再び湧きあがるのを感じました。しかし、小角はそれを目だけで制し続けます。


「――悪路王、という者を知っておるか?」


悪路王――悪鬼羅刹を束ね、人を見ればこれを斬り、村を見ればこれを破壊し、悪逆の限りを尽くすと言われる鬼どもの首魁――都でも話題にのぼらぬ日は無い稀代の大悪党――。


無論知っておりますが、それが――陰陽師は、それがどうしたとばかりに苛立ち滲ませながら答えました。


「彼奴はな、生者でも死者でもない、仮初めの生を与えられて動く“屍人”よ。何奴の仕業かは知らぬが、なんとも業の深いことを考える輩もいたものよの」


一体何の話をしているのか――陰陽師の苛立ちにも関せず、小角は淡々と続けます。


「聞けば、悪路王は陰陽の術を駆使し、人々を惑わすという。屍人の身でありながら易々と術法を使いこなすとなると…彼奴の“元”となった者はよほど陰陽の才覚に溢れておったようじゃな」


そこまで聞いたとき、陰陽師は小角の口から語られようとしている、ある可能性について気付き、全身から血の気が引いていくのを感じました。


小角は構わず、なおも事もなげに語ります。


「先だって、そなたにとって死者蘇生の法は“無駄”だ、と言ったな。是非も無し、魂が現世に留まっておる者の死者蘇生など“不可能”、無駄以外の何物でもあるまいて」


恐れは確信へと変わり、陰陽師はそれ以上の師の言葉に、耳をふさごうとしました。

しかし、師は弟子に対して、愛をもって、最悪の事実を告げました。


「――なぜならば、悪路王として生かされているその器と魂こそが、そなたの兄なのだからの」


そのとき陰陽師は、足元から世界が崩れていくかのような錯覚を覚えたのでした。



~『紅陰陽奇譚』 巻ノ捌~|~|

考察
今Verにて各種族に1枚はある90コスト光物の人獣枠。ジョブはアタッカー。
召喚時に「鬼神 前鬼」にて攻撃力UP+アタッカー属性の追加ダメージ、覚醒時に「鬼神 後鬼」にて防御力UP+ディフェンダー属性の追加ダメージ、超覚醒時に「九字護神法」にてヘイスト+マジシャン属性の追加ダメージが発動する。追加ダメージATK80~100相当(要検証)。

この使い魔の最大の特徴は召喚140/120、 覚醒190/210 、超覚醒240/260という高ステータスが場を選ばず発動するという事。加えてこれに90コストのHP+各ジョブ効果の乗った追加ダメージがつく為、召喚・覚醒時でも同じマナ消費で超覚醒した使い魔と同等以上のスペックをたたき出す。
対面の荒らし役がディフェンダーでない限り、役小角が召喚されさえすればタワー防衛は余裕であり、覚醒すれば他の60~50コスト主力使い魔と同じ感覚で動かすことが可能。
召喚時点で根本はスパクリで一撃、覚醒すればディフェンダーでない限りスパクリでなくとも一撃で落とすという恐ろしい出力により荒らしも充分可能。

さらに、超覚醒してしまえば240/260に三回の追加ダメージにヘイストという化け物が完成する。特にマジシャン降魔はいかに強化されていようが一撃で三分の一近くのHPをごっそり持って行かれるため、下手に近づけなくなる。

追加ダメージのジョブ補正がすべて違うというのが地味に強力。完成形が似たようなアビリティを持つクトゥルフは相手がアタッカーだった場合、追加ダメが通りにくくなってしまうデメリットがあるが、役小角は全てのジョブに対して確定でクリティカルが入る。さらにダッシュアタックのスマッシュ保障値をのせると、ディフェンダーであろうが45の固定追加ダメージとさながら~紅輝の英王~を思わせる性能。普通に殴ってもヘイストによりディフェンダーを上回る攻撃速度で最低でも固定25ダメージを叩き込む。

これらの性能により、70~90相当のディフェンダーでない限りタイマンで敗れることはなく、集団戦でも敵降魔を狙えば相討ちは充分可能という異常な強さを誇る。

難点は、その性能故真っ先に狙われるという事と、最初から最後まで単体にしか攻撃できないこと。神族同コストのSR紅蓮皇帝のように敵集団に突っ込んで大損害を与えるような働きはできない。

90コスト使い魔の中で召喚状態での荒らし性能がダントツで高いことと後から育てても集団戦では性能を発揮しづらいことから、単色で30~50コスト使い魔とデッキを組むよりも、デッド系アビリティを持つ不死20使い魔との混色の適正が高い。
特にデッドコストカットのユダはマナバック効率が良い。
また相手がディフェンダー始動すればユダの対処に手間取り、アタッカー始動すれば役小角自身の対処に苦労すること(実際は2体2であるので分担できればこの限りでない)から荒らし性能のシナジーが高いこともポイントが高い。
さらにユダが仕様として転生分のコストも踏み倒してくれるので役小角が覚醒でも強い性質とマッチし、人気が高い。

キャラクター説明
飛鳥時代から奈良時代にかけて実在した呪術師であり、修験道の開祖。「役行者」「役優婆塞(えんのうばそく)」といった尊称で知られる。
幼少から土で仏像をかたどった、誰にも教わらずに梵字を書き始めたなど類まれな力を有していたとされ、19歳の時、金剛蔵王権現の教えを千日修行を経て受法、悟りを得たとされている。
その後も召喚、覚醒のアビリティ名でもある鬼神、前鬼と後鬼を従えたり、彼の神通力を恐れた朝廷によって流刑された際も流刑先の伊豆大島から富士山まで海を歩いて渡った等多くの逸話が残されている。
日本における霊峰とされる山々の殆どは役小角が開山したとされているなど、現在における日本のスピリチュアリズムの基盤を築いた人物と言えよう。
現在でも近畿地方に点在する寺社を巡礼する役行者信仰の本尊、神変大菩薩として祀られている。


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。

+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
  • ユダが転生コスト下げるとかいうデマ書くなや -- 名無しさん (2016-11-29 20:36:21)
  • デマじゃねぇよホントに下がってたんだよ転醒をな ユダ小角でググれや -- 名無しさん (2016-11-30 01:06:15)
  • 召喚で転生すれば何でも50で最召喚できるわタコ。twitterで有志の方が検証してるから見ろ -- 名無しさん (2016-11-30 02:21:37)
  • 召喚覚醒状態だと転生コストが下がるってことを知らない人って意外と多いんだよな… -- 名無しさん (2016-11-30 04:29:54)
  • てか前回のアプデで対応されたのを検証しただけでしょ。
    なんか見てて恥ずかしいな。 -- 名無しさん (2016-11-30 10:41:34)
  • 今召喚で殺しても50よりかかるから気をつけてね -- 名無しさん (2016-11-30 11:33:12)
  • ごめんなさいをしなきゃいけないのはだれかな? -- 名無しさん (2016-11-30 16:24:38)
  • コメントが荒れるのは容認いたしかねますので煽る行為はお控え下さいね -- 名無しさん (2016-11-30 16:53:40)
  • すいません。とりあえずユダから経由した小角が転醒コスト50で最召喚される、今年の8月の動画と2015年度末の90コストの転醒コストは50/60/70という画像付きの呟きから、ユダで転醒コストをカットするのは誤りだと判断しました。もしかすると他の条件が組み合わされば、50以下で召喚できたのかもしれません。今となっては検証すら出来ませんが、あとは編集者様の裁量に任せます。 -- 名無しさん (2016-11-30 19:43:39)
名前:
コメント: