シャルロッテ(ST)
基本情報
名前 シャルロッテ
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 30
<タイプ> 聖戦士
タイプ グランブルーファンタジー
HP 400
ATK 20
DEF 60
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 名塚 佳織

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 ブルームーン
自身が攻撃した敵ユニットの防御力を一定時間下げる(-40)。
さらに、敵ユニットに与えるダメージが上がる。(ATK90の追加ダメージ[クリティカル判定あり])
アーツ ケーニヒシルト
【フィールド】範囲内にいる自ユニット全ての受けるダメージを一定量(4)減らす。
消費マナ 30
効果時間 自身が死滅するまで
wait時間 自身が死滅するまで

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 20/60
覚醒 450 40/80
超覚醒 500 100/140

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5

考察
各種族1枚はあるグランブルーファンタジーSTの海種枠。グラブル勢唯一の30コスト。ジョブはアタッカー。
覚醒まではアビリティは無く、超覚醒時で「ブルームーン」により自身が攻撃した敵ユニットの防御力を一定時間40下げ、攻撃した敵ユニットに追加ダメージを与える(ATK90相当、クリティカル判定あり)。
さらに、30マナ消費で「ケーニヒシルト」により自ユニット全ての受けるダメージを4減らすフィールドアーツが発動する。
他のグラブルST勢と違い、超覚醒アビリティにアーツのみなので覚醒まではかなり頼りないが、超覚醒するとDEFウィークⅢ並みの減衰効果と追加ダメの乗った攻撃を打てるようになる。海種お得意のウィーク系能力と非常に相性がよく、ヴァルナやリヴァイアサンなどと組み合わせると敵のDEFをだるだるにできる。
さらに「ケーニヒシルト」による効果でダメージカットが発動する為、ウィーク勢の素のステータスの低さを補ってくれる。もちろんこれは海種のみに当てはまる事ではなく、序盤から終盤まで自使い魔に大きな恩恵をもたらしてくれるありがたい使い魔。
しかし、最大の弱点は超覚醒しても100/140というステータスの低さ。プロメテウスでもATK105はある中、30コストでもトップクラスのATKの低さ。上記のアビリティで根本については一撃で瀕死に持っていけるものの、主力にはあまりダメ通りは良くない。かといってDEFが高いわけでもなく、早々に荒らしにいっても敵の50~60コスト使い魔が出てくると、途端に圧力を失う。
他のST30アタッカーにしづねとプラチナという優秀なライバルがいる中彼女を採用するには、彼女の強力なアビリティとアーツを最大限生かせるデッキを考えることが重要。
相方がこちらの動きを把握してウィークを与えた敵ユニットを積極的に狙ってくれるのであれば50,60コストのステータスだとDEFが50前後になるので撃破もしやすくなる。その間に根本を狙っていくと効率よく動くことができる。
ちなみにATK120DEF100の50コストの覚醒ディフェンダーには手数とウィークで打ち勝つことができる。

キャラクター説明
コラボレーション〔グランブルーファンタジー〕より参戦。小柄な身体を持つハーヴィン族の女性であり、リュミエール聖騎士団の騎士団長。
非常に背の低い子供の様な見た目に反し、24歳の立派な成人女性。
聖騎士ということもあり正義感が強く高潔な性格。その上騎士団長の名は伊達ではなく実力も非常に高い。元部下曰く「リュミエール聖騎士団歴代最強」とまで。
しかし、ハーヴィン族かつ女性の自分が団長となったことで、自分だけならともかくリュミエール聖騎士団そのものを影で笑うようになった者が出てきた現状に悩んでおり
敬愛する騎士団の威厳を取り戻すため、様々な方法で低身長を誤魔化そうとしたり身長を伸ばす方法を探していたりもしている。(長い王冠を被る、木箱に乗る、背を伸ばす薬を探すetc…)
好物はお子様ランチ。ハーヴィン族にとっては栄養的に一番優れた料理らしく、本人も恥ずかしがって否定しているものの美味しそうに食べている場面は多い。

アビリティの「ブルームーン」とアーツの「ケーニヒシルト」は原作で使用していたスキル。それぞれ「ダメージ+防御低下」と「被ダメージ減少」の効果を持ち、LoV3でもしっかり再現されている。
海種使い魔になったのは原作にて水属性キャラだった点、あるいは聖騎士団長つながりか。


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 「さらに、敵ユニットに与えるダメージが上がる。」の文面から間違えやすいけど
    固定値じゃなくてA70相応のクリティカル判定なし追加ダメージです -- (名無しさん) 2016-06-29 19:39:02
  • 控え目に言ってもゴミ
    今回のハズレア枠の一つ -- (名無しさん) 2016-07-01 23:30:25
  • フレーバーテキスト

    「なるほど……この地は、レムギア大陸というのでありますか……」
    そう呟いた聖なる騎士は、やや背伸びをしながら、清廉なる瞳で、遠く異世界の果てを睨む。 -- (名無しさん) 2016-07-04 00:33:33
  • 個人の感想を書きたいならSNSにでも書け
    ゴミカードかどうかを知りたいんじゃねーんだよ -- (名無しさん) 2016-07-04 06:50:16
  • フレーバーです

    「確かに自分は小さいであります……しかし、正義の……志の高さは、決して誰にも負けないのであります!」
    彼女は今日も、己より巨大な剣を振るう。
    ただひたすらに、正義のために。
    「どんなに弱くても、『清く、正しく、高潔に』ある者の心に宿るもの……それが正義であります」
    大剣を使いこなし、リュミエール聖騎士団団長を務める彼女にも、幼くか弱い時代があった。
    その昔、魔物に襲われた幼い彼女を助けたのは、正義を掲げる清廉なる騎士達。
    その振る舞いは憧れとなり、彼女の心を支え続けた。
    そうしてついに聖騎士団の長にまで上り詰めた彼女は、力無き正義を嘲笑い、正義を力の大義名分とする者達へ、尊き御心の剣となり高潔なる裁きの一閃を下す。
    身長
    0.9[meter]
    体重
    15.0[kg]
    属性
    清廉潔白
    最高速度
    すばしっこい
    隠れた特技
    暗算
    故郷
    雪深い村 -- (名無しさん) 2016-07-04 06:58:04
  • 考察記入しました。
    アーツのダメージカット率がわからないので修正お願いします。 -- (名無しさん) 2016-07-04 18:31:37
  • すいません↑↑なんですがSPのフレーバーでしたSTと違うんですね -- (名無しさん) 2016-07-05 15:16:24
  • 念のため確認したところ、やはりHPメルト系のダメージは防げないみたいです。 -- (名無しさん) 2016-07-07 18:15:25
  • 最近やたらコメント欄に『HPメルト系』って単語使う人いるけども、衰弱・ポイゾはダメカじゃ防げず、無効化するにはそれを発動させる初撃を0ダメージにカットする必要がある。って仕様に修正・公表されてたの知らないのかな? -- (名無しさん) 2016-07-08 00:49:51
  • 海種が前環境終盤で「固定値の暴力」が顕著だった結果とばっちりを食らったスペックな様な。
    ただ流石にATK低すぎるよなあ・・・。 -- (名無しさん) 2016-07-23 23:19:09
  • ATKもう少し高ければ普通に強かったと思うんだが
    -- (名無しさん) 2016-07-27 03:54:00
  • 根本ワンパンが出来るようになったとかなんとか -- (名無しさん) 2016-08-10 09:53:25
  • いや、ミリ残るっぽい? -- (名無しさん) 2016-08-10 12:16:47
  • 根元はともかく、主は海種お得意のトライブ増し増しで底上げすればスパクリ確殺っぽいね。 -- (名無しさん) 2016-08-10 15:50:32
  • △主ならどのような状況でもスマッシュワンパン
    少し調整すれば根元ワンパンも可能かと -- (名無しさん) 2016-08-10 21:06:35
  • あれだな。昔の深キョンのステを防御よりにいじるかわりに実質二回殴れるようにして後半に向け他の要員を守るための囮アーツを持たせた感じ。 -- (名無しさん) 2016-08-12 13:48:42
  • フレーバー

    「なるほど……この地は、レムギア大陸というのでありますか……」
    そう呟いた聖なる騎士は、やや背伸びをしながら、清廉なる瞳で、遠く異世界の果てを睨む。
    「事態は概ね把握したのであります!それが正義のためであるならば、リュミエール聖騎士団団長シャルロッテ・フェニヤ、推して参るであります!」
    大剣を振るうその身は小さくとも、内に宿す志は誰より高く、誰より気高い。
    それゆえ、『清く、正しく、高潔に』ある彼女の元には、数多くの仲間が集うのだった。
    身長
    0.9[meter]
    体重
    15.0[kg]
    出身
    ファータ・グランデ空域
    所属
    リュミエール聖騎士団
    欲しいもの
    身長
    好きな食べ物
    お子様ランチ -- (名無しさん) 2016-08-28 15:33:29
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る