• 3.5フレーバーです

    戦場から少し離れた森で、私は彼女と思いがけない再会を果たした。

    「セルディッド、あんたにも使命があったはずだろう? それを忘れて、また人間と恋愛ごっことはね…」

    そう言って笑う彼女の表情には、呆れと軽蔑の色が濃く浮かんでいた。彼女は、くぃっと顎を上げ、横目で私を見ながら言った。

    「――フン、馬鹿なエルフ。そうやって、また絶望に酔うんだ――」

    その言いぐさにムっときた私は、彼女―フィンテールの言葉を遮るように言った。

    そんなこと、言われるまでもない。これが叶わぬ恋だなんて、とうの昔に理解している――と。しかし彼女は鼻を鳴らし、いっそう目を鋭く細めるだけだった。

    「…なんと言い繕おうともエルフと人、結局はあんたの独りよがりじゃないか。未来に悲しみしかないとわかってる“ごっこ”に付き合わされるなんて――あの人間にも同情するよ」

    違う、そんなこと――言いかけた私に、彼女はさらに言葉を浴びせた。

    「さっさと諦めて、あんたも自分の使命を果たすんだね。なに、あんたみたいな非力なエルフ一人がいなくなったところで、あの人間も大して困りゃしないだろうさ」

    それを聞いた私は、今度こそ激昂した。

    お調子者の仮面を脱ぎ捨て、怒りにまかせて彼女につかみかかった。

    しかし、その手は虚しく空を切り、世界が回った。ひらりと身を翻した彼女に、あっさりと地面に組み伏せられたのだ。

    ――そうよ…そんなことわかってるわよ。

    さっきの彼女の言葉に、どうしてあんなに腹が立ったのか――彼女の態度が気に入らなかったから? 何も知らない彼女に、自分と彼とのこれまでを否定された気がしたから?

    違う、それはきっと――彼女の指摘が正しいと、私の心が理解してしまったからだ。

    非力で、役立たずで、ただ歌って、おどけて笑っていることしかできない私――情けなく空を見上げている今の私が、そんな私の何を否定できるだろうか。

    「残念だね。エルフのあんたが、何故それほどまでに人間に興味を持つのか、私もそれに興味があったのだけど、今のあんたを見てたらそれも失せたよ――“紅”の資質を見定めるのがダークエルフである私の使命。私は“紅”の行く末を見届けるために皇帝のところにいく。戦場でまた会ったら、ついでにあんたの愚かな選択の結末も、見届けさせてもらうさ」

    そう言って去っていく彼女の背中を、もはや私は見ていなかった。

    立ち上がることすらできずにいる私の頭の中は、ただひとつの疑問で埋め尽くされていた――私は、本当に彼に必要とされているのだろうか。 -- (名無しさん) 2016-06-29 14:42:52

  • 3.5データです

    身長
    1.7[meter]
    体重
    52[kg]
    最高速度
    15[km/h]
    最近覚えた料理
    パスタ料理
    最近やってみたいこと
    演劇鑑賞
    最近好きな場所
    “紅”の隣
    -- (名無しさん) 2016-06-29 14:43:19