オズマ姫(UR) 
基本情報
名前 オズマ姫
種族 神族
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 50
<タイプ> 先導者
タイプ プリンセス
HP 500
ATK 80
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 藤村 歩

アビリティ
召喚 エヴォルカット
自身の周囲にいる、自身と同じ種族の自使い魔の覚醒コストを下げる。
ただし、一定コスト以下にはならない。
覚醒 なし
超覚醒 【白】プリンセス・オブ・オズ
自身が戦場に出ている間、超覚醒している自ユニットの攻撃力・防御力・移動速度を上げる。
ただし、自身は効果を受けない。
【黒】ソード・オブ・オズ
攻撃力・防御力・移動速度が上がり、敵ユニットを攻撃したとき、一定回数追加でダメージを与える。
ただし、自身が戦場に出ている間、超覚醒していない自ユニットの攻撃力・防御力・移動速度が下がる。
アーツ CHANGE
超覚醒アビリティの【白】と【黒】を切り替える。
消費マナ 10

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 80/80
覚醒 550 100/100
超覚醒【白】 600 180/180
超覚醒【黒】 210/210〔アビリティ込〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.5 DS
Ver3.5 DS
身長 1.53[meter]
体重 42[kg]
出身地 オズの国・エメラルドの都
たいせつなもの オズの国にいる全ての民
性格 心優しいしっかりもの
趣味 作詞・作曲
イラストレーター chibi
フレーバーテキスト
オズ陛下の案内でエメラルドの都に到着したドロシー一行は、お城の一室に案内されました。
その部屋には、およそオズの国では見かけない、大小さまざまな機械が置いてあり、そのうちの
ひとつの機械を見つめ、1人の少女が腕を組み、うんうんと何かを考えていました。

「おい、連れてきたぞ!」
「ああ、オズくん、おかえり!」
「あら、きれいな女の子ね。で、オズ陛下、あたしを探してる“本当のオズの支配者”とかいう人はどこよ。
どーせいつもみたいに、どっか一風変わったヘンチクリンな人なんでしょうけど」
「はあ? そこにいるだろ」
「おっと、これは失礼を… キミがドロシーちゃんだね? よく来てくれたね。
わたくしはオズマ姫。このエメラルドの都の主だ」
「あはは、またまた。アンタみたいにまともそうな女の子がオズの支配者なわけ――あるの!?」
「はは、一応ね。…なんだかいろいろ大変な思いをしたようだね」

ドロシーは、オズの住人にしては、あまりにもまともっぽいオズマ姫に大変驚きました。

「ふふ、若輩者ではあるけれど、わたくしを支えてくれるみんながいるからね。
オズの国が幸せでいられるのは、みんなのおかげだよ。」
「うわ… やっぱすっごくまともっぽい… こっちに来てから、初めてまともな人見た… 
いや、でもそんなはずない…きっとこの人もどこか……」
「おい、なんかさっきから失礼だなおまえ。ボクだって十分まともだぞ」
「…ねぇ、ブリキ男、この人本気で言ってるのかしら… 変なロケット乗って、宇宙でもないのに
宇宙服着た人が、自分をまともだとかなんとかいってて怖いんだけど…」
「ハ ハ ハ ハ おまえいいね、ちょうどおまえぐらいの女の子で人体実験したい気分だったんだ」
「うわっ、変態だ! ブリキ男! あの変態から可憐な少女を守りなさい!」
「ま、まぁまぁふたりとも、落ち着きたまえ。オズの国は個性的な人たちが多いからね… 
もしかしたら戸惑ってしまったかもしれないが、みんなオズの国の幸せを願う良い人たちなんだ。
だから、仲良くしてくれると嬉しい。もちろんわたくしとも、ね」
「な、何よその手は…!? …あ、握手か。…うん、握手…よろしく…」

オズの国に来てからというもの、出会う国民がすべて変わった人のオンパレードだったため、軽い
人間不信になっていたドロシーでしたが、オズマ姫のまともオーラのおかげで何とか平静を取り戻したのでした。

「…はぁ、ホントにまともな人なんだ…」
「…しつこい小娘だな、もういいってそれは。そんなことより、オズマ姫。
さっきレーダーを見ていたようだが、何かあったのか?」
「レーダー!? そんな物があんの!? …ファンシーなオズの国には、似合わないわね…ファンキーではあるけど」
「一言余計だぞ 小娘」

オズ陛下の質問に、オズマ姫は眉をひそめて話します。

「うん、じつは… オズくんの作った「れーだー」に反応があったんだ。ほら、ここを見てくれ」

そこには、『死の砂漠』から近づいてくる謎の集団が映し出されていました。

「本当だ… ノームの奴らかな…?」
「いや、それは無いだろう。ビリーナが来てくれてからは、卵が苦手な彼らは全くこちらへは近寄らなくなったしな。
それにしても、グリンダの『魔法の絵』の監視を潜り抜けてくるなんて、かなりの魔法の力を持つ者たちかもしれないな…」
「え… あのゆるふわおねーさんがこの国の監視とかしてるんだ… それは魔法とかなくても突破できる気が…」
「んん…? 良く見たらこれ…この反応は、明らかに『この世界』の住人じゃないぞ!?」
「え? 私みたいにオズの国の外からきた人たちってこと?」
「『物語』の外からの侵略者… やっぱり、『夢の世界』で広まっていた噂は本当だったんだね…」

オズマ姫は緊張した表情を浮かべ、決意を固めたように拳を強く握るとドロシーの肩をガシッと両手でつかみました。

「ドロシーちゃん。君に頼みがある」
「へ?」
「恐れていたことが現実になった。たいへん申し訳ないのだが、わたくしたちのために戦ってくれないか?」
「…え …ええええええ!? なんであたしがっ!!??」
「君は、この『オズの物語』の外からきた客人。しかも<夢の管理人>の力すら借りないでやってこれた。
これはすごい事なんだ。かつて、この世界でそれを成し得た者は、現<夢の管理人>しかいない。
君ほどの夢の力があれば、きっとあの侵入者たちを打ち負かすことができるだろう」
「…でも、あたしはみんなの願いを叶えてもらって、あとはカンザスの家に
帰してもらえればオッケーなだけだったんだけど…」
「もちろん、その点はエメラルドの都の主として誓わせてもらうよ。侵略者をどうにかできた
あかつきには、全力で協力をする。それに、君の願いも何だってかなえるぞ!」
「……え、何でも?」
「何でもさ」
「ホントに何でも??」
「ホントにホントに何でも! どんな歌でも!」
「…歌? 歌はいいけど… まぁ、これだけ幸せ的な国だし、なんか色々夢叶っちゃいそうよね… 
よし! わかったわ、協力してあげる!!」

少し不安なドロシーでしたが、ここは誰も死ぬことのない幸せの国。
危険も無いだろうし、なんでも願いを叶えてもらえるのならば、と喜んで協力を引き受けました。

「――ありがとう、ドロシーちゃん。嬉しさのあまり、歌いだしたい気分だよ」
「でも、どうやって戦えばいいの? あたし、ブリキ男に命令することぐらいしかできないけど…」
「ふふ、そこはご心配なくさ。まずは、キミの『紅い靴』の本当の力を解放しよう」

オズマ姫が杖を振るうと、ドロシーの履いている紅い靴が輝きだしました。
紅い輝きは靴だけにとどまらず、やがてはドロシーの身体全体をも包み込んでいきます。

「なにこれっ! 超きれー! 超すごそう! あ、あれ? なんかあたし自身まで
力が、みなぎってきた感する…! も、もしかしてあたし無敵になっちゃう!?」

すると、光を放つ赤い靴を見たオズ陛下が、ガタガタと震え出しました。

「な…なななな…なんだそれは…………」
「何って、見てたじゃん。靴だけど…」

「その光、その小ささで、これは…………すばらしいいいいっ!! なんだこの出力は!? 
おい小娘! ちょっとその靴見せろ! というか脱げ!!」
「ぎゃー!! 何よこの変態オタクメガネ! 触んな!!
「ゲブヒッ! くっ… ボクはめげないぞ。科学の進歩こそ人類の幸せなんだ! じゃあ小娘、脱ぐのは勘弁してやる。
この測定器に乗って――いや、こっちの全身大型複合測定器にぃぃ!」
「さ・わ・る・な・HENTAI!!」
「オズ君… 落ち着きたまえよ。今はそんなことをしてる場合じゃないだろう」
「そうよ! 言ってやってオズマ姫!」
「まずは歌だ」
「そうよ――歌?」
「これは世界の命運を決める戦い… つまりドロシーちゃんはこれから英雄として
戦っていくんだから、まずはドロシーちゃんの健闘を祈ってみんなで応援の歌をだね…」
「は?」
「いや、それより測定だろ!!」 
「いやいや、測定などいつでもできる! こちらとしては夏の「ドロシー音頭」から、冬の
「ドロシーバラード」まで全50曲までの準備があるのだぞ!」
「なにぃ!? オズマ姫といえど聞き捨てならないな! 科学は日進月歩、時間の分だけ進化するんだ! 
弾圧反対! タイムイズマネー!! そもそも夏とか冬とか、この常春の国に夏も冬も無いだろう!」

ふたりはドロシーを巡り、激しく言い争いを始めてしまいました。

「…結局、この人もオズの人なのね… そうこうしてるうちに、侵略者の人たち
だいぶ砂漠進んでるみたいだけど…どうしよっかブリキ男?」
「ガァァァ……」

果たして、幸せな人たちでいっぱいな幸せの国、オズの命運やいかに――。

考察
全体強化及び自身強化を切り替えることができる、居そうで居なかったタイプの主力ディフェンダー。

主力ながら召喚状態でエヴォルカットを持っているため、神族単であれば後続を早く完成させることが可能。
セルディット・エリスを併用するのであれば、60コスト以上が30マナもお得になる。
超覚醒ができるエヴォルカット持ちは使用率の低いプロメテウスがいるが、【自身には自身のエヴォルカットの効果は受けない】事は覚えておこう。
超覚醒はチェンジ、白は自身以外の主力ユニットを全て強化する。(ATK+15、DEF+15、速度上昇値不明)
後出しで完成させたケース、石割等で全ユニットを動かすときはこちらを扱うことになる。常時パワーライズLV1を発動していると思えばいい。
黒は220/220+移動速度アップ+多段攻撃と至りつくせりな強化がなされる。追加ダメージ部分は攻撃力○○相当の追加ダメージ×2(要検証)。敵主力に対しては5×2(アタッカー相手なら15×2)の固定値を与えられる。ガーディアンスタイルでも根元ならスパクリでワンパンなので石防衛もスムーズにこなせるだろう。しかし代償として超覚醒していないユニットが弱体化+移動速度ダウンしてしまう。ステータスの弱体化は目をつぶれるレベルだが、移動速度の低下がかなり厄介。召喚状態のアタッカーがスマッシュを出せないレベルの速度になるため根元でのマナモン回収や石割が遅れる等、細かい部分で障害となりやすい。とはいえ初手出しからのタワー戦ではほぼ気にならないデメリットなので、黒を基本形態として立ち回るのがいいだろう。

また、仕様として 降魔は超覚醒状態として扱う らしく、黒のデメリットが降りかからず、白の強化に即対応。


数少ない弱点は白時の数値の低さ。敵マジシャンに狙われないよう、強化された大型アタッカーで姫君の護衛を怠らないようにしたい。

キャラクター説明
「オズの魔法使い」に登場する、オズの国を統治するお姫様。
未熟ながらも民の幸せを強く願う若き君主で、変人揃いのオズの国の中でも珍しく常識人とのこと。
白は「姫として民を導く先導者」、黒は「剣を取り自ら戦う姫騎士」といったところであろうか。

CVを担当するのは、某ガンダムでもお姫様役の藤村歩氏。
通常版は凛々しくも優しい姫君といった感じだが、VR版では何故か歌いだす。


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: