• 自分で撮った動画で与ダメ検証しましたが、スプレッドの減衰あたりの計算が判らないのでデータだけ置いておきます

    ウエソヨマA235の段階で最大スプレッド
    D210の△→49ダメ(計算機39.75)
    D215の△→48ダメ(計算機37.75)
    D230の□→81ダメ(計算機105)
    D30の△ →スパクリ170ダメ(計算機286.5)
    D15の□ →スパクリ156ダメ(計算機298.5)

    巻き込み数はたぶん7体
    固定値の値計算できる人いたら…お願いします -- (名無しさん) 2016-07-10 14:01:42
  • あとスマッシュゲインの上昇値の継続時間は18cっぽいですが確かではありません -- (名無しさん) 2016-07-10 14:05:26
  • 人のそばで、人を導き、人を守る神となる。

    そう決意を固めたオキクルミは、遠い北の村々を襲う暗黒の国の魔女の噂を聞き、今こそ悪と戦う時と、生まれ育った村を離れ、魔女討伐の旅に出ました。

    かすかに流れ来る魔女の気配をたどり、長い旅路の果てに村へと着いた時、そこではまさに、邪悪な魔女がその暗黒の魔手を広げようとしているところでした。

    オキクルミは、大切な人間たちの、大切な住処が破壊されようとしている様を目の当たりにし、自らの掲げた使命を胸に奮い立ちました。

    「やめろーー!! そのような悪行はわたしが… このアイヌラックルが許しはしない!」

    魔力を放とうとして魔女は、背後から聞こえるオキクルミの声に動きを止めました。

    「ハッ! や~っときたかよ――神の子!」

    暗黒の魔女は振り返り、オキクルミを見据えると、その瞳にギラリと怪しい光を灯しました。

    「あ、かわい……」

    言いかけた魔女は、何かを思いとどまり、咳払いをひとつすると、なんとも邪で恐ろしげな笑みを浮かべました。

    「へぇ~凛々しいじゃん。 殺していいんだよなぁ?」
    〈チョット可愛イイカラ 軽クイタブルクライニ シトイテヤルゾ!〉
    「黙れイペタム」
    〈黙ラネェゾ!〉
    「………とにかく! このウエソヨマ様に盾突くたぁいい度胸だ! ギッタギタに叩きのめしてやるよ!」
    〈慣レテナイカラ セリフガ陳腐ダゾ!〉

    魔女は、傍らにいるムササビと何やら言い合っていましたが、話がついたのか、突如禍々しい桃色の魔力をオキクルミに向けて放ちました。

    「わが父カンナカムイよ! オキクルミを守りたまえ!」

    オキクルミは、父神より賜った神剣・カムイランケタムを呼び出すと、魔女の凄まじい魔力の波を一瞬で消し去りました。

    「へぇ~ やるじゃないか! お次はこれだぁ――と、その前に…」

    魔女は唐突に手を止めると、脇にあった瓦礫をどかし、その下で怯えている子犬を、そっと抱きあげました。

    「ん~、どうちた~? こんなところにいたら危ないだろ~? ほ~ら、あっちにお行き~」

    魔女はそう言うと、犬を村の外へと放しました。

    オキクルミは、魔女の狙いを測りかね、警戒して神剣をあらためて宙に構え直します。

    「…………何見てんだテメェ! つうかあんなところに犬っころがいたら邪魔だろ!? だからちょっと追い払っただけだ!」
    〈キュンキュン言ッテテ 可愛イカッタゾ!〉
    「黙れイペタム」
    〈黙ラネェゾ!〉
    「………おら、続きだぁ! 喰らいなぁ!!」

    魔女は気を取り直すと、さらに激しい魔力を矢継ぎ早に放ちました。オキクルミは、自らの乗るカムイチカップの翼を上手に操り、ヒラリヒラリと魔力をよけながら、魔女に詰め寄っていきます。そしてオキクルミが最後の魔力を避け、魔女に神剣の一撃を叩きこもうとしたその時――

    「待ったあああああ!」

    魔女が叫んで宙を飛び、魔力が当たって倒れる家屋の下敷きになろうとしていた幼子を風のような速さで救い出しました。

    「ふう、危なかった… ほ~ら、もう大丈夫だぞ~」

    魔女はそっと幼子を下すと、手を振って見送りました。

    オキクルミは引きとめた神剣を戻し、再び魔女から間合いをとります。

    「…あーー、あ、あんなところでガキが騒いだらうるさくて集中できねぇだろ!? だからちょっと黙らせただけだ!」
    〈プニプニシテテ 可愛イカッタゾ!〉
    「黙れってイペタム!」
    〈黙ラネェゾ!〉
    「………あああもう! 次だ次ぃぃ!!」

    魔女は顔を真っ赤にしながら、大鹿に化けてオキクルミに突撃しました。

    しかしオキクルミは、冷静にそれをかわすと、大鹿の背後から神剣で足を薙ぎ払います。大鹿はずさりと地面に倒れ込み、魔女の姿へと戻りました。

    魔女がいててと頭を振りながら顔を上げると、その喉元には、オキクルミの神剣が突き付けられていました。オキクルミは魔女を見据え、静かに告げました。

    「暗黒の国の魔女よ、お前の負けだ。もう人間たちに悪さをしないと約束し、暗黒の国へ帰れ」

    その時――

    「それまでえええええええええ!!」

    天よりまばゆい光の柱が降り注ぎ、その中から天秤を携えた美しい女神が降り立ちました。女神は、厳しい眼差しを向け、オキクルミに言いました。

    「人と共にある神・オキクルミよ、私は正義の天秤の女神アストレイア。ごめんなさい、あなたを試させてもらったわ。わたしは、混沌の闇に立ち向かう『13の剣』を探しているの。あなたは、その候補のひとりよ」

    突然のことに、目を丸くして驚くオキクルミ。女神は続けます。

    「わたしは、人と共にあらんとするあなたの優しさを試したの――あなたは優しすぎるわ。その優しさは『13の剣』としては武器かもしれない。けれど、その優しさに付け込まれて『闇の鍵』に転じててしまう可能性をあなたは秘めている。わたしは、あなたがどちらの天秤に傾くのか、それを見定めようとしていたの」

    オキクルミは、女神の口にした言葉を反芻し、下をむき考え込んでしまいました。それを見た女神は、ふうっ、とため息をつくと、今度は氷のように冷たい視線を魔女に向けて言いました。

    「――それと、ウ・エ・ソ・ヨ・マ…」
    「…な、なんだよ」
    〈何ダゾ!〉
    「なんだよじゃないわよ! 全然話が違うじゃない! な~んであなたの方が彼女より優しいの!? てゆうか、あっちこっちに気が回りすぎよ!! もうちょっとしっかりやってくれなきゃ見定められないじゃない! 見なさいよこの天秤! ひっくり返りそうなくらい正義方面に傾きっぱなしよ!? それでも暗黒の国の魔女!!??」
    「う、うるっせぇなあ!! オレだって好きで暗黒の国の魔女やってんじゃねぇっての! だいたいオレは暗黒の国の奴ら嫌ぇなんだよ! 可愛いものがいっぱいいる地上をすーぐぶっ壊そうとすっからよぉ! あいつらの真似なんか上手くできるかっての!!」
    〈ハハハ、スマネェナ、ソウイウ訳ダゾ!〉

    突然目の前で言い争いを始めた女神と魔女を見て、下を向いていたオキクルミは、おずおずと顔を上げて言いました。

    「…なんだか、ごめんなさい…」


    ~『フルー・アイヌラックル伝』~
    身長
    あ?何だ?〈169cmダゾ!〉
    体重
    殺すぞ!〈52kgダゾ!〉
    生息域
    言うかよ〈闇黒の国ダゾ〉
    好きなもの
    だから…〈エゾイチゴダゾ!〉
    相棒
    黙れイペタム!〈黙ラネェゾ〉
    性格
    結構面倒見が良い -- (名無しさん) 2016-07-11 16:54:08

  • 魔女が叫んで宙を飛び、魔力が当たって倒れる家屋の下敷きになろうとしていた幼子を風のような速さで救い出しました。

    「ふう、危なかった… ほ~ら、もう大丈夫だぞ~」

    魔女はそっと幼子を下すと、手を振って見送りました。

    オキクルミは引きとめた神剣を戻し、再び魔女から間合いをとります。

    「…あーー、あ、あんなところでガキが騒いだらうるさくて集中できねぇだろ!? だからちょっと黙らせただけだ!」
    〈プニプニシテテ 可愛イカッタゾ!〉
    「黙れってイペタム!」
    〈黙ラネェゾ!〉
    「………あああもう! 次だ次ぃぃ!!」

    魔女は顔を真っ赤にしながら、大鹿に化けてオキクルミに突撃しました。

    しかしオキクルミは、冷静にそれをかわすと、大鹿の背後から神剣で足を薙ぎ払います。大鹿はずさりと地面に倒れ込み、魔女の姿へと戻りました。

    魔女がいててと頭を振りながら顔を上げると、その喉元には、オキクルミの神剣が突き付けられていました。オキクルミは魔女を見据え、静かに告げました。

    「暗黒の国の魔女よ、お前の負けだ。もう人間たちに悪さをしないと約束し、暗黒の国へ帰れ」

    その時――

    「それまでえええええええええ!!」

    天よりまばゆい光の柱が降り注ぎ、その中から天秤を携えた美しい女神が降り立ちました。女神は、厳しい眼差しを向け、オキクルミに言いました。

    「人と共にある神・オキクルミよ、私は正義の天秤の女神アストレイア。ごめんなさい、あなたを試させてもらったわ。わたしは、混沌の闇に立ち向かう『13の剣』を探しているの。あなたは、その候補のひとりよ」

    突然のことに、目を丸くして驚くオキクルミ。女神は続けます。

    「わたしは、人と共にあらんとするあなたの優しさを試したの――あなたは優しすぎるわ。その優しさは『13の剣』としては武器かもしれない。けれど、その優しさに付け込まれて『闇の鍵』に転じててしまう可能性をあなたは秘めている。わたしは、あなたがどちらの天秤に傾くのか、それを見定めようとしていたの」

    オキクルミは、女神の口にした言葉を反芻し、下をむき考え込んでしまいました。それを見た女神は、ふうっ、とため息をつくと、今度は氷のように冷たい視線を魔女に向けて言いました。

    「――それと、ウ・エ・ソ・ヨ・マ…」
    「…な、なんだよ」
    〈何ダゾ!〉
    「なんだよじゃないわよ! 全然話が違うじゃない! な~んであなたの方が彼女より優しいの!? てゆうか、あっちこっちに気が回りすぎよ!! もうちょっとしっかりやってくれなきゃ見定められないじゃない! 見なさいよこの天秤! ひっくり返りそうなくらい正義方面に傾きっぱなしよ!? それでも暗黒の国の魔女!!??」
    「う、うるっせぇなあ!! オレだって好きで暗黒の国の魔女やってんじゃねぇっての! だいたいオレは暗黒の国の奴ら嫌ぇなんだよ! 可愛いものがいっぱいいる地上をすーぐぶっ壊そうとすっからよぉ! あいつらの真似なんか上手くできるかっての!!」
    〈ハハハ、スマネェナ、ソウイウ訳ダゾ!〉

    突然目の前で言い争いを始めた女神と魔女を見て、下を向いていたオキクルミは、おずおずと顔を上げて言いました。

    「…なんだか、ごめんなさい…」


    ~『フルー・アイヌラックル伝』~ -- (名無しさん) 2016-07-11 16:55:59
  • 〈ハハハ、スマネェナ、ソウイウ訳ダゾ!〉

    突然目の前で言い争いを始めた女神と魔女を見て、下を向いていたオキクルミは、おずおずと顔を上げて言いました。

    「…なんだか、ごめんなさい…」


    ~『フルー・アイヌラックル伝』~
    身長
    あ?何だ?〈169cmダゾ!〉
    体重
    殺すぞ!〈52kgダゾ!〉
    生息域
    言うかよ〈闇黒の国ダゾ〉
    好きなもの
    だから…〈エゾイチゴダゾ!〉
    相棒
    黙れイペタム!〈黙ラネェゾ〉
    性格
    結構面倒見が良い -- (名無しさん) 2016-07-11 16:56:49
  • クイドラで笑った。普通にキュアオ守護龍で安定取るわ。 -- (名無しさん) 2016-07-15 08:55:07
  • いそうでいなかった魔種大型△って…ティアマトとかロキは? -- (名無しさん) 2016-08-01 23:22:28
  • クイドラ以前にジャックやカリオストロにも違和感は感じる
    所持してないので本当に合うか試せないが… -- (名無しさん) 2016-08-02 00:42:35
  • スマッシュゲインの上限は攻撃速度依存なんだから何もおかしい事はないだろ -- (名無しさん) 2016-08-11 15:03:59
  • 考察文の土台の筆者です 一個人の使用感などでまず書いたので他の意見が出るのは歓迎です
    全国での採用率が高いのはキュアぬわ龍なのは承知でクイドラや背徳についても書いたものの、他にキュアの採用が多かった△では距離を保ってシューターで叩くだけでもアドをとれるクトゥルフや、まだ今ほどインフレの進んでなかったエリザベスの頃と比較して、
    ファイタースタイルの射程になるのでいくらぬわを盾にしてもある程度前に出ないといけない点やインフレにより溶けるときはキュア叩いても一瞬である点を加味すると開戦からATK育成やスプレッド最大化が早くなり弾速の速さも活かせるヘイスト盛りも選択肢にはいる、といった意図です。
    カリオストロはエヴォルカット込でもデッキが重くなりやすい・フロストは海と魔の混色自体が難しいというのは承知で、ヘイストのバフが盛れる使い魔の例、程度の意味合いでの列挙になります -- (名無しさん) 2016-08-12 19:44:32
  • 個人的には良い考察だと思います。 -- (名無しさん) 2016-08-14 06:06:31
  • アビリティのウェン・パウチキナとはアイヌ語で悪い魔女の草という意味だそうです。 -- (名無しさん) 2016-08-21 10:02:58
  • さすがにカリオストロと噛み合わせるのは重すぎて隣に来たら頭抱える…足が欲しいなら効果時間は短いけどクリシュナでいいのでは -- (名無しさん) 2016-08-28 09:47:54
  • ↑カリオストロで足は速くならんぞ -- (名無しさん) 2016-08-29 23:17:33
  • ↑足を速くするのはクリシュナで、ってことでしょ

    ウエソヨマはUSはキュアオ、降魔は月姫
    開戦時にハイアーツの5秒間でゲイン+スプレッドの育成を済ませると効果時間終了後にATK260辺りからスタートできる
    撤退時に使う人をよく見るけどスロウは喰らうから捕まったら逃げられないしね
    後、スプレッドの維持を常に出来る人じゃないと使うのは厳しいと思う -- (名無しさん) 2016-08-30 10:33:48
  • 月姫を用いた運用について加筆させてもらいました。月姫持ってないので何かありましたら修正おねがいします -- (名無しさん) 2016-08-31 21:09:41
  • 相手に○がいなければウエソ単騎でキュアオ叩いてれば全部食える。
    月姫で上記の運用をするか、或いはぬわ龍で擬似キュアオをするか。
    背徳とかカリオストロも否定はしないけど○を止めれず瞬く間に食われるからドM向け。 -- (名無しさん) 2016-09-01 01:35:40
  • なんでもいいからパラ遊月から繋げるのやめてくれ
    役とか普通にいるのに○△から△に繋げるとかありえん -- (名無しさん) 2016-09-02 22:46:51
  • 30○40△からは確かにどうなのって思うけど40○30△だったら普通に成り立つし別に○△から△自体はおかしくないでしょ。
    そもそも多種族他コストを引き合いにだしてくる事自体がおかしいんだが。遊月はともかく魔種単のメリット捨てたパラケは微妙だぞ。 -- (名無しさん) 2016-09-03 10:43:58
  • そもそもウエソヨマはマナモンとかをスプレッドで狩って地道に範囲を広げてって、現時点の火力に関わらず常にスプレッド状態にして最大範囲をキープしてこそ輝くのに、ぶつかり合う直前に月姫叩いて無敵状態で範囲広げるって馬鹿なのか? -- (名無しさん) 2016-09-03 23:49:04
  • マナモンをスプレッドで狩るってゲーム後半のどこにそんな余裕あるんだw -- (名無しさん) 2016-09-08 02:11:36
  • ↑2
    常にスプレッド最大を維持するのは同意だけど、ゲインを育てるって意味では別に間違ってないんじゃない? -- (名無しさん) 2016-09-09 00:51:05