アーリマン (C)
基本情報
名前 アーリマン
種族 魔種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 10
<タイプ> 酷薄者
タイプ デモン
HP 300
ATK 10
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ

アビリティ
召喚 なし
アーツ 死に至る宣告
範囲内にいる最も召喚コストが高い敵ユニット1体の攻撃力を下げ、HPを徐々に減らす。
このアーツはマナタワーの周囲でしか使用できない。
消費マナ 20
耐久値 10
wait時間 ?秒

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 10/10

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.5
Ver3.5
全長 恐怖心に比例 死に満ち満ちたこのかんじ いいでしゅねぇ たまらんでしゅねぇ 理不尽に死が訪れる無念… そうるふるな憎しみの叫び… ふああ 俺様もうクラクラしちゃうのら

ほら見るでしゅ お前じゃまったく釣り合わないあのきれ~な女 悲しい顔をしてましゅねぇ あれはもうダメ 死にましゅよぉ あと5秒でお亡くなりでしゅ あのお金持ちのじいさんも 横のハンサムな男も どんなに涙をながしても まったく助かるはずがないのら~

俺様には見えるのら~ あいつらの死が見えるのら~~

俺様の「宣告」は絶対なのら~~~ 悪意の分だけ絶対なのら~~~~

はぁ~コ~フン! 久しぶりにグッドな嫉妬! ファンキーな悪意に 悪魔の俺様もドン引きでしゅよ! 俺様とおまえは相性ばっちし 俺様に出会えて良かったでしゅねぇ

あらぁ おまえいい顔してましゅねぇ やりきった顔してましゅねぇ ほらほら お前を見下してそうなやつはどんどん殺すの……あり?

どうしたんでしゅ? もうやらないんでしゅか? んん? これですっきりしたから あとは楽しい人生をおくる?

…………………ぷぷ。

あはははのは! 笑っちゃう! それはまったく無理なお話でしゅね だっておまえはこのあと死んじゃうのら~ 死因は自殺なのら~

は? 自分が自殺なんてするわけない? んもう~ 世話が焼けましゅね~

俺様には見えるのら~ お前の死が見えるのら~~

ほらあの女 お前を見る目が悲しげでしゅね~ あの女はお前のことが好きだったのら~ お前の優しい良いところをちゃ~んはっきり見てたのら~ あの社長の爺さんはお前のまじめな働きっぷりを認めていたし あのハンサムくんは お前をいじめてたやつをこらしめてくれてたのら~ けどあいつらはもうダメら~ あんないい奴らは 今後お前の人生に二度とあらわれないのら~ お前の所業を知ったやつらの家族は お前を八つ裂きにするまで地の果てまでも追いかけてくるのら~

しゅ しゅ しゅ どうでしゅか? はえ? なんで言わなかったのか??? 聞かれてないでしゅもん! 俺様悪魔でしゅもん!

さてさて そういうわけで宴もたけなわ ここでさらに最後の大サービス 俺様が更なる「死の宣告」をしてやるのでしゅ

今からきっかり三十秒後 自らの行いを悔いたお前は 自ら命を絶つのでしゅよ

ほらほら 見て見てあいつらの恨めしそうなお目々!

俺様には見えるのら~ 俺様にはわかるのら~

なぜなら俺様 絶対悪の死の悪意

お前の生まれる遥か前から 意志あるものの死だけが楽しみ!

…さあ あと十秒 俺様の「死の宣告」はいつ何時でも絶対なのら~!!
体重 無力感に比例
出身 遥か昔に絶対悪から分離
性格 極めて邪悪
正体 死の悪意の体現
元いた体 アンラ・マンユ
イラストレーター 小玉

考察
魔種の新たな10コストマジシャンでの参戦。
魔種にはトライブAを所持しているマジシャンがいる為競合率が高い。
このユニットの持ち味は非常に強力なアーツで魔種版オオモノヌシに近い効果を持つ。
マナタワー付近でしか発動できないが、ATK-20に加え毎秒10の強烈な毒ダメージを与える。
相手にしてはATKを下げられることで根本の撃破率が下がり、毒ダメージにより撤退を早期にしなければならないので厄介この上ない。
範囲内の高コストの敵ユニットに対し自動で発動する為指定ミスが起こることが少ないが降魔が70コストなため同じ70コストが複数いると優先的に降魔を指定してしまう。(登録時に同コストがいた場合左にあるカードが優先されるため降魔は一番左扱いになっている)

キャラクター説明
本文


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: