【妻】キマ(SR)
基本情報
名前 【妻】キマ
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 30
<タイプ> 妖精
タイプ セルキー
HP 400
ATK 40
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ
CV ささきのぞみ
備考 海種〔キマ〕との同時登録不可

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 つまのたしなみ
召喚コストが一定以上の海種使い魔をデッキ登録していると、自身の攻撃力と防御力が上がる。
さらに、召喚コストが一定以上の海種使い魔の、召喚コストを下げる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/30
覚醒 450 60/50
超覚醒 500 180/170

DATA・フレーバーテキスト
+Ver3.5
Ver3.5
身長 1.42[meter]
体重 35[kg]
得意料理 かき氷か生氷
気になるもの はねむーん
幼馴染 クイミ
姉妹 姉が一人
イラストレーター 麻谷 知世
フレーバーテキスト

――from “Ver3.5 ハルフゥ”

皇帝軍との戦いの中、囲まれてしまったキマとあたしを助けてくれたロードを一人戦場に残し、気絶したキマをつれて海底へと逃げたあたしは、奇妙な「箱にのった女」にであった。妙な会話の流れから、女に“みんなを守れる力が欲しい”と願ったあたしたちは、不思議な光に包まれる――

「ああ…あたしはここで終わるのね… 普通だらけな人生だったのに、最後の最後に変な女に絡まれて、変な光に包まれて、終わり方だけは普通じゃない幕切れだったわ…」
「なにいってるの? こじゅーとのおねーちゃん」
「みんな、先立つ不孝を…って、あれ? キマ? あたし生きてる? さっきの光は? あと、小姑じゃない」
――ピピピ、完了しました。シーケンスを終了します。
「あ! ちょ…あんた! さっきの光なによ! あたしたちに何したの!?」
――はい、あなたたちは強くなりました。いえーい、ですね。
「…え? あたしなにもしてないんだけど、強くなれたの? とくに実感無いけど…キマ、あんたはどう?」
「うん! なんかね、すっごいよ! からだのおくのほうがぶっぱーん!ってなって、ずばごーん!ってかんじ!」
「そのたとえはよくわかんないけど……ホントに? あたし全然なんだけど… 二人そろってあたしをかつごうとしてない?」
――嘘じゃないです。疑り深い人魚は異性からモテませんよ、コジュート。
「だから! 誰が小姑だ! ……はぁ…まぁいいわ。元々そんな美味しい話、期待する方が間違ってるもん…」
――ワタシ、あなたのお願いを聞きました。なので、次はワタシのお願いを聞いてもらう番ですね。
「う…そうきたか…。な…なによ、あたしたちに何させようっての?」
――ワタシを陸まで引っ張っていってください。
「………それだけ?」
――はい、ワタシは元々水棲生物ではありませんので、泳ぐのは疲れます。ハコちゃんのエネルギーも残り少ないですから。
「まぁ、それくらいなら… キマ、あんたもそれでいい?」
「うん! キマ、おねーちゃん押していっぱいおよぐよ!」
――では、お願いします。ところでコジュート。
「あたしはハルフゥ! 小姑ちがう! ……で、なによ?」
――なにかがこちらに近づいています。数は…ひとつ…ふたつ…みっつ…えーと、すごくたくさんです。
「ええ!? なになにやばそうな感じ…? ま…まさか、皇帝軍…? ならはやく逃げないと!」
――それは無理かと。なぜなら、もうそこまで…というか囲まれていますから。
「あああ!! あんたそういうことはもうちょっとはやく言いなさいよ!!!」
「ふわー、つよそーなのがすごいいっぱいだねぇ」
「ちょ…! あんたもそんな呑気なこと言ってないで! はやくどうにかして逃げ――」
「あ、“ガンタイ”のおねーちゃんがこっちにくるよー」
「うえええ!? 近づいてきた!! どどどどうしよう!!」
「あー キミたちに聞きたいことがある」
「あわわわわ…助けて!! あたしあれだから! 普通の人魚だから! 食べても美味しくないから!!」
「失礼な、私たちは人魚なんて食べないよ。今のところキミたちに危害を加えるつもりもない。だから――」
「肉とかきっとパサパサだし! 食べたら不老不死になれるとか嘘だから!! あれ超嘘だから!!! だから食べないで!!!」
「………そんなにビビられると威厳とか通り越してちょっと悲しくなるんだけど…私はポセイドン。海の王様だよ。海の同胞を軽々しく傷付けたりはしないさ」
「おーさま?」
「ぽせいどん…? なに…? 皇帝軍じゃないの…? はあぁぁぁ…びっくりした。驚かせないでよ、もう…」
「勝手に驚いたのはそっちだろうに…まぁいい、キミたち、この辺りで何か異常なものを見かけたり――んんん?」
「な…なに?」
「キミたち、人魚と…それとセルキーだよね?」
「そーだよー! キマはセルキーのキマっていうの! こっちはこじゅーとだよ」
「なんというか…ホント? なーんかキミらからすごく異常な力を感じるんだけど…それこそ種としてありえないくらい」
「そんなこと言われても…」
「変だな… それじゃえーと……ああ、あれでいいや。そこのキマってセルキー、あれ、おもいっきりぶん殴ってみてよ」
「…あれって…あんな大きな岩、キマがはたいたくらいでどうこうなるわけないじゃない」
「まぁ見てなって」
「わかった! いっくよー! スーパーよめパーンチ!」
ズガアアアアアン!!
「……………は?」
「おー…これが… しんの“よめ”のちから…?」
「は…? え…? 木端微塵…? 嘘でしょ…? どういう仕掛けで…ちょっ…それよりキマ! あんた大丈夫なの!? 手とかすりむいてない!?」
「ふっふっふーへいきだよー。これはもう“よめ”をこえたきゅーきょくしんか、“つま”の力だね! やっほー! だんなさま見てるー? キマはとうとうつまになりましたー!」
「ほ…ほんとに…? あたしたちほんとに強くなってるの…? いや、そんな…でもほんとだったら、帰ってあいつらを助けられるかも…? いやいやでもあたしは…」
「…“よめ”だとか“つま”だとか何を言ってるのかはわかんないけど、やっぱりね… キミら、こんな力いったいどこで手に入れたんだい――それと、さっきから気になっていたんだけど、お前は“何”だ? 生き物としての気配を全く感じないんだけど…」
――ピピピ、答えます。ワタシは、ノアちゃんです。
「………ノア? ノア!!?? お前まさか、“第二の箱舟”のノア!? つまり、あの子らの力もお前の…」
――正解です。おめでとうございます。ぱんぱかぱーん。
「………ふ……ふふふ……このところ“機甲”たちの様子がおかしいと思って調べていたけど、そういうことか…! まさか“箱舟”が人型とは思わなかったよ…ふふ…あははは! これはとんだ拾い物だ!」
「な…なに? ハコブネ? 一体なんのこと? この子なんかヤバいやつなの…?」
「ふふふ、私は実に運が良い! さぁ、私の元に来るんだノア。お前の力とお前の持つ全生命遺伝子情報さえあれば、我が軍の覇権と安寧は揺るぎないものとなるからね」
――ピピピ、エラーです。その命令は実行できません。
「なっ!? ええ!? “箱舟”って自由意志とかあるの!? 断るって…」
――ワタシには、それより優先すべきことがありますので。
「………え? あたし? な…なんでこっち見るのよ!?」
「こじゅーとのおねーちゃん、なにかしたのー?」
「…ふん、ただの人魚かと思ってたけど、“箱舟”の有用性に気付いていたなんてね。やってくれるじゃないか」
「あ…あたしは何もしてないわよ!」
「せっかく見つけたんだ…この機会を逃すわけには――そうだ! コジュート、ならばいっそ、キミたちも私の同盟軍に加わらないかい?」
「なんであんたまで小姑!? ……どーめー…ぐん?」
「なぜかはわからないけど、“箱舟”はキミたちにご執心らしいからね。キミたちさえ来てくれれば“箱舟”も手に入るし、そもそも私は強い子たちは大歓迎さ」
「あたしは別に強くなんて… それにいきなりそんなこと言われても…」
「見なよ、私の率いるこの軍団を。ウチに来れば、この精強で屈強な我が軍みんながキミたちの味方だ。もはやこの海で怖いものなんかなくなる! どうだい、キミたちにとっても悪い話じゃないはずだよ」
「うーん…キマはやめとくね」
「ええ! どうして!?」
「キマはだんなさまのものだからー、“うわき”しちゃダメなんだー。うわきすると“いしゃりょー”がはっせいして、だんなさまとはなればなれになるんだって。キマ、そんなのイヤだもん」
(…!! そうだ…あいつらを放ってなんてあたしには…)
「キマの力はだんなさまのためにつかわなきゃだし、キマを守るのもだんなさまじゃないとダメなんだよ」
(あいつらのために…あたしができること…か…)
「むむむ…さっきから言ってる“だんなさま”って一体… ちなみに、人魚のキミはどうだい?」
「………いいわよ」
「ん?」
「同盟軍、っていうの? 考えてもいいわ」
「えー! こじゅーとのおねーちゃん、いっちゃうのー!?」
「おお、その気になってくれた?」
「その同盟軍ってのに入れば、みーんな味方なのよね? あたしたちを助けてくれるのよね?」
「うん? うーん、まぁそうだね。そう思ってくれていいよ」
「あたしのお願い、聞いてくれるのよね?」
「…なんだか話が飛躍してないかい? 形としてはあくまで私の配下に加わるってことだよ。そんな都合の良いものじゃ――」
「聞いてくれないなら、あたしは入らない。この子――ノアも渡さないから」
「………人魚風情が、私と取引をしようっていうの?」
「…そうよ」
「………そんなに震えながら? この海の王である私と?」
「…あたしはただの人魚。あたしは弱い…弱いから、こんなことしかできないけど…」
「………」
「…助けたい人がいるの…」
「…おねーちゃん…」
「あんたたち、強いんでしょ!? だったら助けてよ…あいつらを助けてよ!! あたしじゃ無理なの!!!」
「………あーあーあー、わかったよ。わかったから泣かないでって、ほら鼻水こっちに漂ってきてるから…」
――泣かせましたね。いーけないんだーいけないんだー
「う…うるさいな! 私は別に……あーもう! しょーがないなぁ、助けりゃいいでしょ、助けてあげるよ!」
「………ほんと?」
「ま、それで“箱舟”が手に入るなら安いもんだし? それにキミ、ホントはこんな交渉なんて慣れてないんでしょ? 見た目より根性あるじゃん。気に入ったよ」
「………ううう……あ゛り゛が と゛う゛」
「だから鼻水! …さぁてと! 見てたかいお前たち!! 海の同胞の必死の頼みだ! ここでやらなきゃ我らポセイドン軍の名が廃る!! まずは彼女の勇気を称えよう!!!!」
「「「「「「「コジューーーートーーーー!!!! コジューーーートーーーー!!!!」」」」」」」
「んな…!」
「それじゃ案内してよ! ――全軍、進めええええええ!!!」
「「「「「「「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!」」」」」」」
「おー!」
――おー?
「……うう…ものっすごい恥ずかしいんだけど…やばい…死にたくなってきた…」


to be continued…


考察
コスト70以上の海種の使い魔が1体でもいるとアビリティが発動。
攻撃力と防御力が+60され、発動条件と同じ使い魔の召喚コストを15カットする。
ATK180/DEF170という値はSRサンチョと同じ。ATK+10すればSRソエルと同じステータスになる。

海種デッキの必須カードであるCキマとの選択になるので、根元の編成には何かしらの工夫が必要。
コストカット効果が超覚醒しなければ発動しないため、初手で出せないケースを考えると
海種単にして「コスト70以上2枚+【妻】キマ」というデッキにするよりは混種で編成するのが無難か。

混種で組む場合も、「コスト70以上の海種+他種の主力+【妻】キマ」かつ、キマ無しという編成になるので
同種族が2枚以上いないとメリットの薄いCセルディッドとは相性があまり良くない。

海種大型のベガは70コスト、ツバーンは80コストなので自動的にアビリティ発動の機甲とは相性が良い。
機甲のサポートは10コストなのでキマを搭載せずに【妻】キマを搭載すると序盤のアタッカーを代用でき、生還すれば後に大型の機甲が-15コストで出現し、地味に通りの良いA180のアタッカーとなるので隠し味程度に考えるといい動きをしてくれることがある。
ジャックフロストが下方修正を受けたためA+10と弱ヘイストかA180アタッカーのどちらを取るかはプレイヤーによる。
デネブとアニュイも搭載すると合計-25でベガが45、ツバーンが55になるが流石に無謀か。

キャラクター説明
小姑、ロードと共に皇帝軍と戦っていたが、戦いの中で気絶してしまい、ロードを残したまま小姑に連れられ海底まで退避することに。そこで出会った「箱にのった女」に、小姑が“みんなを守れる力が欲しい”と願ったところ、なぜかキマがパワーアップしてしまった(キマが言うに“よめ”から“つま”に[きゅーきょくしんか]したらしい)。

その力は、海の王によると「種としてありえない」レベルらしく、巨大な岩をパンチ1発で粉々にしてしまうほど。その力と「箱にのった女」に目を付けた海の王は、キマ・小姑と同盟軍を組むことを提案。

こうして、残した[だんな(ロード)]を救うため、同盟軍は「コジュート!」と叫びながら戦いの地へおもむくのであった…….

ちなみに[だんな]はスピキオである。片割れであるディードはこの状況をどう思っているのか・・・。



関連動画
+稼動前紹介動画
閉じる


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • ジャックフロストに混ぜたあとでも70コスト以上の使い魔にコストカットが効いてました -- 名無しさん (2016-12-24 08:34:54)
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
  • サポートこそ受けないが、地味にツバーンやベガを主力に備えた神混ぜ機甲にも向いている。 -- (名無しさん) 2016-10-05 08:12:05
  • 旦那はスキピオである 許さん -- 名無しさん (2016-11-14 23:54:05)
  • 使ってみた感想ですが、アニュイ併用前提なのでは?セポネとかで繋げるよりよっぽど戦力安定する気がします。30コストでデメなし、サポート乗せてATK200のアタッカーは最後まで使えますし、逆に弱体くらいまくってる現状のジャックフロストに食わせる方がメリット薄い気がします。 -- 名無しさん (2016-12-05 20:53:01)
  • フレーバーテキストを反映してキャラ説明書いてみました。過去作との絡みはわからないので、追記お願いします。 -- 名無しさん (2016-12-20 13:45:37)
名前:
コメント: