【審判】アラハバキ(R)
基本情報
名前 【審判】アラハバキ
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 90
<タイプ> 大神
タイプ マレビトガミ
HP 700
ATK 110
DEF 110
覚醒
超覚醒
アーツ
備考 海種〔アラハバキ〕との同時登録不可

アビリティ
召喚 USディレイW
攻撃力と防御力が上がる。
ただし、自身が戦場に出ている間、時間経過によるアルティメットスペルゲージの増加量が下がる。
覚醒 リーインディレイW
攻撃力と防御力が上がる。
ただし、自身が戦場に出ている間、時間経過による転生力ゲージの増加量が下がる。
超覚醒 【白】バイオレントスマッシュ
自身がスマッシュアタックを当てたとき、敵ユニットに与えるダメージが上がる。
さらに、スマッシュアタックを当てた敵と自身の移動速度が一定時間下がる。
【黒】スプレッドアタック
攻撃範囲内にいる敵ユニット全てに、同時攻撃する。
ただし、対象の敵ユニットの数に応じてダメージが減る。
アーツ CHANGE
超覚醒アビリティの【白】と【黒】を切り替える。
消費マナ 10

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 700 130/130〔アビリティ込〕
覚醒 750 210/210〔アビリティ込〕
超覚醒 800 260/260〔アビリティ込〕
※チェンジによるステータス変動はなし。


DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5


考察
今までぞんざいな扱いだった土偶ことアラハバキがまさかの【】付きとして復活。
元とは違いUSや降魔召喚を使用しても能力が下がらなくなった。

ただ90コストとなり、召喚アビリティのUSディレイWが90コストでおなじみのリザレクション戦法の足枷となり、ユダ経由の最速召喚からの転生を経てのリザレクションも転生コストの増加により非常に厳しくなった。
覚醒アビリティでさらに転生ゲージの溜まりも遅くなる。
降魔召喚は何もしないと180cで使用可能になるが、最速覚醒で敵ユニットの撃破をしていなければ20c前後遅くなってしまう。
それでも90コストを最初に出す事はほぼなく最速でもユダ経由、30コストで戦線を整えてからの為召喚・覚醒時のデメリットの時間は思っている以上に小さくなっている。
だがそれでもユダ経由だとLV2になるまでにかなりの時間を要することは頭に入れておこう。
タワー駐留でゲージのデメリットは消えるようだが、さすがに90コストのマナ溜めや施設破壊性能を捨てるほどではないだろう。
降魔を使用するのであれば召喚後からフルパワーで動けるMELTタイプか出遅れても完成の早いFASTタイプがいい。
だが、わだつみと違い召喚でA130/DEF130、覚醒でATK210/210あるので弾かれ続けて隔離される事も少ない。

超覚醒するとチェンジ持ちとなり、白はスマッシュの固定値が30(要調査)に加えお互いに速度低下を発生させる。
説明を見る限り無意味に感じるが【アラハバキはスマッシュが可能な速度、敵ユニットはスマッシュが不可能な速度】まで減少させる為、単体で動くアタッカーにはスマッシュを当て続ければ大きくHPを削ることができる
黒は威力減衰が発生するワイドアタックでありフリックでもワイドアタックが発生。(エフェクトはホーミングビーム)
敵が多ければ多い程威力が落ちるがスパクリであればコスト10は8体まで一撃で撃破することが出来る。
滅多な機会はないがATKが290になると範囲内にいる根元級の使い魔の殆どを15体までスパクリで一掃可能。
ただ、通常ダメージの場合、ATK290になろうが4体を同時に攻撃するとコスト10のマジシャン以外のHPがわずかに残ってしまう。

アップデートにより覚醒アビリティが強化されて完成時の性能が260/260と終盤を戦うのに充分なものとなった。
しかし海の重要な位置を占めていたジャックフロストが下方されたのでATKを上げるのにはさらに工夫が必要になり、その一方で状況に応じてチェンジを使い分ける判断力が求められる上に耐久力はDEF便りになので生存力はお世辞にも高いと言えない。
何よりもUSや降魔召喚が多少なりとも遅れてしまうので完成後も慎重な運用が求められる。

なお、コスト90である事も含めてワントップ運用をせざるを得ない性能なので中途半端に対応力を挙げるよりはアラハバキをとことん強化する方向で根元や降魔を準備した方が良いだろう。
キャラクター説明
兼ねてより謎が多すぎる神と言われ、何故か宇宙人の捜索対象にされていたアラハバキ。
その正体は外宇宙から飛来した敵を滅ぼす事を前提に設計された自律兵器『ア=ラハバキ』であった。
現地生物の協力により発見され、外敵の情報を更新される事により再起動すると倒すべき敵の元へと直行、100年以上に及ぶ死闘を繰り広げる事となる。
そして、互いに死力を尽くした一撃を放とうというところで偶然通りかかった魔神により倒すべき敵が連れ去られ、自身も限界を迎え休眠モードに強制移行するという結末を迎える事になる。

ちなみに『ア=ラハバキ』としての性能は邪神の殲滅を前提としているだけあって非常に高く、スーパーロボット大戦に普通に混ざれな勢いである。
…レムギアには機甲軍団という巨大ロボット軍団も跋扈しているので、スーパーロボット大戦とのコラボもあり得るかもしれない




+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい