【抱愛】マニカ(R)
基本情報
名前 【抱愛】マニカ
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 40
<タイプ> 艷妖
タイプ ウンディーネ
HP 450
ATK 50
DEF 70
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 五十嵐由佳

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 水霊華
攻撃力が上がる。さらに、自身が攻撃した敵ユニットとその周囲にいる敵ユニットにダメージを与える。
この効果は、自身の周囲に自軍マナタワーがあると与えるダメージが上がり、敵軍マナタワーがあるとダメージ範囲が大きくなる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 50/70
覚醒 500 70/90
超覚醒 550 180/160〔アビリティ発動時〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5

考察
主人公キャラであるヴォルフとアルスに関わりの深いマニカも【】付きとなって再度登場。
元はマジシャンだったが今度は40コストアタッカーになった。
超覚醒で追加ダメージ型の範囲攻撃を獲得し、さらに防衛時には追加ダメージ値が、攻撃時はその範囲がそれぞれ拡大するという方向性の分かりやすいデザイン。

デメリットもなく防衛・荒らしの両面で活用できるアビリティを得られるが、それゆえにそれぞれの効果はやや控えめ、また数値としてもATKは伸びるがDEFはコスト相応。
追加ダメージ・範囲ダメージの方は、通常はATK80相当、自軍タワー付近ではATK120相当のアタッカー属性。
敵軍タワー付近ではターゲットから使い魔2体分の半径の範囲になり、その外だと使い魔1体分の範囲である。
タワー判定はタワー外周から使い魔2体分の距離。

何か強そうな書かれ方をしているが、タワーに乗れたときはともかくタワー外での範囲攻撃はかなり狭いので
石防衛で小粒掃除する際もターゲットにする相手を上手く選ばないと余分な手数がかかる。
さらに現状、自軍タワーでの追加ダメージのATKがかなり低いのでST白金錬金術師プラチナくらいペラい相手でないとあまりダメージソースとして期待できない。

同コスト帯で競合するのはSTエステル・ブライトやSTカイナッツォ。
射程および固定値とHP回復があるエステル、召喚ATKとコスト比効果の高いDEFに加えスロウ耐性も持つカイナッツォらと比較すれば、
【抱愛】マニカはきっちり相手タワーに乗ることができれば多大な損害を与えられるが、この中で最も脆いため敵ディフェンダーが睨みを効かせる状態だと仕事をしづらい。
また防衛面でもディフェンダー相手に彼女で突っ張る場合、エステルと比較し射程が無いため同じ感覚で使うと厳しい。
対面がディフェンダーを持っているならば相方との荒らし込みでどれだけ突っ張れるか、あるいは出しづらい状況の場合にデッキとして何を裏択にするかを考えておく必要がある。


キャラクター説明
本文


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい