白木 優羽莉(しらき ゆうり)

女教皇(ギーメル)は錫を振るう。
戒め、戒め、使命であると――


イントロダクション

CV:福圓 美里
『大共鳴』を境に千尋の周囲に現れるようになる謎の女性。
千尋とは顔なじみのようではあるが――。

セリフ・チャットボイス例

挨拶 行こう…私たちは
勝たなきゃいけないわ…!
よろしくね
了解 わかったわ 私がやる わかったわ
感謝 ありがとう 助かったわ ありがと
謝罪 ごめんなさい…私の所為ね… ごめん…なさい
使い魔指定 この子でマナタワーを攻めるわ
撤退
死滅 ごめん…約束したのに…

関連人物

共通する背景を持つ人物。
「聞いてくださいな、愛ゆえに、相克するのでしょう?」
  • アンジェラ
顔が似ており、担当CVが同じ。
敬語キャラで礼儀正しいが少し天然気味だったアンジェラに比べ、こちらは厳しいお姉さんと言った感じである。
アンジェラは誰にでも敬語で大人しい性格ながら、レム教という衆生救済かつ不戦の教団に所属しながらも、自ら剣をとり闘うことを選んだ。
が、レム教としての教え自体はしっかりと守り、台詞をかんだり天然気味な台詞を言ったりとどこか隙もある魅力的な少女であった。
詳細不明ながらも、優羽莉は「調教された」「そのように作られた」と自己紹介しているところから
アンジェラからそういった意志や隙を抜き去った存在に近い。
ちなみに敬語とは言ったが、アンジェラが敬語で話さない存在が1つだけ判明している。
それはかまいたちで、それに話しかける彼女はまるで子供をあやす様である。
今回、誰に関しても敬語をやめた優羽莉だが、もしかしたら彼女にとっては、誰も彼も子供なのかもしれない。

+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい