C リュキ

最終更新日時 2017年10月17日 (火) 09時48分28秒

基本情報

名前 リュキ
種族 海種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 10
タイプ クムリポ
HP 300
ATK 5
DEF 5
PSY 50
武装 不可
血晶武装 不可
アーツ
対象称号 太陽と赤き海の精霊神
デワと精霊たちの物語に関係する使い魔を使って4位以上を50回とる。

アビリティ

召喚 原初の砂
自身の攻撃に、「精神力ダメージ」を上乗せし、「移動速度を一定時間下げる効果」を付加する。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 300 5 5 50

DATA・フレーバーテキスト

+Ver4.0
ver4.0
No 海種:015
全長 天を支える程(全盛時)
主な生息地 天の河
ナ・アシプ
ネイ・テウケズ
ナレアウ
好物 ヤシの実
イラストレーター 小城 崇志
フレーバーテキスト(カード裏面)
-
フレーバーテキスト(LoV4.net)
 ふたつの出会いがあった。

今、彼と彼女の心が救われるように、心よりそう願う。


* * * *


共に天を支える友、サン・ヒャン・ウィディより聞いた『聖獣』と『魔女』の戦い――幸いなことに、この世界では今だ二人は出会ってはいないようだった。

二人の戦いは、もう幾度目を迎えているのだろうか。それは繰り返されるごとに、少しずつ「終わり」を呼び寄せる――そういう類のものだった。

話を耳にした宗主である「原初なるナレアウ」は、二人が出会う前にどちらかを亡き者にすべきと言った。

しかし、天を支える精霊として、すぐに賛同することは出来なかった。

天の下にある者たちの命は、そのひとつひとつが自らが支える「天の河」に流れる星の鏡写し――ひとつたりともその光が、「そう生まれたから」などという理由で無下に消えて良いはずはない。まずは、自らの目で確かめねば――。

リュキは長い時をかけて天より二人を探し、そして、とうとう彼女に出会った。

彼女は美しかった。波の上に立ち、漆黒の髪をなびかせて海に浮かぶ月をひとり悲し気に見降ろしていた。

しばしその姿に見とれた後、リュキはその心を測る為、『原初の砂』を吐きかけた。
それは清きものには星と映り、邪なものには痛みをもたらす砂となる――彼女は、散った砂が海面に落ちるのに気づき天を見上げた。その目が大きく開かれ、キラキラとした星を映し出す。

やはり、この娘は――その時、彼女が頭に頂いた『面』の目がギラリと濡れるように光った。

同時に、彼女は熱い火の粉を浴びせられたかのように、砂を払い回し、甲高い金切り声を夜天に響かせ飛び上がった。

――いけない……!

そう思ったときには遅かった。彼女は天に紛れて姿を隠していたリュキの臭いを正確に嗅ぎ取り、爪を突き立てていた。

――これが、『魔女』か。だが、解ったぞ。やはり、その心まで『魔女』ではない。この命に罪はないのだ。邪悪の秘事はあの『面』にある。そのことを、早く仲間たちに伝えねば……。

リュキは海に落ちながら、大量の砂を吐き出して姿をくらませた。しかし、傷は深く、再び天へと戻るどころか、自ら泳ぎ、この場を去る力すら無くしたまま、波に運ばれるしかなかった。


そして数日後、リュキは、見知らぬ浜に打ち上げられていた。

――流されたな……どれほど経ったのであろうか……。

リュキは天へと戻ろうと体をもたげたが、まるで力が入らなかった。それどころか、わずかに残った力すら、傷口から流れ出たまま止まる様子が無い。このままでは、存在を保つことすらできなくなるだろう。

――『魔女の呪い』か……恐ろしいものだな。このままでは……早く戻り、伝えねばならぬのに……。

その時、突然力の流出が止まった。気づくと、元から随分と縮んだリュキの背に、誰かが手を当てており、温かな感覚と共に痛みがすっと引いていく。


「はは、お前とぼげな顔してんなぁ。……どうしたよ、お前も仲間と喧嘩でもしたんか?」


それが、彼との出会いだった。


* * * *


――今、彼と彼女の心が救われるように、心よりそう願う。


だが、救える心はひとつ――彼か、彼女か。私は――。


~『白へと続く黒の精霊物語』より~

セリフ一覧

+Ver4.X
Ver4.X
召喚
武装
血晶武装
通常攻撃
タワー制圧
ストーン破壊
死滅
サポート

考察

海種の根本使い魔にしてコスト10としては驚異のPSY50を誇る使い魔。
アビリティは敵主人公や序盤の荒らしを処理する際の支援としては地味ながらも働いてくれる。
しかし、この使い魔の真価はPSY50によるマナ収集や施設制圧の能力の高さだろう。
開幕のタワー制圧は勿論の事、マナ取集においても長い目で見れば馬鹿に出来ない効果を見せてくれる。
弱点としてはPSYに特化した為にATKとDEFが最低の5であること。
狙われるとアタッカー以外の主人公でも早々に死滅しかねないので早め早めの避難を心掛ける必要があるだろう。

キャラクター説明

水上晴のパートナー使い魔となっている。
事情があって地上の海に打ち上げられてたところを晴に見つかり介抱されることとなった。
ちなみに晴に似た顔のスキピオのパートナーは続投しているオオモノヌシであるが、彼は事情があって晴とは上手く邂逅できていないらしく
晴れてリュキは晴のパートナーとなったのであった。


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
  • 敵主に対しては7の精神ダメージが入るため、基礎精神ダメは3と思われる。 -- 名無しさん (2017-08-11 07:41:02)
名前:
コメント: