C ヤクシニー

最終更新日時 2017年12月31日 (日) 07時37分39秒

基本情報

名前 ヤクシニー
種族 海種
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 10
セフィラ なし
タイプ アスラ
HP 300
ATK 10
DEF 10
PSY 30
武装 不可
血晶武装 不可
アーツ
CV 野引 香里
対象称号

アビリティ

召喚 DEFウィーク
自身の攻撃に、「防御力を一定時間下げる効果」を付与する。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 300 10 10 30

DATA・フレーバーテキスト

+Ver4.0
Ver4.0
ver4.0
No 海種:026
身長 1.71[meter]
体重 56[kg]
過去 鬼神の一柱
象徴 豊穣
守りたいもの 子供たち
最近好きなもの ソーダ水
イラストレーター kera
フレーバーテキスト(カード裏面)
これで…誰かの悲しみをひとつでも消すことが出来たのなら…
フレーバーテキスト(LoV4.net)
私は戦った。

戦って、戦って、戦い続けた。

力なきものの血が、ただの一滴も流れぬように。

死に涙するものが、ただの一人もいなくなるように。

だがそれは、称賛を受けて然る戦士たちの如き、高潔な意志によるものではない。

そうすることで――私自身が救われたかったのだ。

誰かが受ける傷も、誰かが流す涙も、全て自分で背負うことで、私は許されたかったのだ。

そうしていつか倒れたならば、自らの罪を幾ばくかはそそぐことができるやもしれぬ――そんな身勝手な想いに付き動かされていたにすぎなかった。

そんな時、あの“赤き瞳の王”に出会った。

あの者は、人の身に負うにはあまりに重すぎる業を背負いながらも、決してその罪から目を背けることなく、信念を貫き通した。

そしてその者の隣に立ち、幾多の戦場を共に戦う内に、思うようになったのだ――私も、そうありたい、と。

贖罪のために剣を振るうのではなく、自身の望みと共に過去を受け止め、猛々しく戦いたいと――。

だから今、私は私の心のままに、為すべき戦いをしよう。


「――そうだ、私は人を喰らう鬼神……分別などは無いと思え! 私の前で未来を託す子らに非道を為すならば――このヤクシニー、神であろうと喰ろうてやろう!」

セリフ一覧

+Ver4.0
Ver4.0
召喚 戦場か… 呼んでくれて ありがとう
通常攻撃 戦わねば…ならないのだ!
タワー制圧 こんなものでは足りはしない…!
ストーン破壊 これで…誰かの悲しみをひとつでも消すことが出来たのなら…
死滅 死にはしない…死ぬ権利などないのだ
サポート 誰も泣かせるものか!
+Ver4.1 EVR
Ver4.1 EVR
召喚 いいさ 見せてやるよ!
通常攻撃
タワー制圧
ストーン破壊
死滅
サポート 私は… 鬼神だ!

考察

海種の根元ディフェンダー。
アビリティにより、敵ユニットにDEF-10のデバフを付与する。
DEFを10下げれば、最低保証値になる場合を除き、こちらからの通常攻撃ダメージは4増加し、クリティカルダメージ量は8増える。
ヤクシニー自体はATK10と非力だが、デバフをかけてきっちりとスロウを入れ、その上で他のユニットがクリティカル攻撃を入れると、序盤の敵主人公荒らしは割と早く片付く。

キャラクター説明

ヤクシニーは女性の夜叉のことである。

LoVでは、LoV2.0LoVRE:2に出ていた。
LoVのヤクシニーは、かつて何かの罪を犯し、何かを失ってきた女性鬼神。子供好きで、子供を護るために剣を振るう。

普段は兜を被っているが、LoV2時代のPRカードでは兜を脱いでおり、素の彼女は意外なほど髪が長い(そして可愛い)ことがわかる。


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: