SR 犬塚信乃

最終更新日時 2017年08月09日 (水) 08時19分06秒

基本情報

名前 犬塚信乃
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 60
セフィラ エンド
タイプ 八犬勇
HP 550
ATK 100
DEF 100
PSY 70
武装
血晶武装
アーツ
CV 鳥海 浩輔
対象称号

アビリティ

状態 ボーナス アビリティ
召喚 なし なし
武装 なし なし
血晶武装 ATK+20 薄刃村雨丸
自身の攻撃に、「HPを一定量吸収する効果」を付与する。
この効果は、自身のHPが少ないほど上がる。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 550 100 100 70
武装 600 140 140 90
血晶武装 650 190 170 120

DATA・フレーバーテキスト

+ Ver4.0

セリフ一覧

+ Ver4.0
+ ECRカード

考察

Ver4.0で人獣に配置された60コスアタッカー2枚のうちの1つ。
血晶武装アビリティ「薄刃村雨丸」により、攻撃時に敵のHPを一定量吸収することができるようになる。
吸収量は、(最大HP-現在のHP)/ 15で、計算後5を下回っていた場合は最低値を5とする。
血晶武装したときの犬塚信乃の最大HPは650なので、HP575までは吸収量5、それ以降15ずつHPが減るごとに1ずつ吸収量が増えていく。

Ver4.009(2017.08.09)にて、上方修正を受けている。

キャラクター説明

犬塚信乃は、江戸時代に書かれた小説「南総里見八犬伝」に出てくる人物。
この小説の導入部では、室町時代、房総半島南部に城を持っていた里見家の娘伏姫と、飼い犬ヤツフサの死亡が描かれる。
伏姫は「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」の字が入った玉を連ねた数珠を持っていたが、彼女の死の瞬間、それらの玉は八方に散らばっていった。
それから数年、数珠の玉を一つずつ持って生まれた剣士が8人現れ、彼らは運命に導かれて集結し、里見家のため身を尽くすことになる。

犬塚信乃は「孝」の玉を持つ男である。
LoVのカードを見ると一瞬女性に見え、いつもの女体化か?と思うが、原作でも「丈夫に育つという言い伝えのため幼少期は女装させられていた」「大きくなった今でも女性に見えるほどきれいな男」「女男とからかわれる。それでちょっと怒っている」という設定があり、実はけっこう原作に忠実。
武器の「村雨丸」は、彼の祖父から伝わる名刀。
その価値故に、強欲な親戚から狙われたり、すり替えられてトラブルになったりして、信乃は苦労させられる。


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい